258件中 51 - 60件表示
  • U103 (潜水艦)

    U103 (潜水艦)から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    1918年5月12日、U-103は、タイタニック号の姉妹船でアメリカ軍部隊の輸送任務についていたオリンピック号に雷撃を行なったが、魚雷を回避され、逆にオリンピック号の体当たり攻撃による反撃が命中し、船体を2つに破断されて沈没した。U103 (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • レジナルド・フェッセンデン

    レジナルド・フェッセンデンから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    レジナルドは1911年にNESCOを解雇された後は無線の研究をやめ、別の分野で働いた。実は1904年から、ナイアガラの滝での水力発電の設計を支援していた。特によく知られているのはソナーの開発で、潜水艦同士が信号を送るシステムやタイタニックの悲劇を繰り返さないよう氷山の位置を確認する方法を開発した。第一次世界大戦が勃発するとカナダ政府に協力を申し出てロンドンに出向き、敵の大砲を検知する機器や敵の潜水艦を検知する機器の開発を行った。レジナルド・フェッセンデン フレッシュアイペディアより)

  • タイタニックの最期

    タイタニックの最期から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    『タイタニックの最期』(タイタニックのさいご、原題・)は、1912年のタイタニック号沈没事故を題材にした1953年公開のアメリカ合衆国の映画である。タイタニックの最期 フレッシュアイペディアより)

  • マーガレット・ルイザ・ヴァンダービルト・シェパード

    マーガレット・ルイザ・ヴァンダービルト・シェパードから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    タイタニック号の悲劇からあやうく難を逃れた。予約をしていたのだが何らかの理由によりキャンセルし、タイタニック号の事故の約1週間前にオリンピック号で旅に出た。マーガレット・ルイザ・ヴァンダービルト・シェパード フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・コールリッジ=テイラー

    サミュエル・コールリッジ=テイラーから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    《ヴァイオリン協奏曲》は作曲者の存命中にアメリカ合衆国での上演が予定されたが、パート譜がタイタニック号によって運ばれたために演奏が遅れた。1998年には、《ハイアワサの婚礼》作曲100周年記念演奏会において、ハーヴァード大学のサンダース劇場で《ヴァイオリン協奏曲》が上演されている。サミュエル・コールリッジ=テイラー フレッシュアイペディアより)

  • ハロモナス・ティタニカエ

    ハロモナス・ティタニカエから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    ハロモナス・ティタニカエは、1912年に沈没し、多数の犠牲者を出した豪華客船タイタニック号の海底に沈んでいる残骸が海底にあることで生じた、つらら状の鉄さびであるラスティクル (Rusticle) のサンプル中から2010年に発見され、タイタニック号に因み命名された。「ティタニカエ」は「タイタニックの」を意味するラテン語である。ハロモナス・ティタニカエ フレッシュアイペディアより)

  • ローザ・アボット

    ローザ・アボットから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    ローザ・アボット(Rhoda Mary 'Rosa' Abbott、1873年1月14日 - 1946年2月18日)は、タイタニック号の乗客である。彼女は2人の息子とともにタイタニック号に乗船して、アメリカ合衆国を目指していた。3人は事故に巻き込まれて海に転落したが、ローザのみが救命ボートに救われて生き延びることができた。タイタニック号の事故で海に転落し、その後生還を果たした乗員乗客の中で唯一の女性として知られる。ローザ・アボット フレッシュアイペディアより)

  • 五十万トン戦艦

    五十万トン戦艦から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    しかしながら、当時は超弩級戦艦の時代に入ったばかりであり、戦艦の日本国産化が実現しはじめた時期であった。1913年に就役した日本の超弩級巡洋戦艦である金剛型戦艦1番艦「金剛」はイギリスで建造されたものであった。また超弩級戦艦の排水量は22,200トン、当時の著名な巨大客船タイタニックも全長269.1 m(全幅 28.2 m )であり、当時の造船技術ではいかなる国もこのような巨大な艦艇を建造するのは不可能であった。結局のところ、このような超巨大な船舶を建造できる技術的裏づけもないため、計画段階にさえ入らず構想のみで終った。五十万トン戦艦 フレッシュアイペディアより)

  • マックス・ヴィーン

    マックス・ヴィーンから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    ケーニヒスベルク(現カリーニングラード)に生まれた。イェーナ大学の物理学部長を務めた。1891年にウィーンブリッジ発振回路を発明したが、発振回路として実用化されるのは、1930年代後半にウィリアム・ヒューレットによってであった。1900年代の始め、電極間隔を小さくした時の瞬間火花効果を発見し、無線通信に使われた火花送信機の発明を行った。たとえばタイタニック号の無線電信などに使用された。マックス・ヴィーン フレッシュアイペディアより)

  • 世界史発掘!時空タイムス編集部

    世界史発掘!時空タイムス編集部から見たタイタニック号タイタニック (客船)

    3月30日 新証言・タイタニック号沈没の真実世界史発掘!時空タイムス編集部 フレッシュアイペディアより)

258件中 51 - 60件表示

「タイタニック号遭難」のニューストピックワード