前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
654件中 1 - 10件表示
  • パンク

    パンクから見たタイヤタイヤ

    パンク(puncture)/ フラットタイヤ(flat tire) とは、何らかの原因でタイヤの空気が漏れ、そのままの状態では走行できず、すぐに修理する必要がある状態を言う。パンクの状態には次のようなものがある。パンク フレッシュアイペディアより)

  • トレッド (タイヤ)

    トレッド (タイヤ)から見たタイヤタイヤ

    トレッド(tread)とはタイヤの構造のうち、地面と接触する部分を指す。一般的にタイヤのトレッドはゴムで構成され、トレッドが道路に接触する事で摩擦力によってエンジンから発生した動力を地面に伝える。トレッド (タイヤ) フレッシュアイペディアより)

  • レーシングカート

    レーシングカートから見たタイヤタイヤ

    レーシングカート () とは、パイプフレームにむき出しのエンジン、タイヤ、バケットシートなどを取り付けた、ミニマムでシンプルな構造の競技用車両である。スプリントカート、カートとも。レーシングカート フレッシュアイペディアより)

  • レクサス・LFA

    レクサス・LFAから見たタイヤタイヤ

    2010年12月より市販仕様車の生産が開始され、前述の方式で決定したオーナーに順次納車された。また全500台のうち約50台は、サーキットでの走行を重視した高性能仕様「ニュルブルクリンクパッケージ」として、2012年初頭より生産された。生産開始が遅れたのは、更なる高みを求めて期限ぎりぎりまで開発、テストを継続したためであり、その成果は2011年8月末、ニュルブルクリンク(北コース)での確認走行において、飯田章のドライブにより量産車メーカーの市販車としては当時最速の7分14秒64の記録として結実した。タイヤはブリヂストン製POTENZA RE070。レクサス・LFA フレッシュアイペディアより)

  • スバル・1000

    スバル・1000から見たタイヤタイヤ

    その基本メカニズムを「A-5」を下地としながらも、サスペンションのスプリングにはスバル・360と同じくトーションバー(ねじり棒ばね)を採用することによるスペース効率とコストダウンの両立、急坂登坂などFF方式の難点だったトラクション確保と軽量な車重の両立のために、スペアタイヤ、ジャッキ等の工具類までエンジンルームに収納し、フロントに全車重の60%程度の荷重を集中させることや、パワーロスがなく静粛性に優れた「デュアルラジエーター」の開発、さらに、完全なフラット・フロアの実現のために、排気管を運転席側サイドシルに配置するなど、スバル・1000の特徴となる、非常に合理的で独創的なメカニズムの数々が徐々に形成されていった。スバル・1000 フレッシュアイペディアより)

  • ミカ・ハッキネン

    ミカ・ハッキネンから見たタイヤタイヤ

    しかし、最終戦オーストラリアGPの予選で、タイヤのパンクが原因でコンクリートウォールに激突。衝撃で舌を噛み切ってしまうなど選手生命を左右する瀕死の重傷を負い、ハッキネンは1か月半の入院。辛いシーズンを最悪の形で終えることとなる。なお、この事故をきっかけにコクピットのサイドプロテクターを義務化するレギュレーションが、翌シーズンから導入された。ミカ・ハッキネン フレッシュアイペディアより)

  • 回生ブレーキ

    回生ブレーキから見たタイヤタイヤ

    回生ブレーキを使用することにより、列車の消費電力を削減(力行時と制動時で相殺)出来るほか、フラット発生による乗り心地悪化の抑止や、特に摩擦ブレーキ(空気ブレーキなどの基礎ブレーキ)として踏面ブレーキを採用している車両においては、タイヤ摩耗率の抑制や長い下り勾配区間などでの過熱によるタイヤ弛緩の阻止が期待でき、また地下トンネル内の温度上昇の問題も軽減できる。技術の進歩でさらに摩擦ブレーキ使用率の低下(純電気ブレーキを参照)が実現したことにより、近年登場している新形の電気車(電気機関車と電車)のほとんどが、この回生ブレーキを採用している。回生ブレーキ フレッシュアイペディアより)

  • スリックタイヤ

    スリックタイヤから見たタイヤタイヤ

    スリックタイヤ(Slick tyre, Slick tire)とは、サイピング(排水用の溝)のない、舗装路面を走行するために使用される車両用のタイヤ。日本においては、道路運送車両法にて溝のないタイヤは公道で使用することができないため、純粋に競技用として用いられるタイヤである。スリックタイヤ フレッシュアイペディアより)

  • レインボーブリッヂ

    レインボーブリッヂから見たタイヤタイヤ

    2002年には、途上国において燃料として利用されるタイヤチップを北朝鮮に輸送している。この際、茨城県日立港においてタイヤチップを積み込んだ北朝鮮船籍の貨物船チルソン号が座礁する事故が発生した。同船は船舶保険に加入しておらず、北朝鮮当局も補償措置を講じようとしなかったため、茨城県では流出した重油の回収作業および積荷撤去作業に4億5千万円以上を税金投入により負担することになり、船体の撤去費用も2億円以上が投じられた。レインボーブリッヂでは積荷を他の貨物船に積み替えたが、事故に対する補償などは行っていない。レインボーブリッヂ フレッシュアイペディアより)

  • スチレン・ブタジエンゴム

    スチレン・ブタジエンゴムから見たタイヤタイヤ

    耐熱性、耐摩耗性、耐老化性、機械強度等に優れる一方、耐寒性や引き裂き強度においては他の汎用ゴムより劣る。品質が安定し良好な加工性を示すため、自動車用タイヤ材として最もよく使用される。現在、最も多量に生産されている合成ゴムである。スチレン・ブタジエンゴム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
654件中 1 - 10件表示