139件中 91 - 100件表示
  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見たSOS

    結局、58海里(約107km)離れた地点にいた客船「カルパチア」が応答しボイラー破損のリスクを負いながら全速(従来14ノットのところを17ノット)で救助に向かったが、船足の遅いカルパチアが現場に到着したのは沈没から2時間40分後の午前4時であった。ちなみにタイタニックは当時制定されたばかりの新しい救難信号『SOS』を途中からCQDに代えて使用したが、「SOSを世界で初めて発信した」とする説は誤りである(1909年6月、アゾレス諸島沖で難破した「スラボニア」が初)。タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見たスイートルーム

    他にも、オリンピックはBデッキの窓際全体にもプロムナードデッキが設けられていたが、タイタニックからはBデッキのプロムナードデッキが廃止され、代わりに窓際全体に1等船室を新たに設けるように変更された。その結果、1等船室の数がオリンピックに比べ大幅に増加し、専用のプライベートプロムナードデッキが設けられたスイートルーム(1997年の映画『タイタニック』のヒロインの婚約者の部屋)が2部屋設計され、また後部には豪華絢爛な一等船客専用レストラン、「アラカルト」が設けられることになった。タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見たイギリス海軍

    1911年9月30日、サウサンプトン沖合いでイギリス海軍防護巡洋艦「ホーク」と接触、船尾大破。この事故はイギリス海軍査問会にて審理され、オリンピック側のミスと認定され、海難保険は一切降りなかった。タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見たイタリア

    説の「根拠」として、タイタニック号を管理していたのはホワイト・スター・ライン社であったが、その事実上の所有者はホワイト・スター・ライン社に出資していた国際海運商事の社長であるジョン・モルガンであった。そのモルガンはタイタニック号のスイートルームに乗船予定だったが、直前に病気を理由にキャンセルし、代わりに別の大富豪の夫妻が乗船することになったが、この夫妻もキャンセルし、結局ホワイト・スター・ライン社の社長であるブルース・イズメイがこの部屋に収まった。しかし、病気のはずのモルガンは、同時期に北アフリカからフランスにかけて旅行をしていたことが後になって判明しており、イタリアでは愛人にも会っている。しかも、キャンセルした客の中にモルガンと非常に深いつながりがある人々が数名いることも判明しているため、「モルガンはこの処女航海中に何か起こることを知っていたのではないか」とするものである。タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見たブリタニック (客船・2代)

    タイタニックはイギリスのホワイト・スター・ラインが北大西洋航路用に計画した3隻のオリンピック級客船のうちの2番船であった。姉妹船にオリンピック、のちに病院船として運航されたブリタニックがある。主任設計技師はアレキサンダー・カーライル(Alexander Carlisle)で、沈没時に運命を共にしたことで有名なトーマス・アンドリューズはホワイト・スター・ラインと折り合いの悪かったカーライルが辞任したのちに主任設計技師として計画に参加し、タイタニックの設計図面を完成させた。北アイルランドのベルファストにあるハーランド・アンド・ウルフ造船所で建造された、当時世界最大の豪華客船である。タイタニックの正式名称は「R.M.S.(Royal Mail ShipまたはSteamer)Titanic」R.M.S.は郵便物の輸送に用いられる船という意味であり、船上でステーショナリーを買ったり、手紙を投函することもできた。タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見たサウサンプトン

    1912年4月10日に、タイタニックはイギリスのサウサンプトン港にある専用の埠頭であるオーシャンドックからニューヨークへとむけた処女航海に出航した。エドワード・J・スミス船長の指揮下のもと乗員乗客合わせて2,200人以上を乗せており、一等特別室は、6日の航海の費用4,350ドル(日本円でおよそ404550円)と伝えられている。タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見た曲った蝶番

    曲った蝶番 - ディクスン・カーの推理小説。作品中、この沈没事故の際に入れ替わったとされる人物に対し、自分こそが本物と名乗る人物が現れ、その真偽を争う中、偽者と糾弾された人物が何者かに殺害される。タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見たテレグラフ

    ムーディはただちに指揮を執る一等航海士のウィリアム・マクマスター・マードックに報告した。マードックは即座に「Hard starboard!(取り舵一杯!)」と操舵員のロバート・ヒッチェンスに叫び、それからテレグラフ(機関伝令器)に走ると、「Full Astern(全速後進)」の指令を送り、喫水線下の防水扉を閉めるボタンを押した。だが、回避するにはあまりにも時間と距離が足りなかった。氷山まではおよそ400?450mであったが、22.5ノット(およそ秒速11.6m)から停止するまでに、実に1200mもの距離が必要だったからである。船首部分は回避したが、船全体の接触は逃れられなかった。氷山は右舷にかすめ、同船は停船した。タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見たベランダ

    先立って運航されていた一番船オリンピックの問題面や改善点を受けてタイタニックの設計は多少変更され、外観もオリンピックとは多少異なってきた。その代表としてAデッキの一等専用プロムナードデッキ(遊歩道)が、オリンピックでは全体が海に対しベランダ状の吹さらしとなっていたのに対し、タイタニックは、中央部分から船首側の前半部分にガラス窓を取り付けサンルーム状の半室内にした。これは北大西洋の強風や波しぶきから乗客を守るためであり、結果タイタニック号はオリンピック号よりもすっきりとしたスマートな印象になり、外観上で2つの姉妹船を判断する決定的な要素となった。タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見たダーク・ピット

    レイズ・ザ・タイタニック -クライブ・カッスラーのダーク・ピットシリーズの小説。邦題は「タイタニックを引き揚げろ」で、沈んだタイタニックに積まれた希少金属を巡って暗闘するという話。ただし、海底調査以前の作品のため、同作中におけるタイタニックの描写は実際の状態とは異なる。後に映画化された。タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

139件中 91 - 100件表示

「タイタニック号遭難」のニューストピックワード