190件中 21 - 30件表示
  • エミリーの求めるもの

    エミリーの求めるものから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    「フラビアン号」はタイタニック号の事件にヒントを得ている。エミリーの求めるもの フレッシュアイペディアより)

  • フレデリック・スワード

    フレデリック・スワードから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    アメリカ合衆国の弁護士。タイタニック号沈没事故の生存者。フレデリック・スワード フレッシュアイペディアより)

  • 五十万トン戦艦

    五十万トン戦艦から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    しかしながら、当時は超弩級戦艦の時代に入ったばかりであり、戦艦の日本国産化が実現しはじめた時期であった。1913年に就役した日本の超弩級巡洋戦艦である金剛型戦艦1番艦「金剛」はイギリスで建造されたものであった。また超弩級戦艦の排水量は22,200トン、当時の著名な巨大客船タイタニックも全長269.1 m(全幅 28.2 m )であり、当時の造船技術ではいかなる国もこのような巨大な艦艇を建造するのは不可能であった。結局のところ、このような超巨大な船舶を建造できる技術的裏づけもないため、計画段階にさえ入らず構想のみで終った。五十万トン戦艦 フレッシュアイペディアより)

  • カール・ベア

    カール・ベアから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    カール・ハウエル・ベア(Karl Howell Behr、1885年5月30日 - 1949年10月15日)は、アメリカ合衆国の元テニス選手及び銀行家である。ベアは同時に、1912年に発生したタイタニック号沈没事故での生存者としても知られている。カール・ベア フレッシュアイペディアより)

  • リリアン・アスプランド

    リリアン・アスプランドから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    リリアン・ガートルド・アスプランド(Lillian Gertrud Asplund、1906年10月21日 - 2006年5月6日)はアメリカの女性である。アメリカ人かつ事故の記憶がある最後のタイタニック号生存者である。リリアン・アスプランド フレッシュアイペディアより)

  • アンドリュー・カニンガム

    アンドリュー・カニンガムから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    アンドリュー・カニンガムはタイタニック号のスチュワード。4号ボートにより生還した。アンドリュー・カニンガム フレッシュアイペディアより)

  • エンサイクロペディア・タイタニカ

    エンサイクロペディア・タイタニカから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    エンサイクロペディア・タイタニカ (英:) は、1912年4月15日、氷山との接触が原因で沈没した豪華客船タイタニックに関するオンラインの参考資料集。広範なタイタニック関係資料が整備されており、日々更新されている。使用言語は英語。エンサイクロペディア・タイタニカ フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・ラモント

    ピーター・ラモントから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    『タイタニック』では、タイタニック号の内外を忠実に再現し、1997年度アカデミー美術賞を受賞した。ピーター・ラモント フレッシュアイペディアより)

  • 世界史発掘!時空タイムス編集部

    世界史発掘!時空タイムス編集部から見たタイタニック号タイタニック (客船)

    3月30日 新証言・タイタニック号沈没の真実世界史発掘!時空タイムス編集部 フレッシュアイペディアより)

  • ナディール

    ナディールから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    これらの調査を含め、ナディールは世界各地の海で130回以上の調査航海を行った。科学的調査以外の活動としては、1996年にノティールを用いてタイタニック号からの遺品引き上げにも従事している。ナディール フレッシュアイペディアより)

190件中 21 - 30件表示

「タイタニック号遭難」のニューストピックワード