824件中 11 - 20件表示
  • 回生ブレーキ

    回生ブレーキから見たタイヤタイヤ

    回生ブレーキを使用することにより、列車の消費電力を削減(力行時と制動時で相殺)できるほか、フラット発生による乗り心地悪化の抑止や、特に摩擦ブレーキ(空気ブレーキなどの基礎ブレーキ)として踏面ブレーキを採用している車両においては、タイヤ摩耗率の抑制や長い下り勾配区間などでの過熱によるタイヤ弛緩の阻止が期待でき、また地下トンネル内の温度上昇の問題も軽減できる。技術の進歩でさらに摩擦ブレーキ使用率の低下(純電気ブレーキを参照)が実現したことにより、近年登場している新形の電気車(電気機関車と電車)のほとんどが、この回生ブレーキを採用している。回生ブレーキ フレッシュアイペディアより)

  • スバル・1000

    スバル・1000から見たタイヤタイヤ

    その基本メカニズムを「A-5」を下地としながらも、サスペンションのスプリングにはスバル・360と同じくトーションバー(ねじり棒ばね)を採用することによるスペース効率とコストダウンの両立、急坂登坂などFF方式の難点だったトラクション確保と軽量な車重の両立のために、スペアタイヤ、ジャッキ等の工具類までエンジンルームに収納し、フロントに全車重の60%程度の荷重を集中させることや、パワーロスがなく静粛性に優れた「デュアルラジエーター」の開発、さらに、完全なフラット・フロアの実現のために、排気管を運転席側サイドシルに配置するなど、スバル・1000の特徴となる、非常に合理的で独創的なメカニズムの数々が徐々に形成されていった。スバル・1000 フレッシュアイペディアより)

  • 軽装甲機動車

    軽装甲機動車から見たタイヤタイヤ

    部隊では、汎用車である1/2tトラック(通称ジープ)の代わりとしても使用されている。そのため、使用部隊からは「車体が大きくて重い」、「防弾性向上のためにフロントガラスが2分割され、中央にピラーが走っているために視界(特に左方の)が悪い」、「エンジンの騒音とタイヤの振動が大きく、椅子の悪さも相俟って、長距離移動時の疲労がジープより更に大きい」、「目立つため、コンビニなどに立寄るのが憚られる」などの、ジープと比較しての不満が出ている。乗車人数が少ないので、同じ人数を運ぶためにはより多くの車両が必要となる。そのため、東日本大震災の際には、災害派遣されたLAVをメインに装備する部隊が、駐車スペースの確保に苦労するという事態も生じた。ただし、エアコンの効きはジープより良好であると言われている。また、燃費が悪いため、燃料補給や整備の負担が大きいとの声もある。軽装甲機動車 フレッシュアイペディアより)

  • 16式機動戦闘車

    16式機動戦闘車から見たタイヤタイヤ

    ミシュラン社製のタイヤを使用した車輪(ブリヂストン製のスタッドレスタイヤを装備している車輌も確認されている)、片側四輪ずつが車体底面のサスペンションを介して車体を支持する。サスペンションは、直立に配された油圧シリンダーおよびダブルウィッシュボーンによって構成され、全輪独立懸架方式が採用されている。動力は車体底面の中央にドライブシャフトを通し、このシャフトからディファレンシャルギアを介して各輪へ動力を伝達する。操舵は前方2軸が旋回して行われる。16式機動戦闘車 フレッシュアイペディアより)

  • 中型自動車

    中型自動車から見たタイヤタイヤ

    道路交通法が制定されたのは、1960年(昭和35年)である。以後、道路事情の整備、車両性能(車台強度、エンジン出力、制動力)、タイヤ性能の向上で、貨物自動車は時代が下るほど法規の枠内で大型化していった。車両総重量11トン以上の大型自動車が貨物自動車の主流となり、また普通自動車免許で運転できるトラックの車両寸法には独自の規定がないため、全長が大型自動車(全長 12 m×全幅 2.5 m×全高 3.8 m以内)と同じ「超々ロング車」も現れた。そのため運転者の技量が実情に追いつかず、普通トラックによる事故が増え始めた。中型自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 急ブレーキ

    急ブレーキから見たタイヤタイヤ

    本稿では、自動車・オートバイなどのタイヤで陸上を走る乗り物の急ブレーキについて詳述する。急ブレーキ フレッシュアイペディアより)

  • SAFEGE

    SAFEGEから見たタイヤタイヤ

    事業体はタイヤ製造のミシュランと助言を与える自動車のルノーと技術局を含む25社で構成される。1919年にSociété Auxiliaire Française d'Électricité, Gaz et Eauとして設立された持ち株会社は民間水道、ガス、発電と配電に関心を抱いた。1947年にこれらの公共用途は国有化され企業は技術と助言事務所になり、今日ではSociété Anonyme Française d'Études, de Gestion et d'Entreprisesの名称になった。SAFEGE フレッシュアイペディアより)

  • Sタイヤ

    Sタイヤから見たタイヤタイヤ

    Sタイヤ(エスタイヤ)とは、本来公道において合法的に使用することが出来ないタイヤであるレーシングタイヤに近いレース用の性能を持ち、公道において合法的に使用出来るタイヤの通称である。より近いという意味で「セミレーシングタイヤ」、「セミスリックタイヤ」等の別称がある。主にタイヤメーカーが競技用などと謳っているものを指す。Sタイヤ フレッシュアイペディアより)

  • 61式特殊運搬車

    61式特殊運搬車から見たタイヤタイヤ

    計画車両は、試製56式特殊運搬車として開発が始まった。開発は防衛庁技術研究所第3部が、実際の生産は愛知機械工業が担当している。前例のない車両であるため、とりあえず装輪式と装軌式の二種類を製作し、両者を比較した上で開発を進めることとした。まず昭和31年度予算で装輪式のRZ-1が、次いで翌32年度予算で装軌式のSZ-1が製作された。前者はサスペンションを持っておらず、足回りの衝撃は全て低圧タイヤで吸収することとされ、後者はトーションバーサスペンションを装備していた。両車共に損傷時のことを考えて、冷却水を必要としない空冷エンジンを搭載した。また、車体前面には行動力向上のためにウインチが装備されている。ユニークな点としては、下車操縦が考えられていたことが挙げられる。すなわち、乗車しながらの運転が困難な悪路において、操縦士が運転席の横を歩きながらハンドル操作を行うというものである。さらにRZ-1は、必要に応じて四輪駆動と二輪駆動の切り替えもできた。61式特殊運搬車 フレッシュアイペディアより)

  • 低床バス

    低床バスから見たタイヤタイヤ

    ツーステップバスにおける路線バスの低床化の動きとしては、通常900mm以上ある床面(標準床)を、前輪サスペンションの板ばねを車軸の下側に取り付ける(アンダースラング化)などの工夫により、100mm程度下げた一般低床車が1970年代前半に登場する。その後、1980年代に偏平率70%程度のタイヤを用い、さらに床面を100mm程度下げた都市型低床車(偏平タイヤ低床車)が登場し、その後のワンステップバス、ノンステップバスの開発につながる。低床バス フレッシュアイペディアより)

824件中 11 - 20件表示

「タイヤ」のニューストピックワード