197件中 21 - 30件表示
  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見た広瀬隆

    広瀬隆は『赤い楯』をはじめ、タイタニックとロスチャイルド家、モルガン財閥との関係の書籍を多く出している。タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見たベンジャミン・グッゲンハイム

    ベンジャミン・グッゲンハイム(一等客。ユダヤ系アメリカ人の実業家。鉱山精練王。正装で最期を迎えた)タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見たウィリアム・タフト

    (一等客。アメリカの軍人。タフト大統領付き武官、休暇中に事故に遭遇した)タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見た牧逸馬

    運命のSOS(青空文庫) - 牧逸馬(長谷川海太郎)のノンフィクションで、船体や無線、危機対応などの問題点も述べられているが、創作めいた面も多い。タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見たウィリアム・トーマス・ステッド

    ウィリアム・トーマス・ステッド(一等客。イギリスのジャーナリスト。スピリチュアリズムの開拓者で沈没を予言していたといわれる)タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見たルーシー・ダフ=ゴードン

    ルーシー・ダフ=ゴードン(コズモ・ダフ=ゴードンの妻。上流階級向けファッションクラブ「ルシール」オーナー。「マダム・ルシール」と呼ばれた)タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見たジョン・モルガン

    説の「根拠」として、タイタニック号を管理していたのはホワイト・スター・ライン社であったが、その事実上の所有者はホワイト・スター・ライン社に出資していた国際海運商事の社長であるジョン・モルガンであった。そのモルガンはタイタニック号のスイートルームに乗船予定だったが、直前に病気を理由にキャンセルし、代わりに別の大富豪の夫妻が乗船することになったが、この夫妻もキャンセルし、結局ホワイト・スター・ライン社の社長であるブルース・イズメイがこの部屋に収まった。しかし、病気のはずのモルガンは、同時期に北アフリカからフランスにかけて旅行をしていたことが後になって判明しており、イタリアでは愛人にも会っている。しかも、キャンセルした客の中にモルガンと非常に深いつながりがある人々が数名いることも判明しているため、「モルガンはこの処女航海中に何か起こることを知っていたのではないか」とするものである。タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見たリチャード・ノリス・ウィリアムズ

    リチャード・ノリス・ウィリアムズ(一等客。テニスプレーヤー。事故後の1924年のパリオリンピックで混合ダブルスの金メダルを獲得した)タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見たジャック・フィニー

    時の旅人 - ジャック・フィニーの小説 1995年出版タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (客船)

    タイタニック (客船)から見たフレデリック・キンバー・スワード

    フレデリック・キンバー・スワード(一等客。アメリカの弁護士)タイタニック (客船) フレッシュアイペディアより)

197件中 21 - 30件表示

「タイタニック号遭難」のニューストピックワード