139件中 91 - 100件表示
  • タイヤ

    タイヤから見た自動車

    ゴムタイヤとは衝撃の緩和や、安定性の向上などを目的に、車輪(ホイール)の外周にはめ込むゴム製の部品。自動車、自転車、オートバイ、モノレールや新交通システム、地下鉄などの一部の鉄道車両、航空機(飛行機)、建設機械など地上を移動する多方面の輸送機器に使用される。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たモノレール

    ゴムタイヤとは衝撃の緩和や、安定性の向上などを目的に、車輪(ホイール)の外周にはめ込むゴム製の部品。自動車、自転車、オートバイ、モノレールや新交通システム、地下鉄などの一部の鉄道車両、航空機(飛行機)、建設機械など地上を移動する多方面の輸送機器に使用される。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た

    スチール ラジアル構造のカーカスを締め付けるベルト(たが)の部分。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たサンダル

    File:FLMM - Viet Cong sandals.jpg|タイヤから作られたサンダルタイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た久留米市

    ブリヂストン - 福岡・久留米市の石橋家(アサヒ靴の石橋家の分家に当たる)によって設立した世界最大手のタイヤメーカー。スチールコードの国内最大手でもあり、ドイツの同業大手・ベカルト社と合弁により設立したかつての関連会社(ブリヂストン・ベカルト・スチールコード)が発祥。戦前より活動する国産自動車タイヤメーカー3社(戦前3社)の一つ。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たカーボンブラック

    カーボンブラック(粉末状の炭素)タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た父島要塞

    内外ゴム - 1913年設立、旧イングラムの技術者が合流しゴムタイヤを製造。ナイガイ・プリンスブランドのタイヤは旧日本軍の軍用車両用にも供給され、現在でも当時のタイヤが旧父島要塞軍事遺構等に現存する。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たサーマルリサイクル

    最もリサイクル用途が高いのは燃料としてのサーマルリサイクルである。日本国内では、廃タイヤの半数程度がセメントや製鉄工場の高炉に投入され、タイヤに含まれているスチールコード類も鉄原料としてセメントの成分や鉄材に残らずリサイクルされている。燃料用途以外には、緩衝材や防音材として利用される他、マテリアルリサイクルの原材料として再生タイヤの需要が高い国への輸出も行われている。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たF-15E (航空機)

    航空機用タイヤについては、材質はナイロン6・ポリエステル・ガラス・鋼のどれかを補強繊維とした繊維強化ゴム(FRR)で母材のゴムは合成ゴムのブタジエン・スチレン・ゴム(SBR)を使用している。また構造についてはバイアスによる生産技術がある程度確立されていたことや、離着陸を繰り返す過酷な状況での安全性が求められたこともあり、自動車やバイクでラジアルが広まった後もバイアスが使われ続けていたが、2000年以降は航空機用途でも十分な耐久性と安全性を持ったラジアルが生産・採用されるようになっている。航空機で初めてラジアルタイヤを採用したのは、軍用機はF-15E戦闘爆撃機で、民間機ではエアバスA320(ブリヂストン製)である。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たロードバイク

    ダイワゴム(現・ダイワボウ) - ソーヨータイヤブランドで自転車(ロードレーサー)向けタイヤを製造。タイヤ フレッシュアイペディアより)

139件中 91 - 100件表示

「タイヤ」のニューストピックワード