824件中 41 - 50件表示
  • シトロエン・2CV

    シトロエン・2CVから見たタイヤタイヤ

    シトロエンは1925年の「B12」でヨーロッパでもいち早く全鋼鉄製ボディを採用するなど先端技術の採用に熱心であった。1932年には新たに斬新なニューモデルの開発に乗り出し、1934年、同社最初の前輪駆動モデル「7CV」(いわゆる「トラクシオン・アヴァン」の最初のモデル)を発表したが、同年、この前輪駆動車開発に伴う膨大な設備投資によってついに経営破綻する。これに伴いアンドレ・シトロエンは経営者の地位を退き、代わってフランス最大のタイヤメーカー、ミシュランが経営に参画することになった。シトロエン・2CV フレッシュアイペディアより)

  • 住友ゴム工業

    住友ゴム工業から見たタイヤタイヤ

    住友ゴム工業株式会社(すみともゴムこうぎょう、)は、兵庫県神戸市中央区脇浜町に本社を置く、タイヤ、スポーツ用品などを製造する住友グループの企業。白水会に所属する企業である。住友ゴム工業 フレッシュアイペディアより)

  • ADVAN

    ADVANから見たタイヤタイヤ

    ADVAN(アドバン)は、1978年より横浜ゴムから発売されているタイヤおよびアルミホイールの各ブランド名である。ADVAN フレッシュアイペディアより)

  • ジープ

    ジープから見たタイヤタイヤ

    要求スペックには「地雷を踏んでタイヤ4本のうち2本を失った場合でも、スペアタイヤを含めた残り3本で100 km の走行が可能であること」「車載工具ですべての修理が可能であること」という条件が入っていたという。開発を委ねられたものの、十分な設計能力を欠いたバンタムでは、社外の自動車設計者カール・K・プロブストを招聘、彼を中心に突貫作業で開発を開始した。プロブストは、軍の提示した条件から部分的に逸脱することも辞さず、頑丈で悪路に強い四輪駆動小型軍用車の促成設計を目指した。問題は車両重量で、軍の提示した当初のスペックは自重1,275ポンド(≒585kg)という、要求された走行性能や荷重を配慮すると絶対実現不能な値であった(30年後に開発された民生用自動車である初代スズキ・ジムニーですら600kgである)。プロブストはこれをあっさりと無視し、自重1トン弱(2,000ポンド級)で現実的な車両開発を目論んだが、結果としては賢明であった。ジープ フレッシュアイペディアより)

  • バイキンメカ

    バイキンメカから見たタイヤタイヤ

    つばさくんに仕返しをするために作ったメカ。顔がばいきんまん風になっており、三輪飛行機のような形になっている。普通の飛行機とは違い、障害物を破壊して飛び、下についている6本のタイヤがのびて攻撃する。また、水を噴射する装置もある。その装置でアンパンマンの顔を濡らして追い詰めるが、そこへアンパンマンが新しい顔になったことで形勢逆転。最後はアンパンチで破壊された。バイキンメカ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たタイヤタイヤ

    当時の国際F3000以下の下級フォーミュラがバイアスタイヤを使用していたのに対し、全日本F3000はF1と同じラジアルタイヤを使っており、来日した外国人ドライバーは今までの経験と異なる感覚に、タイヤの使い方の習得に苦労を強いられていた。後にF1でともに仕事をすることになるブリヂストンの浜島裕英は、タイヤの特性を詳細に質問する彼の姿勢と、それを元に実際に短時間の練習走行でタイヤを使いこなしてしまったその才能に強い印象を受けたという。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • カービィのコピー能力

    カービィのコピー能力から見たタイヤタイヤ

    ウィリー、グランドウィリーからコピー。カービィがタイヤに変身して、高速移動しつつ敵に体当たり攻撃をする。能力使用中はほぼ無敵(方向転換の瞬間はダメージを受けることがある)。『夢の泉デラックス』では特定のブロックを破壊できる。赤いキャップ(『トリプルデラックス』以降からはキャップの前部に星のワッペンが付いている)をかぶる。カービィのコピー能力 フレッシュアイペディアより)

  • プリンス自動車工業

    プリンス自動車工業から見たタイヤタイヤ

    第二次世界大戦後、航空機製造を禁じられた立川飛行機出身の、外山保、田中次郎ら技術者により、1947年に「東京電気自動車」の社名で発足。電気自動車製造からスタートしたメーカーであるが、1951年以降はガソリン自動車開発に転身した。経営および資本面ではタイヤメーカーのブリヂストンとその創業者である石橋正二郎が大きな役割を担っており、旧・中島飛行機系の企業である「富士精密工業」との協業・合併をも経るなど、企業としての成立過程および社名の変遷は複雑である。プリンス自動車工業 フレッシュアイペディアより)

  • 73式小型トラック

    73式小型トラックから見たタイヤタイヤ

    変速機はロックアップ機構を省いたトルコン式ATで、市販型パジェロの2代目車両となるJ-TOP(幌車)の専用タイヤであった18インチの大径タイヤ(横浜ゴム製215/85・18、専用鉄ホイール)を装着し、デフロック可能なセンターデフ式フルタイム4駆機構のスーパーセレクト4WDを備える。不整地走破性は旧型と同等程度の性能を持つとされるが、前輪がリジッドから独立懸架となったことで操縦安定性は向上した。タイヤ径の拡大により、地上高、特にアクスルデフ下の最低地上高が増大している。73式小型トラック フレッシュアイペディアより)

  • ミニ四駆

    ミニ四駆から見たタイヤタイヤ

    ただし、タイヤなど一部に接着した方が好ましい部品がある。特にスポンジタイヤの場合、大抵は両面テープが添付されている。改造・補修する際も接着剤が多用されるが、シアノアクリレート系(瞬間接着剤)やFRP接着用のエポキシ樹脂系接着剤などが利用される。ミニ四駆 フレッシュアイペディアより)

824件中 41 - 50件表示

「タイヤ」のニューストピックワード