654件中 61 - 70件表示
  • 2002年のフォーミュラ・ニッポン

    2002年のフォーミュラ・ニッポンから見たタイヤタイヤ

    ※全チームともタイヤはブリヂストン2002年のフォーミュラ・ニッポン フレッシュアイペディアより)

  • 1999年のフォーミュラ・ニッポン

    1999年のフォーミュラ・ニッポンから見たタイヤタイヤ

    ※全チームともタイヤはブリヂストン1999年のフォーミュラ・ニッポン フレッシュアイペディアより)

  • ジャガー・XJR-10

    ジャガー・XJR-10から見たタイアタイヤ

    タイアは1989年はダンロップ、1990年からはグッドイヤーを使用。ジャガー・XJR-10 フレッシュアイペディアより)

  • ゼウス (自転車メーカー)

    ゼウス (自転車メーカー)から見たタイヤタイヤ

    一時期ではあるがタイヤやリムも製造し、自転車を構成するほとんどの部品を製造できる数少ない総合メーカーの1つであった。サドルもコンポーネントの一部を構成していた。1960年代から1970年代にかけて前衛的なデザインで事業的には大成功を収め、普段はカンパニョーロを使用しているロジェ・デフラミンク、トム・シンプソンといった選手が部分的にゼウスの部品を使っていたことがある。1971年にツール・ド・フランスを勝ったエディ・メルクスの車体にもゼウスは使われ、ゼウスは1960-1970年代で著名な自転車部品メーカの1つであった。リック・バンローイはゼウスを使用していたし、1972年のハニー・クイパーのミュンヘンオリンピック個人ロードレース優勝の際にもゼウスが使われている。また1973年にツール・ド・フランスに総合優勝を果たしたスペインのルイス・オカーニャはその後所属したスペインのプロチームであるSuper SER時代にゼウスによるスポンサードを受けフレーム・パーツを使用している。ゼウス (自転車メーカー) フレッシュアイペディアより)

  • 車体装架カルダン駆動方式

    車体装架カルダン駆動方式から見たタイヤタイヤ

    札幌市営地下鉄や新交通システムではゴムタイヤで走行するため、必然的に車体装架方式を採用、自動車と同様の差動装置を介して左右の車輪を駆動する方式となる。車体装架カルダン駆動方式 フレッシュアイペディアより)

  • オースチン・マキシ

    オースチン・マキシから見たラジアルタイヤタイヤ

     1972年型: 「マキシ1750HL」を追加。SU・HS6型ツインキャブを装着し最高出力91馬力/5250rpmとし、165SR13サイズのラジアルタイヤ、黒に上下2本のストライプが入った専用フロントグリル、フロントバンパーのオーバーライダー、電動式ウィンドーウォッシャー、革巻3スポークステアリングホイールなどの専用内外装を持つトップモデル。オースチン・マキシ フレッシュアイペディアより)

  • テラクラッシャー

    テラクラッシャーから見たタイヤタイヤ

    タイヤは幅100mm・直径176mmのファットなV型ラグパターンタイヤを装着する。テラクラッシャー フレッシュアイペディアより)

  • ヨコハマタイヤ・マニファクチュアリング

    ヨコハマタイヤ・マニファクチュアリングから見たタイヤタイヤ

    )は、タイにある日本の横浜ゴムの現地法人。タイ国内の工場にて各種タイヤの生産および販売を行っている。ヨコハマタイヤ・マニファクチュアリング フレッシュアイペディアより)

  • シボレー・ブレイザー4×4

    シボレー・ブレイザー4×4から見たタイヤタイヤ

    シャーシ構造はトヨタ ハイラックス4×4と同様である。相違点はボディ、タイヤのみ。シボレー・ブレイザー4×4 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の世界ラリー選手権

    2008年の世界ラリー選手権から見たタイヤタイヤ

    タイヤは入札制度を用いた事によりピレリのワンメイク制に決定。なおムースタイヤの使用や、タイヤに溝を掘るなどの改造行為が禁止された。2008年の世界ラリー選手権 フレッシュアイペディアより)

654件中 61 - 70件表示

「タイヤ」のニューストピックワード