前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
824件中 1 - 10件表示
  • M35 2.5tトラック

    M35 2.5tトラックから見たタイヤタイヤ

    第二次世界大戦時、アメリカ軍はGMC CCKWをはじめとする2.5トントラックを総計80万両以上生産し、運用していた。大戦後の1949年、これらの2.5トントラックの後継車種として、レオ・モーター・カー・カンパニー社が6×6輪駆動の新型2.5トントラックを開発し、M34として採用された。この車両はタイヤサイズ11.00×R20で後輪がシングルタイヤであったが、その後、タイヤサイズを9.00×R20とし、後輪をダブルタイヤに変更した車両がM35として採用された。M35の積載量2.5tの表記は先代にあたるCCKWと同様にオフロードでの数値であり、路面状態の良い舗装道路では最高約4.5トン程度の積載量を持っている。設計には極端に先進的な技術などは使われず、シンプルかつ保守的で堅実な設計となっており、信頼性は高く、アメリカ軍に導入後、程なくして中型クラストラックの中核を占める存在となった。その働きから、M35はEager Beaverのニックネームで呼ばれる事もあった(Eager Beaverは、熱心に巣作りをするビーバーの様子から転じて、働き者、頑張り屋といった意味を持つ語である)。また、CCKWと同じく、デュース・アンド・ア・ハーフ(Deuce and a half, 2トン半の意)のニックネームも使われている。M35は導入後、何度かの改修を受けながら約50年の期間に渡って運用が続けられることとなった。M35 2.5tトラックとほぼ同時期に開発された、非常によく似たデザインのM54 5tトラックが、1970年代にはM809、1980年代にはM939に更新されていったのとは対照的であるとも言える。M35 2.5tトラック フレッシュアイペディアより)

  • 装輪装甲車

    装輪装甲車から見たタイヤタイヤ

    装輪装甲車(そうりんそうこうしゃ、wheeled armored vehicle)は、タイヤ付き車輪によって走行する装甲車のことである。装輪装甲車 フレッシュアイペディアより)

  • パンク

    パンクから見たタイヤタイヤ

    パンク(puncture)/ フラットタイヤ(flat tire) とは、何らかの原因でタイヤの空気が漏れ、そのままの状態では走行できず、すぐに修理する必要がある状態を言う。パンク フレッシュアイペディアより)

  • トレッド (タイヤ)

    トレッド (タイヤ)から見たタイヤタイヤ

    トレッド(tread)とはタイヤの構造のうち、地面と接触する部分を指す。一般的にタイヤのトレッドはゴムで構成され、トレッドが道路に接触する事で摩擦力によってエンジンから発生した動力を地面に伝える。トレッド (タイヤ) フレッシュアイペディアより)

  • デモリション・ダービー

    デモリション・ダービーから見たタイヤタイヤ

    。この為、競技車両の車体形状としてはトランクルームが長く伸びたセダンや、荷室空間が巨大でクラッシャブルゾーンが大きく取れるステーションワゴン等の人気が他の車体形状と比較して高くなっている。基本的な戦法はエンジンルーム正面側に衝突する事で冷却系統を破壊しエンジンを停止させる、タイヤハウス付近に衝突してタイヤのパンクやサスペンションの破壊により走行不能に追い込む、或いはステアリングリンケージなどを変形させる事で直進や旋回などの正常な操縦を不可能にさせる等の手法が用いられる。機関の停止、車両のスタック、操舵機能の破損、ドライバーの戦意喪失など、いずれの理由であっても他車への自発的な体当たりが不可能となった段階でその車両はリタイアとなる。競技中、車両の火災や、縁石や他車へ車両が乗り上げて動けなくなった場合、或いはドライバーの負傷による救護の必要性などが見受けられた場合には、主催者は赤旗やサイレンなどで競技を一時中断し、建設機械や消防士等で競技エリア内の危険を除去した後に競技を再開する。冷却系統の損傷は、この競技中断時間中に走行不能となる危険性も高くなる為、これを避ける意味でも後退による車両後部からの衝突を試みる展開が多くなるのである。デモリション・ダービー フレッシュアイペディアより)

  • スリックタイヤ

    スリックタイヤから見たタイヤタイヤ

    スリックタイヤ(Slick tyre, Slick tire)とは、サイピング(排水用の溝)のない、主に舗装路面を走行するために使用される車両用のタイヤスリックタイヤ フレッシュアイペディアより)

  • デュアルパーパス

    デュアルパーパスから見たタイヤタイヤ

    デュアルパーパスとして分類される車種は、オフロードで充分な走行性能とオンロードで一定の走行性や快適性を持ち、主としてオンロードを走行することを前提として設計された他の分類の車種とは大きく異なる特徴を持つ。オフロードでの走行性能や車体の特徴は一様ではなく、オフロードでの車体特性とオンロードでの車体特性のどちらに重きを置くかによって多様性に富み、さらに細分化して分類されることも多い。同様にデュアルパーパス車用タイヤはユーザーの用途に応じて選択できるようにトレッドパターンの種類が豊富で、未舗装路でのグリップ性能を重視したブロックパターンタイヤからオンロードでの性能を重視した製品まで数種類のものがある。デュアルパーパス フレッシュアイペディアより)

  • 特型警備車

    特型警備車から見たタイヤタイヤ

    後述の試作型の試験実績を踏まえて開発され、三菱自動車(現:三菱ふそう)社製のT370型ボンネットトラックのシャーシを流用して製作された二軸六輪(後軸はダブルタイヤとなっている)の大型車両で、前面・側面は避弾経始、および火炎瓶などを投擲された際に可燃性液体が滞留して燃え続けることがないように考慮された多面傾斜形状で構成されており、全体的な外観は第二次世界大戦中のドイツ軍の装甲車に類似したものとなった。特型警備車 フレッシュアイペディアより)

  • レーシングカート

    レーシングカートから見たタイヤタイヤ

    レーシングカート()とは、パイプフレームにむき出しのエンジン、タイヤ、バケットシートなどを取り付けた、ミニマムでシンプルな構造の競技用車両である。スプリントカート、カートとも。レーシングカート フレッシュアイペディアより)

  • ミカ・ハッキネン

    ミカ・ハッキネンから見たタイヤタイヤ

    しかし、最終戦オーストラリアGPの予選で、タイヤのパンクが原因でコンクリートウォールに激突。衝撃で舌を噛み切ってしまうなど選手生命を左右する瀕死の重傷を負い、ハッキネンは1か月半の入院。辛いシーズンを最悪の形で終えることとなる。ミカ・ハッキネン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
824件中 1 - 10件表示

「タイヤ」のニューストピックワード