824件中 91 - 100件表示
  • 国鉄クサ9000形貨車

    国鉄クサ9000形貨車から見たタイヤタイヤ

    カンガルー方式のピギーバック輸送はフランスで考案されたもので、トレーラーのタイヤを貨車の台枠内側に設けた窪みに収納することで、貨車上のトレーラーの高さを下げて車両限界に収めるものである。収納された状態では、トレーラーのボディのみが貨車の上にコンテナのように載っているように見える。国鉄クサ9000形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • ツーステップバス

    ツーステップバスから見たタイヤタイヤ

    床面高さが900mm以上を標準床、800 - 900mmを一般低床、800mm以下で扁平タイヤを用いたバスを都市型低床と呼ぶ。ツーステップバス フレッシュアイペディアより)

  • スポーツタイヤ

    スポーツタイヤから見たタイヤタイヤ

    スポーツタイヤ フレッシュアイペディアより)

  • スポーツコンフォートタイヤ

    スポーツコンフォートタイヤから見たタイヤタイヤ

    スポーツコンフォートタイヤ フレッシュアイペディアより)

  • コンフォートタイヤ

    コンフォートタイヤから見たタイヤタイヤ

    コンフォートタイヤ フレッシュアイペディアより)

  • 架橋

    架橋から見たタイヤタイヤ

    柔らかく弾力性の小さいイソプレンポリマーが硫黄による架橋でタイヤなどに成型できるようになり、さらに架橋を進めることで堅いエボナイトとなるのはその好例である。硫黄による架橋は加硫とよばれている。架橋 フレッシュアイペディアより)

  • チルソン号

    チルソン号から見たタイヤタイヤ

    2002年(平成14年)、チルソン号は日本の北朝鮮支援団体レインボーブリッヂが寄付した燃料用ゴムタイヤチップ1,100tを輸送するために日立港を訪れた。しかし検疫のために錨地で停泊中、折からの悪天候によりうねりで約800m流されたのちに、12月5日午前0時10分頃に日立港東防波堤で座礁した。チルソン号 フレッシュアイペディアより)

  • カワサキ・ZX-10

    カワサキ・ZX-10から見たタイヤタイヤ

    車体デザインはGPZ1000RXのスタイルを踏襲するが、メインフレームをスチール製のものから、完全新設計のアルミ製のツインチューブ(メーカーでは“e-BOX FRAME”と呼んでいた)に変更された。フレームのみで4.5kg、エンジンなど車体全体で16kgの軽量化を達成することで、乾燥重量は222kgとシリーズを通して最軽量となった。またタイヤも新たにラジアルタイヤを採用し、ハンドリング性能が向上した。上記のエンジン性能向上と併せ、ノーマルで270km/hオーバーの最高速度、また0-400mを10秒50で駆け抜ける加速力を発揮した。カワサキ・ZX-10 フレッシュアイペディアより)

  • 車大工

    車大工から見たタイヤタイヤ

    欧米では、荷車や荷馬車の車輪を作る wheelwright と、その上の構造物を造る cartwright がいた。車輪はまず車軸やスポークや外輪といった部品を造り、それらを内から外へと組み立てていった。車輪は主に木材で作ったが、装飾として骨や角を材料に使うこともある。19世紀中頃、それまで外輪に鉄板を巻いていたが、鍛冶屋が全体が鉄製の外輪を作るようになった。これを当時はタイヤと呼んでいた。19世紀後半、鉄製の車軸に工場生産した木製、鉄製、ゴム製の部品を組み合わせるようになり、車大工の仕事は徐々に廃れていった。車大工 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野鉄道電機51形電気機関車

    吉野鉄道電機51形電気機関車から見たタイヤタイヤ

    また、山岳線での運用が主体となる本形式の運用形態では、焼き嵌め式タイヤを使用していた設計当時の一般的な車輪では、踏面ブレーキを常用した場合、連続下り勾配区間などでブレーキシューとタイヤの間で発生する摩擦熱が過大になり、熱膨張によるタイヤ弛緩と、それに伴うタイヤ部分の輪軸からの脱落による脱線事故が発生する危険があった。そのため本形式では勾配線での運用に備え、主電動機を主回路の切替により直巻発電機として扱い、車載抵抗器を用いて発生電力を熱エネルギーに変換・放出することで減速する、発電ブレーキ機能が搭載されている。吉野鉄道電機51形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

824件中 91 - 100件表示

「タイヤ」のニューストピックワード