190件中 41 - 50件表示
  • ハリエット・クインビー

    ハリエット・クインビーから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    清涼飲料水のメーカー、ヴィン・フィズはスポンサーとなっていたパイロットのカルブレイス・ロジャースが事故で死ぬと、クインビーを雇い、紫の飛行服を着せて広告に用いた。1912年4月16日にカレーから60kmを飛行し、ドーバー海峡を横断した最初の女性パイロットとなったが、その前日に起こったタイタニック号の悲劇のためにメディアの注目を集めることは殆どなかった。ハリエット・クインビー フレッシュアイペディアより)

  • ディズニーシー・トランジットスチーマーライン

    ディズニーシー・トランジットスチーマーラインから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    モリー・ブラウンのみ、探検家や航海家ではない。映画『タイタニック』にも登場した、タイタニック号に乗船しており、英雄的な活躍をし、生還した女性である。ディズニーシー・トランジットスチーマーライン フレッシュアイペディアより)

  • グラニオン (潜水艦)

    グラニオン (潜水艦)から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    艦長のエベール少佐には不明となった1942年当時3人の息子、長男のブルース、次男のブラッドおよび三男のがいた。彼らは長じて後にグラニオンの探索に取り組んだ。その資金はの創始者でもあったジョンが大半を負担した。背景には、ジョンと、客船タイタニックやドイツ戦艦ビスマルクの調査で知られた海洋地質学者のとの論争の後、バラードが捜索への参加を拒んだことが挙げられる。探索はアリューシャン列島近海で行われた。2002年には日本政府関係者および退役軍人が探索に加わった。エベール兄弟は加えて同海域での日本海軍の喪失艇、駆潜艇数隻および駆逐艦霰の探索も行った。2006年には、防衛庁技術研究本部図書館に所蔵してあった鹿野丸戦闘詳報にあった海図から沈没位置を割り出し、これをきっかけとしてさらなる潜水探査を実施した。グラニオン (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • ケルトの虎

    ケルトの虎から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    2009年1月、アイリッシュ・タイムズ紙は社説で「アイルランドは突然、安楽、あるいは奢侈といったものから暗雲立ち込める冷たい海に投げ出されたタイタニックの海難事故のように、ケルトの虎の時代から金融不安の時代に移ったのである」と述べている。ケルトの虎の時期には、アイルランドはヨーロッパで経済弱小国から富裕国の仲間入りを果たす好景気を経験する。アイルランドの成長の要因は議論の余地があるが、政府が主導した経済発展の取り組み、たとえば使用者、政府、労働組合の社会的な連携や、女性労働力の参入の増加、長期間にわたる国内の高等教育に対する投資などが評価されている。また外国からの直接投資や低い法人税、英語能力を持つ労働力のほか、とくに欧州連合に加盟していることは、欧州単一市場への自由な資金の移動や輸出が可能であるということは大きな影響を与えた。ケルトの虎 フレッシュアイペディアより)

  • ハンプシャー

    ハンプシャーから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    数世紀以上城と城砦の数々がサウサンプトンとポーツマスの港を守るためにソレントの海岸沿いに造られた。ポーツマス港を見渡せるノルマン式のポーチェスター城があり、ソレントの河口の砂嘴に位置するハースト城とサウサンプトン・ウォーターの河口の砂嘴にあるキャルショット城、ネットレー城など城砦の数々がヘンリー8世により建設された。サウサンプトンとポーツマスは、深いところでもコンバインシェルターが使える数少ない場所であるために、プールとブリストルのような競争相手が衰退しても、今も重要な港になっている。サウサンプトンはメイフラワー号やタイタニック号などの有名な船が多く母港とした港で、後者はハンプシャーっ子が沢山乗り組んでいた。ハンプシャー フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ローブリング

    ワシントン・ローブリングから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    ワシントンの弟、チャールズ・ギュスターブス・ローブリングは、一人息子にワシントンの名前をとり、ワシントン・オーガストス・ローブリング二世と名付けた。その一人息子は、1912年のタイタニック号の遭難で命を落とした。ワシントン・ローブリング フレッシュアイペディアより)

  • ギャヴィン・ブライアーズ

    ギャヴィン・ブライアーズから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    1969年に、ポーツマスの美術学生のために書いた作品『タイタニック号の沈没』(The Sinking of the Titanic)により、ギャヴィンの名は世に知れ渡ることとなる。彼はこの作品において、1912年に北大西洋の海に沈んだタイタニック号の甲板上で、最後まで演奏を続けていた楽団員たちの演奏を生き残った乗客や船員たちの証言を元に再現しようと試みる。宮沢賢治の小説を元にしたアニメ映画『銀河鉄道の夜』(1985年)では、人々を安らかな死へと送り出す賛美歌『オータム』、『主よ、みもとに』として描かれた。ブライアーズは、諸説ある証言の中から、船とともに氷の海へ沈んで行った楽団員たちが間際まで演奏した曲として賛美歌『オータム』を選択。1975年のレコーディング(ブライアン・イーノのObscure Recordsよりリリース)の際に、実際の楽団と同じ6弦構成で25分間『オータム』を繰り返し演奏した。ギャヴィン・ブライアーズ フレッシュアイペディアより)

  • 13番街

    13番街から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    20世紀始め、ニューヨークではルシタニアやタイタニックのようなより大きな船舶が利用できるようにハドソン川沿いにより長い埠頭を建設する計画があった。しかしながら、バルクヘッド・ライン (en) を管理する立場のアメリカ政府はこのより長い埠頭の建設を認可することを拒んだ。13番街 フレッシュアイペディアより)

  • タイタニックの最期

    タイタニックの最期から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    『タイタニックの最期』(タイタニックのさいご、原題・)は、1912年のタイタニック号沈没事故を題材にした1953年公開のアメリカ合衆国の映画である。日本劇場未公開。タイタニックの最期 フレッシュアイペディアより)

  • 主よ御許に近づかん

    主よ御許に近づかんから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    1912年、豪華客船タイタニック号が沈没する際、沈みゆく船上で、同船のバンドメンバー(沈没で全員犠牲になる)が演奏したという。この逸話は、映画『タイタニック』(1997年)をはじめとする複数の映画でも出てくる。タイタニック号のバンドマスターのウォレス・ハートリーはこの歌が好きで、彼の葬式でそれを上演して望むと知られていた。彼は英国人で、メソジスト教徒で、「Bethany」だけではなく「Horbury」や「Propior Deo」を知っていたと推測される。主よ御許に近づかん フレッシュアイペディアより)

190件中 41 - 50件表示

「タイタニック号遭難」のニューストピックワード