258件中 91 - 100件表示
  • ON THE ROAD 2001 (コンサートツアー)

    ON THE ROAD 2001 (コンサートツアー)から見たタイタニック号タイタニック (客船)

    4年間に及ぶ世紀を跨いだ前人未到のロングツアー。ホール、ライブハウス、アリーナ、野外ライブなどの各会場を織り交ぜた計198公演で、延べ60万人を動員した。47都道府県すべてでコンサートを行い、奄美大島などキャリア20年以上の中で初めてとなる会場もあった。ツアー初日の4月10日はタイタニック号の処女航海の日でもあり、無事4年間ツアーできるか非常に不安だとツアー中に浜田本人が語っている。ON THE ROAD 2001 (コンサートツアー) フレッシュアイペディアより)

  • 13番街

    13番街から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    20世紀初め、ニューヨーク市は従来よりも長い埠頭をハドソン川沿岸に建設しようとしていた。ルシタニアやタイタニックのように長大化した船舶を収容できるようにするためである。しかし、を管理する立場のアメリカ政府は、長い埠頭の建設を認めようとしなかった。13番街 フレッシュアイペディアより)

  • 深海

    深海から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    ミールといえばロシアがかつて所有していた宇宙ステーションが有名だが、ここで挙げるのは同名の有人深海探査船である。6,000 m まで潜航でき、深海に沈むタイタニック号を撮影したことでも知られる。深海 フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック号に乗船していた動物たち

    タイタニック号に乗船していた動物たちから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    本項では、処女航海中に氷山と衝突して1912年4月15日に沈没したタイタニック号に乗船していた動物たちについて記述する。タイタニック号には、犬・猫・鶏・鳥類などが数多く乗船していた。そのうち事故から生還したのは飼い主によって保護されて救命ボートに乗り込むことができた3頭の犬のみで、他の動物たちはタイタニック号とともに行方不明となった。タイタニック号に乗船していた動物たちについてはさまざまなエピソードが語り伝えられ、それらを題材としたフィクション作品も存在する。タイタニック号に乗船していた動物たち フレッシュアイペディアより)

  • 夕立 (白露型駆逐艦)

    夕立 (白露型駆逐艦)から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    1992年(平成4年)夏、ドイツの戦艦ビスマルクや客船タイタニックの海底探査と発見で知られる海洋考古学者により、ガダルカナル島アイアンボトム・サウンドの海底探査が行われた。サヴォ島附近で発見された夕立は海底に対し水平に着底しており、艦後部はひどく破損していた。艦首先端はちぎれかけて横倒しとなっており、艦橋はやや左に傾き天蓋を失ってむき出しになっているが、伝声管などの諸設備は残っている。夕立 (白露型駆逐艦) フレッシュアイペディアより)

  • カール・ベア

    カール・ベアから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    1912年にベアは、タイタニック号の1等船室を予約した。この旅行の主な理由は、彼の姉妹の友人で、同じく1等に乗船した女性、ヘレン・ニューサム(Helen Newsom)を追いかけるためであった。ヘレンの母サリーは2人の関係を快く思わず、仲を阻もうと画策して娘とともにヨーロッパへのグランドツアーへと出発した。しかし、ベアは仕事での出張を名目にして彼女たちの旅行についていった。航海中、ベアはC-148号の船室を割り当てられた。カール・ベア フレッシュアイペディアより)

  • スカンジナビア (客船)

    スカンジナビア (客船)から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    SOLAS条約とは「1914年の海上における人命の安全のための国際条約」の通称である。1912年の『タイタニック号』事故を機に1929年に締結され、数々の改定を経て今日でも国際的な海難防止の礎を築いている。スカンジナビア (客船) フレッシュアイペディアより)

  • カップ・アルコナ (客船)

    カップ・アルコナ (客船)から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    1940年、カップ・アルコナはドイツ海軍に接収され、バルト海で使用された。1942年、ナチス・ドイツ製作の映画タイタニックにおいて、タイタニックの代役として使用された。1944年終わり、カップ・アルコナは東プロイセンからドイツ西部への避難民の輸送に使われた。カップ・アルコナ (客船) フレッシュアイペディアより)

  • ウッズホール海洋研究所

    ウッズホール海洋研究所から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    同研究所に所属するロバート・バラード(Robert Ballard)を中心とした、1980年代初期から中期にかけてのタイタニック号の沈没船体探索の成功でも有名である。また、深海潜水艇アルビン号の運用もここで行っている。ウッズホール海洋研究所 フレッシュアイペディアより)

  • アラビック (客船)

    アラビック (客船)から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    1913年にはタイタニック号沈没事故による安全基準の改定に伴い、それまで一等船室だった部分を二等船室と救命ボート用スペースに改装する工事を行っている。アラビック (客船) フレッシュアイペディアより)

258件中 91 - 100件表示

「タイタニック号遭難」のニューストピックワード