190件中 51 - 60件表示
  • マックス・ヴィーン

    マックス・ヴィーンから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    ケーニヒスベルク(現カリーニングラード)に生まれた。イェーナ大学の物理学部長を務めた。1891年にウィーンブリッジ回路を発明したが、発振回路として実用化されるのは、1930年代後半にウィリアム・ヒューレットによってであった。1900年代の始め、電極間隔を小さくした時の瞬間火花効果を発見し、無線通信に使われた火花送信機の発明を行った。たとえばタイタニック号の無線などに使用された。マックス・ヴィーン フレッシュアイペディアより)

  • ミルヴィナ・ディーン

    ミルヴィナ・ディーンから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    エリザベス・グラディス “ミルヴィナ” ディーン(Elizabeth Gladys “Millvina” Dean、1912年2月2日 - 2009年5月31日)はイギリス在住の女性である。タイタニック号最後の生存者だった。ミルヴィナ・ディーン フレッシュアイペディアより)

  • ジェネラル・スローカム

    ジェネラル・スローカムから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    死者1490人(1513人、1517人、1522?1523人とも) - 1912年4月15日:北大西洋ニューファンドランド沖、客船「タイタニック」が氷山に衝突、沈没。ジェネラル・スローカム フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・フットレル

    ジャック・フットレルから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    1912年、タイタニック号の遭難事故で死亡。ジャック・フットレル フレッシュアイペディアより)

  • シドニー・レスリー・グッドウィン

    シドニー・レスリー・グッドウィンから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    シドニー・レスリー・グッドウィン(Sidney Leslie Goodwin、1910年9月10日 - 1912年4月15日)は、イギリス生まれのタイタニック号乗客である。彼は生後19ヶ月のときに、両親や兄姉たちとともにタイタニック号に乗船して、事故に遭い彼を含む一家全員が死亡した。シドニーは長い間「身元不明児」(The unknown child)と呼ばれていたが、その身元が判明したのは、事故から1世紀近く経過した2007年になってからであった。シドニー・レスリー・グッドウィン フレッシュアイペディアより)

  • エディス・C・エヴァンズ

    エディス・C・エヴァンズから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    エディス・コース・エヴァンズ(Edith Corse Evans、1875年9月21日 - 1912年4月15日)は、アメリカ合衆国出身のタイタニック号乗客である。彼女は、1等船客の中で死亡した5人の女性のうちの1人だった。エディス・C・エヴァンズ フレッシュアイペディアより)

  • ハリー・エルキンズ・ワイドナー

    ハリー・エルキンズ・ワイドナーから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    ハリー・エルキンズ・ワイドナー(Harry Elkins Widener, 1885年1月3日-1912年4月15日) はアメリカ人の図書収集家である。彼と、彼の父ジョージ・ダントン・ワイドナーは、タイタニック号沈没で犠牲となった。ハリー・エルキンズ・ワイドナー フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ワシントン・ヴァンダービルト2世

    ジョージ・ワシントン・ヴァンダービルト2世から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    1912年、ヨーロッパ旅行中だったジョージと妻イーディスの名前はタイタニック号の乗客リストに載っていたが、夫妻は旅行を早めに切り上げてニューヨークに戻っていたため、タイタニック号の沈没事故に遭遇することは無かった。ジョージは1914年、虫垂切除手術に伴う合併症のためにワシントンD.C.で死去した。51歳だった。遺骸は一族の墓所のあるスタテン島のモラヴィア共同墓地(Moravian Cemetery)に埋葬された。ジョージ・ワシントン・ヴァンダービルト2世 フレッシュアイペディアより)

  • キテレツ大百科の発明道具

    キテレツ大百科の発明道具から見たタイタニック号タイタニック (客船)

    アニメでは普段、木手家の物置に格納されている。長さ2.2メートル、幅1メートル、重量180キログラム。昨日・一昨日など近い過去にいくのが得意ではなく、また時間の最小単位は1日より細かく設定できないため昼から夜へ移動することもある(第315回)。『ドラえもん』でいう航時法のような規制はないが、キテレツの信念として「私欲のために過去へ行かない」「過去を変えるような危険はしない」と決めている(第315回)。しかし、航時機で過去へ行って過去をいじっても現在を変えることは出来ないと判断した(第167回)。奇天烈斎の書には使用者の時代より未来へは行く事は出来ないとされるが奇天烈斎自ら発明した航時機では現代へ来ている。一度だけ如意光の拡大光線(このときは赤光線)を併用し現代より25年後の未来世界へタイムスリップしたことがある。話によっては「○○年前のアメリカへ出発」と指定するなど、タイムスリップ後に出発地とは異なる目的地へ移動することも可能であり、空間的な瞬間移動機能も備えているようである。また使用するためには何らかのエネルギー源が必要とされる(アニメ第168回「ゾー!!江戸時代から来た大きな迷子」)。タイタニック号沈没時へ行った際には濃霧対策として大型ライトを装備した。キテレツ大百科の発明道具 フレッシュアイペディアより)

  • ワイドナー記念図書館

    ワイドナー記念図書館から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    1912年にタイタニック号の沈没により死亡したハリー・エルキンズ・ワイドナー(ハーバード大学卒業生)の親が本を集めるのが好きだった彼を偲んで大学側に図書館の建設費を寄贈した。1915年6月24日の卒業式で正式に開館された。ワイドナー記念図書館 フレッシュアイペディアより)

190件中 51 - 60件表示

「タイタニック号遭難」のニューストピックワード