63件中 31 - 40件表示
  • ワールド・エコノ・ムーブ

    ワールド・エコノ・ムーブから見たソーラーカーソーラーカー

    1995年に秋田県大潟村のソーラースポーツラインで第1回大会が開催された。当初は同地で開催されるソーラーカーレース「ワールド・ソーラーカー・ラリー」の入門編としての意味もあったが、競技自体の面白さ、ソーラーカーレースと比べても手軽であること、ガソリンエコランからのコンバートも容易であったことなどから、現在ではソーラーカーレースよりも参加台数は多くなっている。ワールド・エコノ・ムーブ フレッシュアイペディアより)

  • 東海大学チャレンジセンター

    東海大学チャレンジセンターから見たソーラーカーソーラーカー

    2009年には2年に1度オーストラリアで開催されるソーラーカーレースの最高峰であるワールド・ソーラー・チャレンジに、シャープ、ミツバなどの企業と産学連携で開発したソーラーカー「2009年型東海チャレンジャー」で出場した。ダーウィン?アデレード間の3,000kmを4日間・合計29時間49分で走破し、100.54km/hの平均速度を記録して初優勝した。東海大学チャレンジセンター フレッシュアイペディアより)

  • ソーラーカーレース

    ソーラーカーレースから見たソーラーカーソーラーカー

    ソーラーカーレースは、車の表面の太陽電池パネルから得られる太陽エネルギーによって動く電気自動車であるソーラーカーによる競技である。最初のソーラーカーレースは1985年のツール・ド・ソルであり、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、日本における同様なレース開催につながった。このようチャレンジは、しばしば工学や技術的なスキルをもった学生を育成するために大学によって行われだけでなく、過去には多くの企業によって行われた。高校生のためだけに設定されたレースに、少数の高校チームも参加している。ソーラーカーレース フレッシュアイペディアより)

  • 太陽炉

    太陽炉から見たソーラーカーソーラーカー

    ソーラーカーで使用されるような太陽電池と比較して常に集光装置を太陽の方向に向けなければず移動が困難。太陽炉 フレッシュアイペディアより)

  • 山形県立長井工業高等学校

    山形県立長井工業高等学校から見たソーラーカーソーラーカー

    この間、学校側は手をこまねいていたわけではない。生活指導のみにとどまらず、マイクロマウス、ミニソーラーカーの作成などによって学生の意欲向上を図ったり、「課題研究」によって物作りへの関心を高めるなどの手を打った。しかし、設備の限界や学校カリキュラムと実際の現場とのギャップなどから、状況の打開にまでは至らなかった。そんな中、校舎の老朽化、県内の高校クラス数削減といった要因を背景に、山形県では1994年に長井工業高校の廃校が検討議題として俎上に挙がった。山形県立長井工業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽は友だち がんばれ!ソラえもん号

    太陽は友だち がんばれ!ソラえもん号から見たソーラーカーソーラーカー

    『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』の同時上映作品として製作された作品。アニメではなく実写によるドキュメンタリー映画であり、実際に製作されたソーラーカー「ソラえもん号」の機能・特徴の紹介や、ソーラーカーラリーの模様を主としている。太陽は友だち がんばれ!ソラえもん号 フレッシュアイペディアより)

  • トキメキソーラーくるまによん

    トキメキソーラーくるまによんから見たソーラーカーソーラーカー

    『ドラえもん のび太と雲の王国』の同時上映作品として製作された作品。音楽にあわせ車の歴史を紹介するアニメ部分と、ソーラーカー「ソラえもん号」を撮影した実写部分に分かれており、ミュージカル形式の作品になっている。アニメ部分には『オバケのQ太郎』や『パーマン』など、他のアニメのキャラクターも登場した。トキメキソーラーくるまによん フレッシュアイペディアより)

  • FIA ALTERNATIVE ENERGIES CUP ソーラーカーレース鈴鹿

    FIA ALTERNATIVE ENERGIES CUP ソーラーカーレース鈴鹿から見たソーラーカーソーラーカー

    レースは1992年以降毎年開催される。現在まで国内で継続的に開催されるソーラーカーによる競技としては最も長い歴史がある。FIA ALTERNATIVE ENERGIES CUP ソーラーカーレース鈴鹿 フレッシュアイペディアより)

  • 街路樹

    街路樹から見たソーラーカーソーラーカー

    街路樹は道路沿いの建物・土地などの日照を悪化(日照阻害)させることがある。建て込んでいて日当たりの悪い都市部などでは、生命線である道路側からの日照を街路樹が妨げることになってしまうこともある。位置関係・季節などによっては一日中、日の当たらない部分を作ることになってしまう場合もある。日陰は照明費など光熱費の増大、植物の育成への支障、太陽光発電の発電量低下などを招く。日当たりの悪い道路は、ソーラーカーなど太陽電池を搭載した車の燃費が悪くなる。落葉樹の場合、葉のない季節(日本では主に秋冬ごろ)は日照悪化が軽減される場合(場所)も多い。しかし、落葉樹とて影が完全になくなることはない。ゆえに、冬場の影の長大化により、落葉期だけ陰る場合(場所)もある。北半球では、日陰が北側にできるので、南側の住民・地主などが街路樹植栽を希望・承諾したがために、北側の建物・土地などが日陰になってしまうことがある(このような事態は、他の位置関係の場合や、日照以外の弊害についても言える)。剪定を好まない人と日陰を敬遠する人などで、剪定具合についてトラブルになる場合もある。街路樹 フレッシュアイペディアより)

  • 林洋一

    林洋一から見たソーラーカーソーラーカー

    ソーラーカーの開発研究もしており、1999年より全日本学生ソーラーカーチャンピオンシップ組織委員会理事を務める。2001年?2002年には電気学会パワーMOSFET標準特別委員会委員、1997年〜2005年は日本学術会議の人工物設計・生産研究連絡委員会委員を務めていた。林洋一 フレッシュアイペディアより)

63件中 31 - 40件表示

「ソーラーカー」のニューストピックワード