前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
139件中 1 - 10件表示
  • タイヤ

    タイヤから見たオカモト

    ミシュラン - フランスのタイヤメーカー。日本では1975年に日本ミシュランタイヤを設立。その後、旧岡本理研ゴム「オカモト」と提携し1989年にミシュランオカモトタイヤを設立。のちに合弁解消し日本ミシュランタイヤとして再出発、日本国内ではオカモトブランドの「ライケン」も順次消滅。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たミシュラン

    ミシュラン - フランスのタイヤメーカー。日本では1975年に日本ミシュランタイヤを設立。その後、旧岡本理研ゴム「オカモト」と提携し1989年にミシュランオカモトタイヤを設立。のちに合弁解消し日本ミシュランタイヤとして再出発、日本国内ではオカモトブランドの「ライケン」も順次消滅。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たクラレ

    角一ゴム(現・クラレプラスチックス) - 1906年設立。カクイチタイヤブランドで二輪車向けタイヤを製造。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た日東化工

    日東化工 (旧・日東タイヤ)- 戦後の1949年設立。三菱ケミカル系(元三菱化学系→現三菱樹脂系)。NITTOブランドでトーヨータイヤが製造を担当(かつて菱東タイヤという合弁会社を設立した関係)。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た昭和ホールディングス

    東京護謨(現・昭和ゴム) - 1917年設立、マルテータイヤ(○T)ブランドを展開、後の日東タイヤの母体の一つ。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たトヨタ自動車

    東洋ゴム工業(トーヨータイヤ)- 元東洋紡系、日中戦争(支那事変)期の1938年の発足であるが、太平洋戦争(大東亜戦争)期に幾度かの合併を経て現在の組織に至っている為か、いわゆる戦前3社には含まれていない。戦後の国産7社体勢の内、戦中戦後に発足した新興4社で唯一独立ブランドとして存続しているメーカーであるが、現在はトヨタ色濃厚で協力会社組織・協豊会に参加。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たユニチカ

    ファルケン(旧オーツタイヤ)- 戦中の1944年、大日本紡績株式会社(現・ユニチカ)の多角事業の一環で、大日本航空機タイヤとして設立、戦後は東洋・日東・岡本理研と共に戦前3社に続く自動車タイヤメーカーとして国産7社体勢の一角を構成した。のちに住友ゴムが買収、合併して住友ゴムの一部門となり、住友ゴムのタイヤ部門におけるセカンドブランドとして定着。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たブリヂストン

    ブリヂストン - 福岡・久留米市の石橋家(アサヒ靴の石橋家の分家に当たる)によって設立した世界最大手のタイヤメーカー。スチールコードの国内最大手でもあり、ドイツの同業大手・ベカルト社と合弁により設立したかつての関連会社(ブリヂストン・ベカルト・スチールコード)が発祥。戦前より活動する国産自動車タイヤメーカー3社(戦前3社)の一つ。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た住友電気工業

    住友ゴム工業 - 旧日本ダンロップゴムで、本流である英ダンロップの日本法人として設立。のちに住友電工をはじめ住友グループの資本・技術介入により現社名へ変更。その後ダンロップ本体の経営悪化に伴い世界の大半のダンロップグループを傘下に持つこととなる。米国グッドイヤー社とタイヤ事業におけるアライアンス締結。海外では独自にスミトモブランドを展開。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た東洋紡

    東洋ゴム工業(トーヨータイヤ)- 元東洋紡系、日中戦争(支那事変)期の1938年の発足であるが、太平洋戦争(大東亜戦争)期に幾度かの合併を経て現在の組織に至っている為か、いわゆる戦前3社には含まれていない。戦後の国産7社体勢の内、戦中戦後に発足した新興4社で唯一独立ブランドとして存続しているメーカーであるが、現在はトヨタ色濃厚で協力会社組織・協豊会に参加。タイヤ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
139件中 1 - 10件表示