前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
139件中 1 - 10件表示
  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見た細野晴臣細野 晴臣

    細野正文(1870年11月8日?1939年3月14日 生存者の一人。タイタニックで唯一の日本人乗客。鉄道院副参事。鉄道院副参事はおおむね現在の国土交通省大臣官房技術参事官に当たる役職。音楽家・細野晴臣の祖父である。長い間、「他人を押しのけて乗船した卑怯な日本人」と言われたとされていたが、本人の手記や調査などから誤解、誤報であったとされる)タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見た宮沢賢治

    銀河鉄道の夜 - 宮沢賢治の童話。作品中にこの海難事故をモチーフにしたと思われる客船の事故が出てくる。タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見たジャック・フットレル

    ジャック・フットレル(犠牲者の一人、アメリカの小説家)タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見た豪華客船

    タイタニック(RMS Titanic)は、20世紀初頭に建造された豪華客船である。タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見たホワイト・スター・ライン

    タイタニックはイギリスのホワイト・スター・ラインが北大西洋航路用に計画した3隻のオリンピック級客船のうちの2番船であった。姉妹船にオリンピック、のちに病院船として運航されたブリタニックがある。主任設計技師はアレキサンダー・カーライル(Alexander Carlisle)で、沈没時に運命を共にしたことで有名なトーマス・アンドリューズはホワイト・スター・ラインと折り合いの悪かったカーライルが辞任したのちに主任設計技師として計画に参加し、タイタニックの設計図面を完成させた。北アイルランドのベルファストにあるハーランド・アンド・ウルフ造船所で建造された、当時世界最大の豪華客船である。タイタニックの正式名称は「R.M.S.(Royal Mail ShipまたはSteamer)Titanic」R.M.S.は郵便物の輸送に用いられる船という意味であり、船上でステーショナリーを買ったり、手紙を投函することもできた。タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見たディクスン・カー

    曲った蝶番 - ディクスン・カーの推理小説。作品中、この沈没事故の際に入れ替わったとされる人物に対し、自分こそが本物と名乗る人物が現れ、その真偽を争う中、偽者と糾弾された人物が何者かに殺害される。タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見たウィリアム・トーマス・ステッド

    ウィリアム・トーマス・ステッド(犠牲者の一人、イギリスのジャーナリスト。スピリチュアリズムの開拓者であり、沈没を予言していたといわれる)タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見たイジドー・ストラウス

    イジドー・ストラウス(犠牲者の一人、アメリカの実業家)タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見たジョン・モルガン

    説の「根拠」として、タイタニック号を管理していたのはホワイト・スター・ライン社であったが、その事実上の所有者はホワイト・スター・ライン社に出資していた国際海運商事の社長であるジョン・モルガンであった。そのモルガンはタイタニック号のスイートルームに乗船予定だったが、直前に病気を理由にキャンセルし、代わりに別の大富豪の夫妻が乗船することになったが、この夫妻もキャンセルし、結局ホワイト・スター・ライン社の社長であるブルース・イズメイがこの部屋に収まった。しかし、病気のはずのモルガンは、同時期に北アフリカからフランスにかけて旅行をしていたことが後になって判明しており、イタリアでは愛人にも会っている。しかも、キャンセルした客の中にモルガンと非常に深いつながりがある人々が数名いることも判明しているため、「モルガンはこの処女航海中に何か起こることを知っていたのではないか」とするものである。タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見た佐藤亮一 (翻訳家)

    『タイタニック号の最期』 ウォルター・ロード著 佐藤亮一訳 タイタニックに関する決定的なノンフィクションであるとされる。タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
139件中 1 - 10件表示

「タイタニック号遭難」のニューストピックワード