654件中 51 - 60件表示
  • 自動酸化

    自動酸化から見たタイヤタイヤ

    自動酸化(じどうさんか、Autoxidation)は、空気中または、酸素と紫外線の片方または両方の存在下で起こる酸化で、ペルオキシドとヒドロペルオキシドが生成する。古典的な自動酸化の例に、単純なエーテルであるジエチルエーテルの酸化があり、爆発性のペルオキシドが生ずる。これは炎の上がらない遅い燃焼反応であると考えることができる。自動酸化は化合物を酸化誘導体に変換する重要で便利な反応でもあり、望まれない場所でも起こる反応でもある(自動車のタイヤのゴムを破壊する)。自動酸化 フレッシュアイペディアより)

  • 76式対砲レーダ装置 JMPQ-P7

    76式対砲レーダ装置 JMPQ-P7から見たタイヤタイヤ

    走査空中線・送受信装置を搭載した「レーダトレーラ」は平面型のアンテナを信号送受信装置と共に2軸6輪(後方はダブルタイヤとなっている)のトレーラーに載せたもので、アンテナ部は牽引移動時にはアレイ面を真上に向ける形で約90度倒して固定することができる。また、トレーラ中央部にはレーダー展開時の安定用にアウトリガーを備えている。76式対砲レーダ装置 JMPQ-P7 フレッシュアイペディアより)

  • テザーカー

    テザーカーから見たタイヤタイヤ

    寸法は、全長30〜60センチメートル、全幅7.5〜10センチメートル程度で、直径7.5〜10センチメートルのゴムタイヤで走行する。車体は鋳造の金属製(一般にマグネシウムかアルミダイキャストだが、グラスファイバーや木製もある)で、頑丈な駆動系を持つ。テザーカー フレッシュアイペディアより)

  • 1998年のフォーミュラ・ニッポン

    1998年のフォーミュラ・ニッポンから見たタイヤタイヤ

    ※全チームともタイヤはブリヂストン1998年のフォーミュラ・ニッポン フレッシュアイペディアより)

  • 待避所

    待避所から見たタイヤタイヤ

    後者の意味での待避所は、長い急坂でブレーキが故障した車両や、フェードやヴェイパーロック現象を起こした車両を停止させるために、砂れきや古タイヤ等を積んだ側道として坂の終点や中腹に設置される。緊急避難所と表示されることもある。碓氷バイパスや国道274号日勝峠他、山岳地帯の主要道に多数見られる。最低地上高の低い一般的な車両は、これに突入した場合、スタックや破損する可能性が高い。待避所 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のフォーミュラ・ニッポン

    2005年のフォーミュラ・ニッポンから見たタイヤタイヤ

    ※全チームともシャシーはローラB351、エンジンは無限MF308、タイヤはブリヂストン2005年のフォーミュラ・ニッポン フレッシュアイペディアより)

  • 上位概念、下位概念、同位概念および同一概念

    上位概念、下位概念、同位概念および同一概念から見たタイヤタイヤ

    タイヤは自動車の下位概念ではない。タイヤは自動車の部品である。自動車事故は自動車の下位概念ではない。自動車事故は自動車に関連する概念ではある。上位概念、下位概念、同位概念および同一概念 フレッシュアイペディアより)

  • 人工魚礁

    人工魚礁から見たタイヤタイヤ

    処分の難しいごみである様々な廃棄物を人工魚礁として沈める場合もある。ただ、有害な廃棄物の場合は環境問題も発生させるため、注意が払われる。過去には古いタイヤや自動車などが沈められたケースもある。人工魚礁 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のフォーミュラ・ニッポン

    2004年のフォーミュラ・ニッポンから見たタイヤタイヤ

    ※全チームともシャシーはローラB351、エンジンは無限MF308、タイヤはブリヂストン2004年のフォーミュラ・ニッポン フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のフォーミュラ・ニッポン

    2003年のフォーミュラ・ニッポンから見たタイヤタイヤ

    ※全チームともシャシーはローラB351、エンジンは無限MF308、タイヤはブリヂストン2003年のフォーミュラ・ニッポン フレッシュアイペディアより)

654件中 51 - 60件表示

「タイヤ」のニューストピックワード