258件中 11 - 20件表示
  • マジェスティック (客船)

    マジェスティック (客船)から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    1895年、マジェスティックの船長が交代し、エドワード・スミス船長が新たに指揮をとった(スミス船長は後にタイタニックの船長も務めている。尚、マジェスティックの船長は9年間務めた)。1899年にボーア戦争が勃発すると、マジェスティックは軍隊に徴用され、ケープ植民地付近で軍事輸送船として1899年12月と1900年2月の2回使用されたが、特に問題はなかった。マジェスティック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・キャメロンのタイタニックの秘密

    ジェームズ・キャメロンのタイタニックの秘密から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    沈没したタイタニック号の残骸に向けて、キャメロンと科学者のグループが潜航し、かつてないほど接近している。ジェームズ・キャメロンのタイタニックの秘密 フレッシュアイペディアより)

  • ブリタニック (映画)

    ブリタニック (映画)から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    タイタニック」の姉妹船であり、第一次世界大戦で病院船として徴用され沈没した「ブリタニック」を舞台に、互いの素性を知らないドイツとイギリスのスパイの恋愛と悲劇を描いた作品。ブリタニック (映画) フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ノリス・ウィリアムズ

    リチャード・ノリス・ウィリアムズから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    リチャード・ノリス・ウィリアムズ(Richard Norris Williams II, 1891年1月29日 - 1968年6月2日)は、アメリカの男子テニス選手。「ディック・ウィリアムズ」(Dick Williams)とも呼ばれる。スイス・ジュネーヴ生まれ。ハーバード大学卒業。1912年4月のタイタニック号沈没事故を生き延びた後、1910年代から1920年代にかけて、アメリカを代表するテニス選手の1人として活動した。彼は全米選手権で男子シングルス2勝・男子ダブルス2勝・混合ダブルス1勝を挙げ、ウィンブルドン選手権でも1920年に男子ダブルス優勝者となり、オリンピックにおいても1924年のパリ五輪で混合ダブルスの金メダルを獲得した。リチャード・ノリス・ウィリアムズ フレッシュアイペディアより)

  • マーガレット・ブラウン

    マーガレット・ブラウンから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    マーガレット・ブラウン (Margaret Brown 、旧姓 Tobin、1867年7月18日 - 1932年10月26日)は、アメリカのソーシャライト、フィランソロピスト、活動家。通称のモリー・ブラウン、不沈のモリー・ブラウンでよく知られている。1912年のタイタニック号沈没事故の際、生存者捜索のため救命ボート6号を戻し、女性生存者の代表格として有名になった。マーガレット・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・モルガン

    ジョン・モルガンから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    1902年、J・P・モルガン・アンド・カンパニーは大西洋の海運の統合をめざし、モンテズン・ラインやイギリスの海運会社を買収、国際海運商事(International Mercantile Marine Co.、IMM)を設立した。IMMはホワイト・スター・ラインの親会社であり、タイタニックを建造・就航させたことで知られる。ハパックロイドと協力してキュナード・ラインと激しい競争を展開した。ジョン・モルガン フレッシュアイペディアより)

  • イジドー・ストラウス

    イジドー・ストラウスから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    イジドー・ストラウス(Isidor Straus、1845年2月6日 - 1912年4月15日)は、ドイツ出身のアメリカの実業家。後に百貨店のメイシーズを買収して世界的な百貨店に育て上げ、アメリカ下院議員も務めたが、タイタニック号の沈没事故で妻と共に死亡した。イジドー・ストラウス フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ジェイコブ・アスター4世

    ジョン・ジェイコブ・アスター4世から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    ジョン・ジェイコブ・"ジャック"・アスター4世(、1864年7月13日 - 1912年4月15日)は、アメリカの実業家、陸軍軍人。アメリカの財閥の一族で客船タイタニック号の乗客の一人として知られる。同船の沈没事故で命を落とした。軍人としての最終階級は中佐(Lieutenant-Colonel)。ジョン・ジェイコブ・アスター4世 フレッシュアイペディアより)

  • ルーシー・ダフ=ゴードン

    ルーシー・ダフ=ゴードンから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    ルーシー・クリスティーナ、レディ・ダフ=ゴードン(、1863年6月13日 - 1935年4月20日)は、イギリスのファッション・デザイナー。第5代準男爵サー・コズモ・ダフ=ゴードンの妻。夫とともに客船タイタニック号に乗船し、同船の沈没事故から生還したが、事件後に批判に晒された。ルーシー・ダフ=ゴードン フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・ライトラー

    チャールズ・ライトラーから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    チャールズ・ハーバート・ライトラー(、1874年3月30日 - 1952年12月8日)は、イギリスの航海士、海軍軍人。客船タイタニック号の二等航海士だったことで知られる。救命ボートへの避難誘導に当たっては左舷ボートを担当し、女性優先を徹底した。自身は一度海中に落ちたが、ひっくり返って上下逆さまになっていたB号ボートにしがみつくことに成功し、明け方までB号ボートのキールの上でバランスをとり続けて生還を果たした。チャールズ・ライトラー フレッシュアイペディアより)

258件中 11 - 20件表示

「タイタニック号遭難」のニューストピックワード