55件中 31 - 40件表示
  • ソーラーカーレース

    ソーラーカーレースから見たソーラーカーソーラーカー

    ソーラーカーレースは、車の表面の太陽電池パネルから得られる太陽エネルギーによって動く電気自動車(ソーラーカー)による競技である。最初のソーラーカーレースは1985年のツール・ド・ソルであり、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、日本における同様なレース開催につながった。このようチャレンジは、しばしば工学や技術的なスキルをもった学生を育成するために大学によって行われだけでなく、過去には多くの企業によって行われた。高校生のためだけに設定されたレースに、少数の高校チームも参加している。ソーラーカーレース フレッシュアイペディアより)

  • ワールド・エコノ・ムーブ

    ワールド・エコノ・ムーブから見たソーラーカーソーラーカー

    1995年に秋田県大潟村のソーラースポーツラインで第1回大会が開催された。当初は同地で開催されるソーラーカーレース「ワールド・ソーラーカー・ラリー」の入門編としての意味もあったが、競技自体の面白さ、ソーラーカーレースと比べても手軽であること、ガソリンエコランからのコンバートも容易であったことなどから、現在ではソーラーカーレースよりも参加台数は多くなっている。ワールド・エコノ・ムーブ フレッシュアイペディアより)

  • サレジオ工業高等専門学校

    サレジオ工業高等専門学校から見たソーラーカーソーラーカー

    全国唯一の技術系ミッションスクールとして歴史と伝統を誇る。とりわけ、ビジュアル情報工学科は日本で最初にラテン語辞書を印刷した印刷(工学)科を承継し、多数の著名な同窓生を輩出している。また、国内外のソーラーカーレース、鳥人間コンテスト、ロボットコンテスト等の出場校としても有名。2007年(平成19年)のロボットコンテストではロボコン大賞、特別賞(本田技研工業)を受賞した1。サレジオ工業高等専門学校 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡工科自動車大学校

    静岡工科自動車大学校から見たソーラーカーソーラーカー

    オリジナルソーラーカーを制作。鈴鹿サーキットで開催されるソーラーカーレース鈴鹿に参戦している。静岡工科自動車大学校 フレッシュアイペディアより)

  • スチュアート・ハイウェイ

    スチュアート・ハイウェイから見たソーラーカーソーラーカー

    スチュアート・ハイウェイは世界的なソーラーカーレースであるワールド・ソーラー・チャレンジのコースとして使用される。1987年に第1回大会が開催されゼネラルモーターズのサンレーサーが優勝した。2005年のNuon Solar TeamのNuna5や2009年大会の東海大学のソーラーカー「Tokai Challenger」のように、南オーストラリア州内での巡航速度が110km/hに達した場合には、太陽電池の搭載面積制限を縮小するなどのレギュレーション変更が行われる。レースはダーウィンからポートオーガスタを経由し、そこから先はポート・ウェイクフィールド道を通ってアデレードまでの約3,000kmのコースで行われる。スチュアート・ハイウェイ フレッシュアイペディアより)

  • 童夢 (自動車会社)

    童夢 (自動車会社)から見たソーラーカーソーラーカー

    東海大学が開発したソーラーカーであるTokai Challengerの2011年型は、童夢カーボンマジックが車体の製造を請け負っている。童夢 (自動車会社) フレッシュアイペディアより)

  • 長野工業高等専門学校

    長野工業高等専門学校から見たソーラーカーソーラーカー

    第6回全日本ソーラーカーチャンピオンシップ(2004年)および第8回全日本ソーラー&FCカーチャンピオンシップ(2006年)にてクラス優勝(ソーラーカー研究部)。長野工業高等専門学校 フレッシュアイペディアより)

  • 篠塚建次郎

    篠塚建次郎から見たソーラーカーソーラーカー

    2008年の春、母校の東海大学チャレンジセンターのソーラーカーチームの学生が、同年9月28日?10月8日にかけて、南アフリカ共和国で開催される国際自動車連盟公認のソーラーカーラリー「サウス・アフリカン・ソーラー・チャレンジ2008 (SASC 2008)」へ出場に向けて悪戦苦闘している様子を知った。このソーラーカーラリーは、アフリカ大陸初の大会となり、全長4,000km超えの世界最長のソーラーカーレースであった。同大学の木村英樹教授からの要請もあり特別アドバイザーに就任し、ソーラーカーのドライバーも務め、総合優勝の達成に大きく貢献した。篠塚建次郎 フレッシュアイペディアより)

  • ワールド・ソーラー・チャレンジ

    ワールド・ソーラー・チャレンジから見たソーラーカーソーラーカー

    ワールド・ソーラー・チャレンジ()とはソーラーカーのレースであり、総延長3021 kmのオーストラリアの砂漠地帯を北のダーウィンからアデレードまで走破するものである。ワールド・ソーラー・チャレンジ フレッシュアイペディアより)

  • 東海チャレンジャー

    東海チャレンジャーから見たソーラーカーソーラーカー

    東海チャレンジャー (Tokai Challenger)は、日本の東海大学チャレンジセンター・ライトパワープロジェクト・ソーラーカーチーム(略称:東海大学ソーラーカーチーム)のソーラーカーである。2009年に1号車が開発され、2011年に2号車がデビューした。2009年と2011年にワールド・ソーラー・チャレンジでそれぞれが優勝し2連覇を達成した。また、2010年と2012年のFIA公認の南アフリカ大会でも2連覇を成し遂げた。東海チャレンジャー フレッシュアイペディアより)

55件中 31 - 40件表示

「ソーラーカー」のニューストピックワード