110件中 41 - 50件表示
  • タイムカプセル

    タイムカプセルから見たパイオニア11号

    以後、地中に埋められたタイムカプセルは枚挙に暇がないが、宇宙に放たれた(広い意味での)「タイムカプセル」もある。パイオニア10号・11号に取り付けられた金属板、およびボイジャー計画にともなう金のレコードは遠い未来に地球外知的生命体に発見させ、内容が解読されることを期待して設置された。タイムカプセル フレッシュアイペディアより)

  • タイムカプセル

    タイムカプセルから見た木炭

    また末法思想の影響を受けた日本では、経典を後世に残すために陶・石・金属などで作られた容器(経筒)に納め、さらにそれを石・陶製の外容器に入れて、除湿剤(木炭)ともに埋納する経塚が多数作られた。最古の経塚とされる金峰山経塚では、1007年(寛弘4年)在銘の経筒が出土している。タイムカプセル フレッシュアイペディアより)

  • タイムカプセル

    タイムカプセルから見た合金

    ウェスティングハウス社の作った銅99.4%、クロム0.5%、銀0.1%の合金である cupaloy と称する合金でできたカプセルは鉄より硬いと宣伝され、糸巻、人形、本、主な穀物の種を入れた小瓶、顕微鏡、RKO映画の15分間のニュース映像、シアーズ・ローバック社の通信販売カタログや約14000語をふくむ辞書や年鑑を撮影したマイクロフィルムなど日用雑貨や当時の記録が収められ、フラッシング・メドウズ公園の会場内の地下 50フィート(15m)に1938年9月23日 A.W.Robertson によって埋められた。タイムカプセル フレッシュアイペディアより)

  • タイムカプセル

    タイムカプセルから見た地層処分

    地層処分 - 開封されることを前提にしてはいないものの、未来人への情報伝達において同様の問題が存在する。タイムカプセル フレッシュアイペディアより)

  • タイムカプセル

    タイムカプセルから見たニューヨーク万国博覧会 (1964年)

    1965年、同じ場所で開催された1965年ニューヨーク博覧会では、2個目のカプセルが 10フィート隣の同じ深さに埋められた。二つのカプセルは同じ6939年に開封される予定になっている。なお、大阪万博のタイムカプセルはニューヨーク万博のタイムカプセルの影響もあって実施された。タイムカプセル フレッシュアイペディアより)

  • タイムカプセル

    タイムカプセルから見た落書き

    歴史学者ウィリアム・ジャーヴィス(William Jarvis)は「こうして意図的に作られたタイムカプセルは役立つ歴史的資料を残さない」と述べている。これに対し、突然の火山噴火によって埋もれたポンペイ遺跡のような「意図せざるタイムカプセル」は、暮らしぶりを描いた壁画や家々の壁に書かれた選挙の候補者を宣伝する落書き、家財道具、いろりに放置された食べ物、灰に埋まった人の跡にできた空洞など、古代ローマの日常生活について知る手がかりが豊富に残されている。歴史家の中には、作った人の日常生活が分かるもの、たとえば日記帳、スナップ写真、書類などを入れればタイムカプセルの歴史的価値が上がるだろうと示唆している者もいる。タイムカプセル フレッシュアイペディアより)

  • タイムカプセル

    タイムカプセルから見た経塚

    また末法思想の影響を受けた日本では、経典を後世に残すために陶・石・金属などで作られた容器(経筒)に納め、さらにそれを石・陶製の外容器に入れて、除湿剤(木炭)ともに埋納する経塚が多数作られた。最古の経塚とされる金峰山経塚では、1007年(寛弘4年)在銘の経筒が出土している。タイムカプセル フレッシュアイペディアより)

  • タイムカプセル

    タイムカプセルから見た懐中時計

    中に容れる物としては他に、万年筆、製図用鉛筆、懐中時計、電球、煙草入れ、パイプ、巻き煙草、化粧品、婦人帽、眼鏡、歯ブラシ、歯磨剤、小型写真機、剃刀、缶切り、数種類の貨幣、重要金属と合金、毛、木綿、絹、リンネル、レーヨン、グラスファイバー、ゴムファイバー、アスベストクロース等の繊維類、ポートランドセメント、天然ゴム、人造ゴム、人造樹脂、5000年後に欠乏しているであろう石炭、普通の書籍約70冊分23000ページの書籍の極小フィルム、聖書1冊、このカプセルがいかにして成り立ったかその発見方法・英語発音に関する注意・将来人に渡されるべきメッセージを含む『The Book of record of the Time Capusule of capaloy』という書籍1冊、計2冊の実物大の書物がある。タイムカプセル フレッシュアイペディアより)

  • タイムカプセル

    タイムカプセルから見た日本

    日本で知られるものとしては、1970年の日本万国博覧会の年に、松下電器(現・パナソニック)と毎日新聞により企画、製作され大阪城公園に埋められたタイムカプセルがあるが(6970年開封予定)、学校においての卒業記念や、会社の創業○周年記念、建物竣工記念などでつくられることがある。タイムカプセル フレッシュアイペディアより)

  • タイムカプセル

    タイムカプセルから見た道路

    十数年程度での開封を予定しているものですら、適切な管理がされていなかった場合、埋設地の目印の腐朽や紛失、周辺の建築物や構造物の改築などにより埋めた場所が特定できなくなるケースは少なくない。当時は植込みなどの一角に埋設されたカプセルの存在が忘れられて、後年にその場所が駐車場や道路として舗装されてしまったり、直上に建物などの構造物が建てられてしまったケースもある。特に、教育機関や公共施設、企業では、人事異動や退職の際にタイムカプセルの件について引き継ぎがされず、やがて埋設の当時を知る職員がいなくなり、目印が撤去されたり施設が改築されるなどした結果、埋めた場所が判然としなくなり、いざ開封という段になってから金属探知機や埋設物調査の会社を投入して探索が行われるということや、当時の曖昧な記憶だけを頼りにあちこちを掘り返して無駄な労力や費用を使うというケースも少なくない。タイムカプセル フレッシュアイペディアより)

110件中 41 - 50件表示

「タイムカプセル」のニューストピックワード