139件中 61 - 70件表示
  • タイヤ

    タイヤから見たオートバイ

    ゴムタイヤとは衝撃の緩和や、安定性の向上などを目的に、車輪(ホイール)の外周にはめ込むゴム製の部品。自動車、自転車、オートバイ、モノレールや新交通システム、地下鉄などの一部の鉄道車両、航空機(飛行機)、建設機械など地上を移動する多方面の輸送機器に使用される。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た窒素

    自動車や自転車などの輸送機器用では中空構造をしており、通常、空気や窒素ガスなどの気体が入れられるが、フォークリフトなど一部の用途では、一輪あたりの負担力を上げるため、中実構造のソリッドタイヤ(俗称・ノーパンク)も使われる。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た建設機械

    ゴムタイヤとは衝撃の緩和や、安定性の向上などを目的に、車輪(ホイール)の外周にはめ込むゴム製の部品。自動車、自転車、オートバイ、モノレールや新交通システム、地下鉄などの一部の鉄道車両、航空機(飛行機)、建設機械など地上を移動する多方面の輸送機器に使用される。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たバス (交通機関)

    航空機などのタイヤは、使用済みのタイヤのトレッド、サイドウォールを張り替える事で何度か再利用されている。また、大型トラックやバスでは、再生タイヤが後輪に使われていることが多い。特に輸送コスト、とりわけタイヤ関連の維持費を圧縮したいと考えるのはこのような車種を大量に抱えている事業者であり、その要望に応える形としてタイヤメーカーが協調的に関与し、新品タイヤから再生タイヤへの交換、再生タイヤの計画的な補修と廃棄についてのプランが提示されている。タイヤメーカーにとっては新品が売れないという弊害があるものの、それを上回る形で再生タイヤの使用を促して利益を保っている。また、このサイクルを維持する起点として、再生加工されることを前提にしたタイヤ製品が存在している。再生タイヤの利用は廃棄物を減らす意味で効果的なので、ユーザーとしてはコスト削減とともに、環境破壊を抑制する企業活動を行えるので好都合である。なお新品と同じ形状にすることが困難なためステアリング性能に影響を及ぼす可能性があり、前輪への再生タイヤ装着は勧められていない。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たアメリカ車

    1960年代から1970年代中期までのアメリカ車に使用されるタイヤに見られた表記法で、タイヤ外径と偏平率、リム径を順番に記述する形式であるが、タイヤ外径をアルファベットで分類する事が最大の特徴である。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たエアバスA320

    航空機用タイヤについては、材質はナイロン6・ポリエステル・ガラス・鋼のどれかを補強繊維とした繊維強化ゴム(FRR)で母材のゴムは合成ゴムのブタジエン・スチレン・ゴム(SBR)を使用している。また構造についてはバイアスによる生産技術がある程度確立されていたことや、離着陸を繰り返す過酷な状況での安全性が求められたこともあり、自動車やバイクでラジアルが広まった後もバイアスが使われ続けていたが、2000年以降は航空機用途でも十分な耐久性と安全性を持ったラジアルが生産・採用されるようになっている。航空機で初めてラジアルタイヤを採用したのは、軍用機はF-15E戦闘爆撃機で、民間機ではエアバスA320(ブリヂストン製)である。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たフォード・エクスプローラー

    2000年にはフォード・エクスプローラーが、乗り心地を重視するあまり過度に低い空気圧指定をしていたため、高速道路などを走行している際にタイヤが熱を持ち破裂(バースト)を起こす事件も発生している。これを受けてアメリカでは、タイヤの空気圧を常に監視するTPMSの装着が義務付けられている。その他の国でも一部高級車やスポーツカーでTPMSは採用されている。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たライトトラック

    欧米ではトラック向けタイヤにはLT(ライトトラック)やC(カーゴ)、乗用車向けタイヤにはP(パッセンジャー)、オートバイ用にはM/C(モーターサイクル)の表記がされており、タイヤの誤用が起こらないような配慮がされている。日本においては特に4ナンバーの貨物向け車両には保安基準でLT表記をされたタイヤが車検通過に必須とされる。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た大型車

    一般に普及するきっかけになったのは、高速長距離運転を行う大型トラックに多く採用された事である。これは高速長距離運転によるタイヤ内圧上昇を抑制することを企図したもので、航空機、レーシングカーでの理由と符合する。逆に短距離と荒地での運用の多いダンプトラックなどでは普及していない。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たマッスルカー

    現在では完全に廃れた表記法であり、ビンテージのマッスルカーやハーレーダビッドソンの一部オートバイ向けに製造が行われるのみとなっている。アメリカ車の市場が小さい国では純正指定のレター表示タイヤが極めて入手しづらい為、クロスリファレンスなどを用いて外径が近いメトリック表示やインチ表示のタイヤへの変更を行う必要がある。タイヤ フレッシュアイペディアより)

139件中 61 - 70件表示