258件中 71 - 80件表示
  • アルフレッド・ハームズワース (初代ノースクリフ子爵)

    アルフレッド・ハームズワース (初代ノースクリフ子爵)から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    リンカンシャーのを出た後、フリーランスのジャーナリストとして活動していたが、1894年に『』を買収し、再建に成功した。その後各地の新聞を買収して会社を拡大し、1896年5月にイギリス最初のタブロイド紙『デイリー・メール』を創刊した。彼の経営手腕は他社の優秀な記者や通信員を高額で引き抜き、「ニュースを得よ、真っ先に得よ」という督励を行って大衆に受けるジャーナリズムを追求した。さらにエディンバラやグラスゴーといった遠隔地でもロンドンと同じ朝刊が見られるよう販売網を整備し、地方の読者も獲得した。また大西洋横断飛行に多額の賞金をかけたり、タイタニック号沈没事故遺族への寄付金募集といったキャンペーンも行った。1897年には弟ハロルドとの共同出資という形で、会社を株式会社ハームズワース・ブラザーズに改組した。この会社は新聞社だけでなく、製紙工場、インク工場の経営も行っている。アルフレッド・ハームズワース (初代ノースクリフ子爵) フレッシュアイペディアより)

  • 深海探査艇

    深海探査艇から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    1970年代までは各国で有人潜水調査艇が建造されたが、1980年代以降は遠隔操作無人探査機(ROV)の性能が向上し、有人潜水調査艇の建造数は一時期下火になっていたものの、近年、記録の樹立やレクリエーション用等、乗る事を目的として数々の新技術を投入した有人潜水艇の新たな建造例が散見される。遠隔操作無人探査機の支援母船等も含めた運用経費は同深度の潜水能力を持つ有人潜水艇と比較して1/10以下であるとされる。また、技術の進歩により、従来有人でなければ不可能だった分野でも無人機で可能になりつつある。また、タイタニック号の調査のように有人潜水艇から無人潜水艇を制御する運用も実施される。近年ではケーブルでの操作を必要としない自律型無人潜水機が開発され、長距離の連続航行が可能となった。深海探査艇 フレッシュアイペディアより)

  • 富山丸

    富山丸から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    轟沈と海上に流出して引火したガソリンのため、将兵4,600名が脱出する余裕はほとんどなかった。この沈没で、両旅団将兵のうち3,627名ないし3,724名、船員や船砲隊員ほか53名ないし150名の合計3,680名ないし3,874名が死亡した。この死亡者数は、一隻の船によるものとしてはタイタニック号や、翌年の戦艦大和の沈没よりも多く当時としては第一級の惨事であったが、多くの船舶の沈没の実態と同様、大本営により秘匿された。「富山丸」の轟沈後、スタージョンは護衛の敷設艇「新井埼」などから爆雷を攻撃を受けた。スタージョンには被害がなかったが、日本海軍の護衛部隊は「撃沈確実」を報じた。富山丸 フレッシュアイペディアより)

  • ギャヴィン・ブライアーズ

    ギャヴィン・ブライアーズから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    1969年に、ポーツマスの美術学生のために書いた作品『タイタニック号の沈没』(The Sinking of the Titanic)により、ギャヴィンの名は世に知れ渡ることとなる。彼はこの作品において、1912年に北大西洋の海に沈んだタイタニック号の甲板上で、最後まで演奏を続けていた楽団員たちの演奏を生き残った乗客や船員たちの証言を元に再現しようと試みる。宮沢賢治の小説を元にしたアニメ映画『銀河鉄道の夜』(1985年)では、人々を安らかな死へと送り出す賛美歌『オータム』、『主よ、みもとに』として描かれた。ブライアーズは、諸説ある証言の中から、船とともに氷の海へ沈んで行った楽団員たちが間際まで演奏した曲として賛美歌『オータム』を選択。1975年のレコーディング(ブライアン・イーノのObscure Recordsよりリリース)の際に、実際の楽団と同じ6弦構成で25分間『オータム』を繰り返し演奏した。ギャヴィン・ブライアーズ フレッシュアイペディアより)

  • ハンプシャー

    ハンプシャーから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    数世紀以上城と城砦の数々がサウサンプトンとポーツマスの港を守るためにソレントの海岸沿いに造られた。ポーツマス港を見渡せるノルマン式のポーチェスター城があり、ソレントの河口の砂嘴に位置するハースト城とサウサンプトン・ウォーターの河口の砂嘴にあるキャルショット城、ネットレー城など城砦の数々がヘンリー8世により建設された。サウサンプトンとポーツマスは、深いところでもコンバインシェルターが使える数少ない場所であるために、プールとブリストルのような競争相手が衰退しても、今も重要な港になっている。サウサンプトンはメイフラワー号やタイタニック号などの有名な船が多く母港とした港で、後者はハンプシャーっ子が沢山乗り組んでいた。ハンプシャー フレッシュアイペディアより)

  • ケインとアベル

    ケインとアベルから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    アメリカ・ボストンの銀行家の息子であるウィリアム・ケインは、タイタニック号事故による父親の死など家庭の不幸に見舞われつつも才覚を発揮し、アメリカでも有数の銀行の頭取になる。ケインとアベル フレッシュアイペディアより)

  • ジェネラル・スローカム

    ジェネラル・スローカムから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    死者1490人(1513人、1517人、1522?1523人とも) - 1912年4月15日:北大西洋ニューファンドランド沖、客船「タイタニック」が氷山に衝突、沈没。ジェネラル・スローカム フレッシュアイペディアより)

  • シュルーズベリー (マサチューセッツ州)

    シュルーズベリー (マサチューセッツ州)から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    リリアン・アスプランド(1906年?2006年)、タイタニック号沈没で生き残り、最後まで生きていたアメリカ人シュルーズベリー (マサチューセッツ州) フレッシュアイペディアより)

  • コーヌ=クール=シュル=ロワール

    コーヌ=クール=シュル=ロワールから見たタイタニック号タイタニック (客船)

    サン=アナン墓地にあるロジェ・ブリクーの追悼プレート - ブリクーは1891年にコーヌで生まれた。オーケストラの楽団員としてタイタニック号に乗り込んだが、溺死した。このプレートは彼の栄誉を称え2000年11月2日に据えられた。コーヌ=クール=シュル=ロワール フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック2号

    タイタニック2号から見たタイタニック号タイタニック (客船)

    2012年4月30日に、オーストラリアの資産家であるクライブ・パーマー氏によってタイタニック2号(Titanic II)の建造プロジェクトが発表された。タイタニック2号は、パーマー氏が所有するクルーズ会社、ブルー・スター・ラインのフラッグシップ客船として位置付けられることが決定した。設計については、フィンランドのデルタマリン社が担当、中国の国営造船会社である長江航運集団金陵造船所(中国外運長航集団船舶重工金陵造船所)が建造を請け負うことで、同年に契約締結がなされた。処女航海は、タイタニック号が沈没してから104年後にあたる2016年で、サウサンプトンからニューヨーク間のルートを予定しているとされていた。タイタニック2号 フレッシュアイペディアより)

258件中 71 - 80件表示

「タイタニック号遭難」のニューストピックワード