139件中 21 - 30件表示
  • タイヤ

    タイヤから見たエドゥアール・ミシュラン

    自動車用の空気入りタイヤとしては、フランス人のアンドレ・ミシュラン、エドゥアール・ミシュランのミシュラン兄弟が、1895年に開催されたパリからボルドーまでを往復する、全行程1200kmのレースに使用したのが最初である。このレースでミシュラン兄弟は100回近いパンクにもめげず、規定時間を超過しながらも完走した。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たジョン・ボイド・ダンロップ

    空気入りタイヤ(pneumatic tire/ニューマチックタイヤ)は1845年にイギリスのロバート・ウイリアム・トムソンが発明し特許を取得したが、実用化には至らず、1888年にスコットランドの獣医師ジョン・ボイド・ダンロップが自転車用の空気入りタイヤを実用化するまで待たなければならなかった。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た飛行機

    ゴムタイヤとは衝撃の緩和や、安定性の向上などを目的に、車輪(ホイール)の外周にはめ込むゴム製の部品。自動車、自転車、オートバイ、モノレールや新交通システム、地下鉄などの一部の鉄道車両、航空機(飛行機)、建設機械など地上を移動する多方面の輸送機器に使用される。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た太平洋戦争

    東洋ゴム工業(トーヨータイヤ)- 元東洋紡系、日中戦争(支那事変)期の1938年の発足であるが、太平洋戦争(大東亜戦争)期に幾度かの合併を経て現在の組織に至っている為か、いわゆる戦前3社には含まれていない。戦後の国産7社体勢の内、戦中戦後に発足した新興4社で唯一独立ブランドとして存続しているメーカーであるが、現在はトヨタ色濃厚で協力会社組織・協豊会に参加。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た遊具

    径の大きな廃タイヤは重くて丈夫なため、公園の遊具やスポーツトレーニング用として利用される。径の小さな廃タイヤは花壇の外周を装飾するような利用法があり、小学校や幼稚園で見かける。下駄や雪駄の底に平らに伸ばしたタイヤを貼り付けてアスファルトとの接触で極度に磨耗しやすい伝統的な履物の耐久性を持たせようとする工夫も見受けられる。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たパリ

    自動車用の空気入りタイヤとしては、フランス人のアンドレ・ミシュラン、エドゥアール・ミシュランのミシュラン兄弟が、1895年に開催されたパリからボルドーまでを往復する、全行程1200kmのレースに使用したのが最初である。このレースでミシュラン兄弟は100回近いパンクにもめげず、規定時間を超過しながらも完走した。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た鉄道車両

    ゴムタイヤとは衝撃の緩和や、安定性の向上などを目的に、車輪(ホイール)の外周にはめ込むゴム製の部品。自動車、自転車、オートバイ、モノレールや新交通システム、地下鉄などの一部の鉄道車両、航空機(飛行機)、建設機械など地上を移動する多方面の輸送機器に使用される。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たガソリンスタンド

    乗用車向けに、一部カー用品店やガソリンスタンドでも窒素ガスを勧める場合がある。空気圧のメンテナンスを軽減する事が最大のメリットと言われ、その他て派生的に燃費悪化の防止等の効果も考えられるが、直接的なものではない。また、ロードノイズが低減するという話もあるが、科学的根拠は無い。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た倒産

    ピープルラバー - 1920年設立、ピープルタイヤブランドで自転車用タイヤを手掛けたが、1970年に倒産タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た陸上自衛隊

    かつて不整地走行車両(特にジープ)のマッドテレーンタイヤの定番であったゲタ山タイヤで、2000年代末ごろには各メーカー廃盤となった。現在の陸上自衛隊に多数残存する73式小型トラック(三菱ジープ)においては、廃車抹消された車体のタイヤのうち程度の良いものを予備部品として残しておき、使いまわしている例が見られる。タイヤ フレッシュアイペディアより)

139件中 21 - 30件表示

「タイヤ」のニューストピックワード