139件中 51 - 60件表示
  • タイヤ

    タイヤから見たファルケン

    ファルケン(旧オーツタイヤ)- 戦中の1944年、大日本紡績株式会社(現・ユニチカ)の多角事業の一環で、大日本航空機タイヤとして設立、戦後は東洋・日東・岡本理研と共に戦前3社に続く自動車タイヤメーカーとして国産7社体勢の一角を構成した。のちに住友ゴムが買収、合併して住友ゴムの一部門となり、住友ゴムのタイヤ部門におけるセカンドブランドとして定着。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たクムホタイヤ

    クムホタイヤ - 韓国でのシェア2位。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た三菱化学

    日東化工 (旧・日東タイヤ)- 戦後の1949年設立。三菱ケミカル系(元三菱化学系→現三菱樹脂系)。NITTOブランドでトーヨータイヤが製造を担当(かつて菱東タイヤという合弁会社を設立した関係)。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たクーパー・タイヤ・アンド・ラバー

    クーパー・タイヤ・アンド・ラバー - アメリカのタイヤメーカータイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た住友グループ

    住友ゴム工業 - 旧日本ダンロップゴムで、本流である英ダンロップの日本法人として設立。のちに住友電工をはじめ住友グループの資本・技術介入により現社名へ変更。その後ダンロップ本体の経営悪化に伴い世界の大半のダンロップグループを傘下に持つこととなる。米国グッドイヤー社とタイヤ事業におけるアライアンス締結。海外では独自にスミトモブランドを展開。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た貨物自動車

    一般に普及するきっかけになったのは、高速長距離運転を行う大型トラックに多く採用された事である。これは高速長距離運転によるタイヤ内圧上昇を抑制することを企図したもので、航空機、レーシングカーでの理由と符合する。逆に短距離と荒地での運用の多いダンプトラックなどでは普及していない。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た空気

    自動車や自転車などの輸送機器用では中空構造をしており、通常、空気や窒素ガスなどの気体が入れられるが、フォークリフトなど一部の用途では、一輪あたりの負担力を上げるため、中実構造のソリッドタイヤ(俗称・ノーパンク)も使われる。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た車輪

    タイヤ(米:Tire, )は、車輪のリムを丸く囲む帯状の構造で、路面・地面あるいは軌道の上を転がる踏面(トレッド)を形成するものの総称。ここではゴムタイヤについて述べる。漢字標記式: 輪胎(輪=車輪、胎=単にTireの"Ti"部の音からの使用で車輪の胎盤という意味はない)タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た気体

    自動車や自転車などの輸送機器用では中空構造をしており、通常、空気や窒素ガスなどの気体が入れられるが、フォークリフトなど一部の用途では、一輪あたりの負担力を上げるため、中実構造のソリッドタイヤ(俗称・ノーパンク)も使われる。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たスペアタイヤ

    かつては普通にタイヤといえばバイアスを指したが、1947年にミシュランがラジアルを最初に実用化し、1978年にはF1で使われた。その後ラジアルの耐久性や操作性が向上し、量産効果で価格も下がったために、車やバイクでは2008年現在ほとんどラジアルであり、バイアスはスペアタイヤや小型バイク、農業機械、建設機械等の一部に使われる程度である。なお、バイアスの性質をよりラジアル側に近づける為に、カーカス配置で外周にブレーカーコードを配してトレッドの強化を行ったバイアスベルテッドタイヤ(ベルテッドバイアス)も存在する。タイヤ フレッシュアイペディアより)

139件中 51 - 60件表示