190件中 11 - 20件表示
  • 造船所

    造船所から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    造船所は海に面して、あるいは干満のある川に面して作られる。イギリスでは例えばテムズ川(ヘンリー8世が1512年にウールウィッチ造船所(Woolwich Dockyard)、1513年にデプトフォード造船所(Deptford)を造った)、マージー川、ティーズ川(River Tees)、タイン川(River Tyne)、ウィア川(River Wear)、クライド川などに造船所が作られ、特に後者はかつての世界でも有名な造船センターへと成長した。アルフレッド・ヤーロー卿(Alfred Yarrow)も、19世紀末にロンドン、ドックランズのテムズ川沿いに造船所を構え、後に北へクライド川沿いのスコッツタウン(Scotstoun)に移転した。他のイギリスの有名な造船所としては、北アイルランド、ベルファストのタイタニック号を建造したハーランド・アンド・ウルフや、ケントのチャタム(Chatham)にある海軍の造船所がある。造船所 フレッシュアイペディアより)

  • エイブラハム&ストラウス

    エイブラハム&ストラウスから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    1912年、イシドーと彼の妻は、タイタニック号に乗り合わせ死亡している。エイブラハム&ストラウス フレッシュアイペディアより)

  • 遠隔操作無人探査機

    遠隔操作無人探査機から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    船上から遠隔操作するものだけでなく、タイタニック号の調査に用いられたジェイソンJrの様に有人潜水艇から操作するものもある。遠隔操作無人探査機 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・トーマス・ステッド

    ウィリアム・トーマス・ステッドから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    海軍の改革や児童・社会福祉などの法整備を大衆に訴え、英国の現代ジャーナリズムの基礎を作ったといわれる。自動書記能力を持っているとされていた。1912年、タイタニック号沈没の際、犠牲になった。ウィリアム・トーマス・ステッド フレッシュアイペディアより)

  • ルパン三世 燃えよ斬鉄剣

    ルパン三世 燃えよ斬鉄剣から見たタイタニック号タイタニック (客船)

    香港マフィアのドン。斬鉄剣よりも優れた特殊合金でできている龍の置物と、それを元の形状に戻す方法が書かれた巻物を狙う。手に入れた後は、その合金で「絶対に撃ち落されない巨大戦闘機ステルス」を造ってニューヨークを爆撃し、世界を脅迫して莫大な富を得ようと企むがステルス機を五ェ門に切断され、その後の爆発に巻き込まれ絶対に撃ち落されないはずのステルスごとタイタニック号が沈んだ海の藻屑と消えた。ルパン三世 燃えよ斬鉄剣 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・モルガン

    ジョン・モルガンから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    1902年、J・P・モルガン・アンド・カンパニーは大西洋の海運の統合をめざし、モンテズン・ラインやイギリスの海運会社を買収、国際海運商事(International Mercantile Marine Co.、IMM)を設立した。IMMはホワイト・スター・ラインの親会社であり、タイタニックを建造・就航させたことで知られる。ジョン・モルガン フレッシュアイペディアより)

  • マーガレット・ブラウン

    マーガレット・ブラウンから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    マーガレット・ブラウン (Margaret Brown 、旧姓 Tobin)は、アメリカのソーシャライト、フィランソロピスト、活動家。通称のモリー・ブラウン、不沈のモリー・ブラウンでよく知られている。1912年のタイタニック号沈没事故の際、生存者捜索のため救命ボート6号を戻し、女性生存者の代表者格として有名になった。マーガレット・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • イジドー・ストラウス

    イジドー・ストラウスから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    イジドア・ストラウス(Isidor Straus、1845年2月6日 - 1912年4月15日)は、ドイツ出身のアメリカの実業家。後に百貨店のメイシーズを買収して世界的な百貨店に育て上げ、アメリカ下院議員も務めたが、タイタニック号の沈没事故で船と運命を共にした。イジドー・ストラウス フレッシュアイペディアより)

  • グリエルモ・マルコーニ

    グリエルモ・マルコーニから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    1902年12月17日、北米側からの初の大西洋横断無線通信に成功。発信地はカナダのノバスコシア州東端のグレスベイである。1903年1月18日、マサチューセッツ州サウス・ウェルフリート(ケープ・コッド)の無線局(1901年建設)にてセオドア・ルーズベルト大統領からイギリス国王エドワード7世へのメッセージを発信。これがアメリカ合衆国から発信した初の大西洋横断無線通信となった。しかし、安定した通信はまだ難しかった。なお、この無線局はタイタニック号の遭難信号をいち早く受信した無線局の1つでもある。グリエルモ・マルコーニ フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・キャメロンのタイタニックの秘密

    ジェームズ・キャメロンのタイタニックの秘密から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    沈没したタイタニック号の残骸に向けて、キャメロンと科学者のグループが潜航し、かつてないほど接近している。ジェームズ・キャメロンのタイタニックの秘密 フレッシュアイペディアより)

190件中 11 - 20件表示

「タイタニック号遭難」のニューストピックワード