824件中 21 - 30件表示
  • ヤマハ・TMAX

    ヤマハ・TMAXから見たタイヤタイヤ

    車体では、鉄鋼製ダイアモンドフレームを採用し、エンジンを強度部材に利用することによって、フレーム単体の重さは同社のマジェスティとほぼ同等という軽量さを得ている。前側サスペンションには38mm径の正立式テレスコピックフォークを採用し、前後ブレーキは共にシングルディスクブレーキで前に片押し2ポット式キャリパー、後ろに片押し1ポット式キャリパーを採用する。前後ホイールは14インチで前輪120/70/-14に後輪150/70-14という寸法のバイアスタイヤを履く。車両乾燥重量は日本国外仕様が197kg、国内仕様が198kgであり、車体の前後重量配分は47:53となっている。ヤマハ・TMAX フレッシュアイペディアより)

  • アクロン (オハイオ州)

    アクロン (オハイオ州)から見たタイヤタイヤ

    アクロンは1825年に創設され、その初期から運河交通の要所となり、様々な産業が興った。南北戦争前後から20世紀初頭にかけては、北軍の食糧となったオーツ麦のバー、全米初のパトロールカー、ヨードを添加した食塩など、次々と発明品が生み出された。同じ頃、グッドリッチ、グッドイヤー、ファイアストン、ゼネラルタイヤと、タイヤメーカーが相次いで創業し、これらタイヤメーカーが労働者用の住宅地開発にあたったこともあって、1910年代の10年間で人口は3倍増、工業都市として高成長を遂げたアクロンは「世界のゴムの都」と呼ばれた。20世紀も後半に入るとタイヤメーカーは買収や移転で次々とアクロンを離れ、グッドイヤーを残すのみとなったが、残された研究インフラの存在によって、アクロンはポリマー産業の中心地へと変貌を遂げてきている。アクロン (オハイオ州) フレッシュアイペディアより)

  • フタバ (卸売業)

    フタバ (卸売業)から見たタイヤタイヤ

    タイヤ」、「バッテリー」、「ナビゲーション」、「オイル」、「スキャンツール」の5つの分野の研修が月に1回(全5回)実施されており、評価には初級、中級、上級、プロ、サービスという5段階が設定されている。フタバ (卸売業) フレッシュアイペディアより)

  • 空転

    空転から見たタイヤタイヤ

    鉄道や自動車など陸運車両では、車両側の駆動力や制動力が輪軸やタイヤを介してレールやアスファルト舗装に伝わることにより力行(加速)やブレーキ(減速)が可能になり、安全に走行することができる。走行には車輪とレールあるいは舗装との間の摩擦力が作用しており、車輪の駆動力がこの摩擦力を超えると車輪は空転を始める。空転 フレッシュアイペディアより)

  • BTR-152

    BTR-152から見たタイヤタイヤ

    オープントップ式で17-18名の歩兵を搭乗させることが可能。後期の派生型は乗員が路面の状態などを考慮に入れてタイヤの空気圧を調節できる機能を搭載している。BTR-152 フレッシュアイペディアより)

  • MRAP

    MRAPから見たタイヤタイヤ

    車体の下で地雷が爆発しても装甲に穴が空かないことや、タイヤの空気が抜けても48km/h(30マイル)で48km(30マイル)以上の走行が可能なランフラット・タイヤが求められる。MRAP フレッシュアイペディアより)

  • 油圧ショベル

    油圧ショベルから見たタイヤタイヤ

    多くは金属製もしくはゴム製のクローラによって走行するが、自動車のようなゴムタイヤを装備したホイール式もある。通常はラフタークレーンのようにショベル作業運転と路上走行運転を一つの運転席上で行うが、極少数ながらトラッククレーンのように通常のトラックシャーシー上に旋回台(ターレット)を設け、油圧ショベルの旋回台から上を架装した特装車も存在する。日本の建設土木現場では大半がクローラ式であるが、道路工事ではホイール式が多用されている。海外では日本よりもホイール式の機種が多い。油圧ショベル フレッシュアイペディアより)

  • 藤倉ゴム工業

    藤倉ゴム工業から見たタイヤタイヤ

    1931年 航空機用タイヤの製造を開始。藤倉ゴム工業 フレッシュアイペディアより)

  • 炭素

    炭素から見たタイヤタイヤ

    アクリロニトリルを無酸素状態で熱分解し製造する炭素繊維は、軽くて強度や弾力に優れることから、船舶および航空機・宇宙船からスポーツ用具まで幅広い用途において金属を代替する素材として使用されている。活性炭はヤシの殻を蒸し焼きにする方法に加え、廃タイヤから製造する方法も開発された。前者は冷蔵庫などの脱臭剤でよく使われ、後者は吸着力を利用した河川浄化など土木分野での利用が検討されている。炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 遮音壁

    遮音壁から見たタイヤタイヤ

    道路交通による騒音の場合、他の騒音抑制策として、ハイブリッド・カーや電気自動車の奨励、車体の空気力学の改善、タイヤの設計改善、低騒音の舗装などがある。遮音壁は1970年代初期にアメリカ合衆国で騒音規制が施行されてから広く採用されるようになった。遮音壁 フレッシュアイペディアより)

824件中 21 - 30件表示

「タイヤ」のニューストピックワード