139件中 11 - 20件表示
  • タイヤ

    タイヤから見たバンドー化学

    バンドー化学 - 昭和30年代に自転車向けタイヤを製造。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た東洋ゴム工業

    東洋ゴム工業(トーヨータイヤ)- 元東洋紡系、日中戦争(支那事変)期の1938年の発足であるが、太平洋戦争(大東亜戦争)期に幾度かの合併を経て現在の組織に至っている為か、いわゆる戦前3社には含まれていない。戦後の国産7社体勢の内、戦中戦後に発足した新興4社で唯一独立ブランドとして存続しているメーカーであるが、現在はトヨタ色濃厚で協力会社組織・協豊会に参加。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た三ツ星ベルト

    三ツ星ベルト - 自転車用タイヤを生産していたが2005年に事業撤退。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た住友ゴム工業

    住友ゴム工業 - 旧日本ダンロップゴムで、本流である英ダンロップの日本法人として設立。のちに住友電工をはじめ住友グループの資本・技術介入により現社名へ変更。その後ダンロップ本体の経営悪化に伴い世界の大半のダンロップグループを傘下に持つこととなる。米国グッドイヤー社とタイヤ事業におけるアライアンス締結。海外では独自にスミトモブランドを展開。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た三菱ケミカルホールディングス

    日東化工 (旧・日東タイヤ)- 戦後の1949年設立。三菱ケミカル系(元三菱化学系→現三菱樹脂系)。NITTOブランドでトーヨータイヤが製造を担当(かつて菱東タイヤという合弁会社を設立した関係)。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た横浜ゴム

    横浜ゴム - 古河系、ブリヂストンと並ぶ戦前3社の一つ。ヨコハマタイヤが主力ブランド。レースカー・スポーツカー向けに展開しているADVANのブランド名を持つ。これが成功したため他社も追随しレース、スポーツ用別ブランドを展開することになる。ポテンザ(ブリヂストン)、トランピオ(東洋)など。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たフォーミュラ1

    かつては普通にタイヤといえばバイアスを指したが、1947年にミシュランがラジアルを最初に実用化し、1978年にはF1で使われた。その後ラジアルの耐久性や操作性が向上し、量産効果で価格も下がったために、車やバイクでは2008年現在ほとんどラジアルであり、バイアスはスペアタイヤや小型バイク、農業機械、建設機械等の一部に使われる程度である。なお、バイアスの性質をよりラジアル側に近づける為に、カーカス配置で外周にブレーカーコードを配してトレッドの強化を行ったバイアスベルテッドタイヤ(ベルテッドバイアス)も存在する。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たジープ

    かつて不整地走行車両(特にジープ)のマッドテレーンタイヤの定番であったゲタ山タイヤで、2000年代末ごろには各メーカー廃盤となった。現在の陸上自衛隊に多数残存する73式小型トラック(三菱ジープ)においては、廃車抹消された車体のタイヤのうち程度の良いものを予備部品として残しておき、使いまわしている例が見られる。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たダンロップ

    ダンロップ・タイヤ - 元々はオーストラリアのダンロップのみを傘下としていたが、住友ゴムとの提携で現在は欧米市場全般を担当。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たグッドイヤー

    グッドイヤー - アメリカのタイヤメーカー。住友ゴムと提携している。タイヤ フレッシュアイペディアより)

139件中 11 - 20件表示