258件中 61 - 70件表示
  • ジョン・フィリップス

    ジョン・フィリップスから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    ジョン・フィリップス (タイタニックの無線技師) (1887?1912):RMS(Royal Mail Ship)タイタニックの無線技師長。ジョン・フィリップス フレッシュアイペディアより)

  • 1/700

    1/700から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    1/800のビスマルク級や米空母、1/720のタイタニック等を発売していたが、2000年代後半になって1/700のタイタニックを新規開発・発売した。1/700 フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (ミュージカル)

    タイタニック (ミュージカル)から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    『タイタニック』(Titanic)は、1912年のタイタニック号沈没事件を題材としたブロードウェイミュージカルである。ピーター・ストーン脚本、モーリー・イェストン作詞・作曲。1997年4月23日初演。初演の演出はグレン・ウォルフォードが担当。2013年からの上演はトム・サザーランドの新演出版がある。タイタニック (ミュージカル) フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2009年5月

    訃報 2009年5月から見たタイタニック号タイタニック (客船)

    5月31日 - ミルヴィナ・ディーン、タイタニック号乗客最後の生き残り(* 1912年)訃報 2009年5月 フレッシュアイペディアより)

  • マイアー・グッゲンハイム

    マイアー・グッゲンハイムから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    ベンジャミン・グッゲンハイム(Benjamin Guggenheim 1865-1912) - タイタニック号の沈没により事故死。マイアー・グッゲンハイム フレッシュアイペディアより)

  • 主よ御許に近づかん

    主よ御許に近づかんから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    1912年、豪華客船タイタニック号が沈没する際、沈みゆく船上で同船のバンドメンバー(沈没で全員犠牲になる)が演奏したという。この話は1997年の映画『タイタニック』をはじめとするタイタニック号の沈没を描いた複数の映画に取り入れられている。タイタニック号のバンドマスターのウォレス・ハートリーはこの歌を好み、彼の葬式での上演を望んでいたという。彼は英国人のメソジスト教徒で、"Bethany" だけではなく "Horbury" や "Propior Deo" を知っていたと推測される。主よ御許に近づかん フレッシュアイペディアより)

  • リリアン・アスプランド

    リリアン・アスプランドから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    リリアン・ガートルド・アスプランド(Lillian Gertrud Asplund、1906年10月21日 - 2006年5月6日)はアメリカの女性である。アメリカ人かつ事故の記憶がある最後のタイタニック号生存者である。リリアン・アスプランド フレッシュアイペディアより)

  • アークティック号沈没事故

    アークティック号沈没事故から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    生存者の証言や証拠に関する報告が1週間続いた後の10月18日、「ニューヨーク・タイムズ」は「大洋航行蒸気船の安全性確保手段に関する教訓」という論調に変わった。その幾つか推薦した事項の中には、霧の中での合図として、蒸気船が笛あるいはトランペットを使用することを義務付けること、旅客船全てに耐水性能のある恒久的隔壁を付けること、旅客のために救命艇の訓練を行わせること、水夫の規律を高め訓練を行うことがあった。これら改革案の幾つかが即座に採用された。アメリカ国旗の下に航海する蒸気船に対して、乗船者全てに対応できる救命艇を保持するという要求は、58年後にタイタニック号が沈没するまで抵抗され、守られなかった。1854年12月、「ニューヨーク・タイムズ」はこの事件に関する公式調査を要求した。「彼らの法的責任の程度が何であれ、アークティック号の船主、上級船員、乗組員は公的判断に対して責任がある。彼らは責任の範囲を定義する試みに対して抵抗する権利は無く、またその行為を監視する程度に反対する権利もない」と述べていた。そのような調査が行われることもなく、だれもその行動について審判に付された者はいなかった。ケベックで上陸した乗組員の幾人かはアメリカ合衆国に戻らないことで審問を避けた。ショーに拠れば、彼らは「セントローレンス川の水際に消え、彼らの望む曖昧さを見い出した」ことになった。アークティック号沈没事故 フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ローブリング

    ワシントン・ローブリングから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    ワシントンの弟、チャールズ・ギュスターブス・ローブリングは、一人息子にワシントンの名前をとり、ワシントン・オーガストス・ローブリング二世と名付けた。その一人息子は、1912年のタイタニック号の遭難で命を落とした。ワシントン・ローブリング フレッシュアイペディアより)

  • ノティール

    ノティールから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    その潜航能力を活かしてノティールは科学調査以外の様々な任務に携わっている。1987年以降数度に亘ってタイタニック号の残骸を調査してその画像を撮影した。2002年にはスペインの大西洋側で沈没した石油タンカープレスティージ号による大規模な油濁事故(:en:Prestige oil spill)の際に清掃作業に参加した。また2008年5月に完成したen:ANTARESニュートリノ望遠鏡の建設作業に何度か使用されている。2009年6月のエールフランス447便墜落事故に際しては墜落機のブラックボックス捜索に従事した。ノティール フレッシュアイペディアより)

258件中 61 - 70件表示

「タイタニック号遭難」のニューストピックワード