197件中 171 - 180件表示
  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見た病院船

    タイタニックは、イギリスのホワイト・スター・ライン社が北大西洋航路用に計画した、3隻のオリンピック級客船の2番船であった。姉妹船にオリンピック、後に病院船として運航されたブリタニックがある。主任設計技師はで、沈没時に運命を共にしたことで有名なトーマス・アンドリューズはホワイト・スター・ラインと折り合いの悪かったカーライルが辞任した後に主任設計技師として計画に参加し、タイタニックの設計図面を完成させた。北アイルランドのベルファストにあるハーランド・アンド・ウルフ造船所で建造された、当時世界最大の豪華客船である。タイタニックの正式名称「RMS(Royal Mail ShipまたはSteamer)Titanic」のRMSは郵便船(英国郵便汽船)を意味する艦船接頭辞であり、船上でステーショナリーの購入、手紙の投函も可能だった。タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見たバクテリア

    なお、現在のタイタニックは鉄を消費するバクテリアにより既に鉄材の20%が酸化され、2100年頃までに自重に耐え切れず崩壊する見込みである。それらのバクテリアのうち、新種が2010年になって発見され、タイタニックにちなんでハロモナス・ティタニカエ (Halomonas titanicae) と命名された。タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見た喫水線

    船底は二重底になっており、船体も喫水線(水面)上までの高さがある防水隔壁で16の区画に区分されていた。そのうちの2区画(船首部では4区画)に浸水しても沈没しない構造になっており、Gデッキより上の隔壁こそ手動であったが、下層デッキの隔壁は船橋(ブリッジ)からの遠隔操作で即時閉鎖できた。各区画にも手動スイッチが設置されていた他、15cm以上の浸水時には自動的に閉鎖される機能も備わっていた。そのためタイタニックは「不沈船」として喧伝され、現に21世紀の技術水準から見ても本船は極めて安全な船であると言われている。煙突は4本あるが、ボイラーと接続されているのは3本で、4本目は厨房の換気や蒸気タービンの換気のみに使用された。したがって4本目の煙突からは航行中黒煙は排出されずダミー的なものであった。これは船の外観を重視したためである。また、実際に「4本目の煙突はダミー、伊達であり、この4本目の煙突は、乗客が持ち込んだペットを預かるスペースとして使用されていた」という調査・証言もある。タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見たメジャーリーグベースボール

    1912年4月21日にメジャーリーグベースボール(MLB)のニューヨーク・ハイランダーズとボストン・レッドソックスは亡くなった乗客の遺族たちのためにポロ・グラウンズで慈善試合を開催した。タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見た輸送船

    ブリタニックはタイタニック沈没により大幅に造船が遅れ、安全面も大きく見直され再設計されるものの、第一次世界大戦勃発により病院船として徴用、商船として一度も使われないまま触雷により沈没した。一方オリンピックは輸送船として徴用されたが、無事戦火を潜り抜け客船として復帰、1935年まで現役を勤めて引退した。タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見たショール

    (三等客。女物のショールをかぶってボートに乗り込み生還した)タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見たニューファンドランド島

    4月14日23時40分、北大西洋のニューファンドランド沖に達したとき、タイタニックの見張りが前方450mに高さ20m弱の氷山を肉眼で発見した。この海域は暖流と寒流がぶつかりちょうど境界面に位置するため、世界的にも海霧が発生しやすい海域として有名であり、タイタニック号が氷山に遭遇した頃も直前まで海面には靄が漂っていた(当直見張員フレデリック・フリートの証言による)。また双眼鏡が無く(ただし、双眼鏡自体は『遠くにある物を見る』機能しか持っていない為、タイタニック号が置かれた状況下では、あっても役に立たなかった可能性が高い)、月のない星月夜の海は波もなく静まり返っていたため、氷山の縁に立つ白波を見分けることも容易でなく、肉眼で発見したときには手遅れだった(タイタニックの高さは、船底から煙突先端までで52.2m。氷山はその10%程度しか水上に姿を現さないので、水面下に衝突する危険が高い)。タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見た混信

    14日午前より、たびたび当該海域における流氷群の危険が船舶間の無線通信として警告されていた。少なくともタイタニックは同日に6通の警告通信を受け取っている。しかし、この季節の北大西洋の航海においてはよくある現象だと見なされてしまい、航海士間での情報共有も徹底されなかった。さらに混信があり、衝突の40分前に近隣を航行するリーランド社の貨物船「カリフォルニアン」から受けた流氷群の警告も雑音として見過ごされてしまった。タイタニックの通信士たちは前日の無線機の故障もあり、蓄積していた旅客達による電報の発信業務に忙殺されていた。スミス船長は氷山の危険性を認識しており、航路を通常より少なくとも18km南寄りに変更していた。タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見たマードックからの最後の手紙

    吹奏楽曲マードックからの最後の手紙(作曲:樽屋雅徳) - タイタニック号の出港から沈没までをマードック一等航海士からの手紙という設定で作曲。タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見た航海

    14日午前より、たびたび当該海域における流氷群の危険が船舶間の無線通信として警告されていた。少なくともタイタニックは同日に6通の警告通信を受け取っている。しかし、この季節の北大西洋の航海においてはよくある現象だと見なされてしまい、航海士間での情報共有も徹底されなかった。さらに混信があり、衝突の40分前に近隣を航行するリーランド社の貨物船「カリフォルニアン」から受けた流氷群の警告も雑音として見過ごされてしまった。タイタニックの通信士たちは前日の無線機の故障もあり、蓄積していた旅客達による電報の発信業務に忙殺されていた。スミス船長は氷山の危険性を認識しており、航路を通常より少なくとも18km南寄りに変更していた。タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

197件中 171 - 180件表示

「タイタニック号遭難」のニューストピックワード