190件中 81 - 90件表示
  • 洞爺丸台風

    洞爺丸台風から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    そのため家屋の全半壊や倒木などの風害が顕著だった。岩内町では火鉢の飛び火が原因による大火で、3000戸あまりが焼失。森林が受けた風害はすさまじく、支笏湖周辺などでは全山の大木が根こそぎ倒された。かつてはほぼ全土が原生林に覆われていた北海道だが、明治以来の開拓と木材生産、そしてこの台風により、かつての威容は失われたと言われるほどである。また、青函連絡船洞爺丸の遭難では1,139名の犠牲者が出た。これは1912年の北大西洋における「タイタニック号」、1865年のミシシッピ川での「サルタナ号」の事故に次ぎ、戦争による爆撃を除けば世界海難史上3番目の規模であった。洞爺丸以外にも青函連絡船の4隻が沈没し、多数の犠牲者を出しているほか、台風が通過した西日本でも大きな被害が出ている。洞爺丸台風 フレッシュアイペディアより)

  • レジナルド・フェッセンデン

    レジナルド・フェッセンデンから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    レジナルドは1911年にNESCOを解雇された後は無線の研究をやめ、別の分野で働いた。実は1904年から、ナイアガラの滝での水力発電の設計を支援していた。特によく知られているのはソナーの開発で、潜水艦同士が信号を送るシステムやタイタニックの悲劇を繰り返さないよう氷山の位置を確認する方法を開発した。第一次世界大戦が勃発するとカナダ政府に協力を申し出てロンドンに出向き、敵の大砲を検知する機器や敵の潜水艦を検知する機器の開発を行った。レジナルド・フェッセンデン フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・マクマスター・マードック

    ウィリアム・マクマスター・マードックから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    ウィリアム・マクマスター・マードック フレッシュアイペディアより)

  • デッキチェア

    デッキチェアから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    現在は庭やプールサイドや浜辺など、レジャーの場でデッキチェアは広く活用される。ホテルのプールなどで、デッキチェアやビーチチェアの数が宿泊客より足りないような場合には、タオルなどをかけて場所取りをすることもある。かつての豪華客船では、デッキチェアを毎日使用する乗客のために、乗組員がデッキチェアに乗客の名前を書いたタグをとりつけ、空いていても他の乗客が使わないようにするということも行われていた。カナダのハリファックスの大西洋海洋博物館には、タイタニック号の乗客の遺品などと並び、タイタニックのデッキチェアやそのレプリカが保存・展示されている。デッキチェア フレッシュアイペディアより)

  • ドロシー

    ドロシーから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    ドロシー・ギブソンは、アメリカ合衆国ニュージャージー州ホーボーケン出身の女優。タイタニック号事故の生存者。ドロシー フレッシュアイペディアより)

  • クイーン・メリー2

    クイーン・メリー2から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    6ヶ月後の1998年12月10日、キュナード社はクイーン・エリザベス2の後継建造という「クイーン・メリー計画」の詳細を公表。入札にはタイタニックなどで知られる北アイルランドのハーランド・アンド・ウルフ社、ノルウェーのアーカー・クヴァナ社、イタリアのフィンカンティエリ社、フランスのアトランティーク造船所が参加した。建造が順調に進んでいれば2002年までに就役できるはずであったが、受注業者がアトランティーク造船所に決まったのは2000年11月6日のことであった。このアトランティーク造船所はキュナード社のかつてのライバル、ジェネラル・トランスアトランティック社のノルマンディーとフランスを建造した造船所である。クイーン・メリー2 フレッシュアイペディアより)

  • モーリタニア (客船・初代)

    モーリタニア (客船・初代)から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    1935年5月、モーリタニアの内装の一部がオークションにかけられ、同年7月1日、モーリタニアはサウサンプトンを出港し、T・W・ワード解体業のもとに輸送された。この時の船長はアーサー・ロストロン()である(ロストロンはタイタニックの生存者を救助したカルパチアの船長としても知られており、以前モーリタニアの船長を務めたこともある)。だがロストロン船長は、以前搭乗したモーリタニアを解体業者に送り込むのを拒み、乗船を拒否した。モーリタニア (客船・初代) フレッシュアイペディアより)

  • カルパチア (客船)

    カルパチア (客船)から見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    カルパチア (RMS Carpathia)は、キュナード・ライン社の外洋客船。処女航海は1903年。1912年4月のタイタニック号遭難事件で生存者の救助に当たったことで有名である。カルパチア (客船) フレッシュアイペディアより)

  • コーヴ

    コーヴから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    アイルランドの大西洋への主要な港の1つであるコーヴは、1848年から1950年の間に北アメリカへの600万人のアイルランド移民の内の250万人を送り出した。1912年4月11日にクイーンズタウンはタイタニック号の最後の寄港地となった。コーヴ フレッシュアイペディアより)

  • オットー・フランク

    オットー・フランクから見たタイタニック (客船)タイタニック (客船)

    フランク家の銀行経営は相変わらず軌道に乗っていなかったが、家族に金銭的不自由を掛けるほどではなく、フランク一家は週末にはよく旅行に出かけている。地元の名所遺跡やエーディトのアーヘンの実家などによく遊びに行っていた。スイスのオットーの従姉妹の別荘にアメリカの友達ネーサン・ストラウス・ジュニア(伯父イジドーが1912年タイタニック号沈没事件で死亡し、メイシー百貨店はイジドーの子供たちが継いでいた。ネーサンは代わりに「エイブラハム&ストラウス」社を経営していた)を招待して休暇を過ごしたりもしている。オットー・フランク フレッシュアイペディアより)

190件中 81 - 90件表示

「タイタニック号遭難」のニューストピックワード