48件中 21 - 30件表示
  • ソーラーカー

    ソーラーカーから見た循環論法

    ソーラーカーの重量は重要な要素である。軽量な車両は転がり抵抗を軽減でき、小さいブレーキと少ない構造部材で製作できる。これは軽量車両の設計における循環論法である。ソーラーカー フレッシュアイペディアより)

  • ソーラーカー

    ソーラーカーから見た炭素繊維強化プラスチック

    車体の小型化・軽量化 - ジュラルミン、炭素繊維強化プラスチックなどの軽量素材の応用。ソーラーカー フレッシュアイペディアより)

  • ソーラーカー

    ソーラーカーから見たダイオード

    問題であるのは、もし一つの太陽電池セルが影にはいると、その太陽電池セルが整流ダイオードのように働き、全体の電流をブロックしてしまうことである。これに対処する設計を行うために、太陽電池アレイの設計者は、働いていない太陽電池セルの周囲を電流が迂回できるように、太陽電池セルの列の小さな部分に並列にバイパスダイオードを接続する。他の考慮すべき点としては、バッテリ自身が逆方向に電流を流せることである。これを防ぐために各々の太陽電池モジュールの端に逆流防止ダイオードを挿入する。ソーラーカー フレッシュアイペディアより)

  • ソーラーカー

    ソーラーカーから見たステアリング

    ソーラーカーのステアリング装置は多様である。主な設計要素は効率、信頼性と最小のタイヤの磨耗と力の損失の為の精密なアライメントである。ソーラーカー フレッシュアイペディアより)

  • ソーラーカー

    ソーラーカーから見たサスペンション

    機械システムは振動を抑えるとともに、強度と剛性を確保するために最小重量となるようデザインされる。設計者は極めて軽くするという要求と、強度や剛性を兼ね備えるような構造を与えるために、通常はアルミ合金、チタン、複合材料を用いる。鉄は多くのソーラーカーではサスペンション部品などに用いられる。ソーラーカー フレッシュアイペディアより)

  • ソーラーカー

    ソーラーカーから見たシリコン

    太陽光から電気へ変換する太陽電池アレイは、数百枚(または数千枚)の太陽電池セルから構成されている。ソーラーカーはさまざまな太陽電池技術を使うことができる。具体的には、もっとも一般的な多結晶シリコン、単結晶シリコン、ガリウムヒ素である。太陽電池セルは互いに結線されて一列となり、この一列がさらに結線されて太陽電池モジュール(太陽電池パネル)を形成する。太陽電池モジュールはバッテリの定格電圧と近づくよう、太陽電池セルを直列接続している。主な目的は、できるだけ多くの太陽電池セルをできるだけ小さなスペースに収めることである。設計者は天候と破壊から太陽電池を保護するため封止する。ソーラーカー フレッシュアイペディアより)

  • ソーラーカー

    ソーラーカーから見た公道

    日本国内でナンバープレートを取得して公道を走れるものとしては日本テレビ系列(NNN)で放送されている『ザ!鉄腕!DASH!!』に登場する中古軽自動車(ハイゼット)のソーラーカー改造車だん吉やトヨタのRaRa IIが知られている。だん吉はコンバートEV(電気自動車)に対してソーラーパネルを取り付けたものであり、走行電力のほとんどがコンセントからの充電によるもので電気自動車に分類できる。ソーラーカー フレッシュアイペディアより)

  • ソーラーカー

    ソーラーカーから見たブレーキパッド

    ソーラーカーは厳格な基準を満たすブレーキを備えていなければならない。ディスクブレーキは、高いブレーキ能力と調整能力のために、もっとも一般的に用いられている。機械式と油圧式ブレーキは両方とも広く使われている。トップレベルのソーラーカーではブレーキパッドやブレーキシューは、最小なブレーキ抵抗になるように引き込まれるように通常は設計されている。ソーラーカー フレッシュアイペディアより)

  • ソーラーカー

    ソーラーカーから見た自動車

    ソーラーカー (solar car) は、太陽電池を電源とし電気モーターで走る自動車である。ソーラーカー フレッシュアイペディアより)

  • ソーラーカー

    ソーラーカーから見た揚力

    ソーラーカーは航空機工学、自転車、代替エネルギーや自動車産業に使用される技術が組み合わされている。大半の競争車とは異なりソーラーカーはエネルギーがレースの規則により厳しく制限が課せられた設計である。これらの使用できるエネルギーは制限され太陽光からだけのエネルギーが使用できるが完全充電済みの蓄電池で走り出す。いくつかの車両のクラスでは人力を認めている。その結果、空気抵抗を考慮した最適化された設計や車両重量や転がり抵抗や電気効率が極限まで高められている。また、走行によって車体に揚力が発生する構造の車両もあり、揚力が発生すると転がり抵抗は減るが、空気抵抗が増えるのでトレードオフの関係になる。また、車両が浮く事により高速走行時の走行特性が不安定になる。ソーラーカー フレッシュアイペディアより)

48件中 21 - 30件表示

「ソーラーカー」のニューストピックワード