654件中 11 - 20件表示
  • Sタイヤ

    Sタイヤから見たタイヤタイヤ

    Sタイヤ(エスタイヤ)とは、公道を合法的に走行することが可能であるレース用タイヤ。いわゆる「セミレーシングタイヤ」、「セミスリックタイヤ」の商品名あるいは通称・略称である。Sタイヤ フレッシュアイペディアより)

  • 藤倉ゴム工業

    藤倉ゴム工業から見たタイヤタイヤ

    1931年 航空機用タイヤの製造を開始。藤倉ゴム工業 フレッシュアイペディアより)

  • 空転

    空転から見たタイヤタイヤ

    鉄道や自動車など陸運車両では、車両側の駆動力や制動力が輪軸やタイヤを介してレールやアスファルト舗装に伝わることにより力行(加速)やブレーキ(減速)が可能になり、安全に走行することができる。走行には車輪とレールあるいは舗装との間の摩擦力が作用しており、車輪の駆動力がこの摩擦力を超えると車輪は空転を始める。空転 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ・TMAX

    ヤマハ・TMAXから見たタイヤタイヤ

    車体では、鉄鋼製ダイアモンドフレームを採用し、エンジンを強度部材に利用することによって、フレーム単体の重さは同社のマジェスティとほぼ同等という軽量さを得ている。前側サスペンションには38mm径の正立式テレスコピックフォークを採用し、前後ブレーキは共にシングルディスクブレーキで前に片押し2ポット式キャリパー、後ろに片押し1ポット式キャリパーを採用する。前後ホイールは14インチで前輪120/70/-14に後輪150/70-14という寸法のバイアスタイヤを履く。車両乾燥重量は日本国外仕様が197kg、国内仕様が198kgであり、車体の前後重量配分は47:53となっている。ヤマハ・TMAX フレッシュアイペディアより)

  • ヒュンダイ・グレンジャー

    ヒュンダイ・グレンジャーから見たタイヤタイヤ

    エンジンはCVVT(連続可変バルブタイミング機構)搭載のV型6気筒DOHC(234馬力(6000rpm)・31.0kg-m(3600rpm)、排気量3300cc)のレギュラーガソリン仕様であり、グレードは基本グレード(タイヤサイズ225/60R16)の3.3GLS(税込299万2500円)と、サンルーフ等を装備する上級グレード(タイヤサイズ235/55R17)の3.3GLS Lパッケージ(税込339万1500円)の2種類である。ヒュンダイ・グレンジャー フレッシュアイペディアより)

  • 遮音壁

    遮音壁から見たタイヤタイヤ

    道路交通による騒音の場合、他の騒音抑制策として、ハイブリッド・カーや電気自動車の奨励、車体の空気力学の改善、タイヤの設計改善、低騒音の舗装などがある。遮音壁は1970年代初期にアメリカ合衆国で騒音規制が施行されてから広く採用されるようになった。遮音壁 フレッシュアイペディアより)

  • トラクター

    トラクターから見たタイヤタイヤ

    現在使用されている農業用トラクターの大部分は、空気入りタイヤを装着したホイールトラクターと呼ばれるタイプのものである。ホイールトラクターには後輪駆動のものと、全ての車輪を駆動させる四輪駆動のものがある。トラクター フレッシュアイペディアより)

  • カービィのコピー能力

    カービィのコピー能力から見たタイヤタイヤ

    ウィリーなどからコピー。カービィがタイヤに変身して、高速移動しつつ敵に体当たり攻撃をする。能力使用中はほぼ無敵(方向転換の瞬間はダメージを受けることがある)。『夢の泉デラックス』では特定のブロックを破壊できる。カービィのコピー能力 フレッシュアイペディアより)

  • 低床バス

    低床バスから見たタイヤタイヤ

    その後、1980年代に偏平率70%程度のタイヤを用い、さらに床面を100mm程度下げた都市型低床車(偏平タイヤ低床車)が登場し、その後のワンステップバス、ノンステップバスの開発につながる。低床バス フレッシュアイペディアより)

  • ワンステップバス

    ワンステップバスから見たタイヤタイヤ

    1973年(昭和48年)、日野自動車工業(当時)は運輸省(現・国土交通省)のプロジェクトで大都市用モデルバスを試作する。RC系をベースにして車体は全長12mの3扉で、偏平タイヤを採用し、床面高650mmのワンステップ構造となった。また、トランスミッションにはトルクコンバータ式のオートマチックトランスミッションを採用している。ワンステップバス フレッシュアイペディアより)

654件中 11 - 20件表示

「タイヤ」のニューストピックワード