194件中 61 - 70件表示
  • タイヤ

    タイヤから見た三菱化学

    日東化工 (旧・日東タイヤ)- 戦後の1949年設立。三菱ケミカル系(元三菱化学系→現三菱樹脂系)。NITTOブランドでトーヨータイヤが製造を担当(かつて菱東タイヤという合弁会社を設立した関係)。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た住友グループ

    住友ゴム工業 - 旧日本ダンロップゴムで、本流である英ダンロップの日本法人として設立。のちに住友電工をはじめ住友グループの資本・技術介入により現社名へ変更。その後ダンロップ本体の経営悪化に伴い世界の大半のダンロップグループを傘下に持つこととなる。米国グッドイヤー社とアライアンス締結。海外では独自にスミトモブランドを展開。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た貨物自動車

    寸法表示の次に書かれる数字は、最高負荷を表すロードインデックス (LI)。バイアス登場以来サイドウォールのプライ数を表示することで強度としてきた。カーカスコードの層数の表記(プライレーティング)は、とくに断り書きがない場合にはほとんどの場合4PR(4プライ、4層)であるが、トラック向けなどカーカスの層数が特別に多いものの場合には8PR、16PRなどの表記がサイズ表記の周囲になされている。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たパナソニックグループ

    パナレーサー - 旧社名はパナソニック ポリテクノロジーで、パナソニックグループ離脱により社名変更。自転車用国内最大手。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たイタリア

    ピレリ - イタリア(親会社は中国化工集団公司)タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たオートバイ

    車輪の外周にはめ込むゴム製の部品で、衝撃の緩和や走行安定性向上などを目的としている。自動車、自転車、オートバイ、モノレールや新交通システム、地下鉄などの一部の鉄道車両、航空機(飛行機)、建設機械など地上を移動する多方面の輸送機器に使用される。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たエアバスA320

    航空機用は、ナイロン6(PA6、英語版)・ポリエステル・ガラス・鋼のどれかを補強繊維とした繊維強化ゴム (FRR) で母材のゴムは合成ゴムのスチレン・ブタジエンゴム (SBR) を使用している。また構造についてはバイアスによる生産技術がある程度確立されていたことや、離着陸とタキシングを繰り返す過酷な状況での安全性が求められたこともあり、自動車やオートバイでラジアルが広まった後もバイアスが使われ続けていたが、2000年以降は航空機用途でも十分な耐久性と安全性を持ったラジアルが生産・採用されるようになっている。航空機で初めてラジアルを採用したのは、軍用機はF-15E戦闘爆撃機で、民間機ではエアバスA320(ブリヂストン製)である。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たライトトラック

    欧米ではトラック向けにはLT(ライトトラック)やC(カーゴ)、乗用車向けにはP(パッセンジャー)、オートバイ用にはM/C(モーターサイクル)の表記がされており、誤用が起こらないような配慮がされている。日本においてはとくに4ナンバーの貨物向け車両には保安基準でLT表記をされたものが車検通過に必須とされる。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た民間機

    航空機用は、ナイロン6(PA6、英語版)・ポリエステル・ガラス・鋼のどれかを補強繊維とした繊維強化ゴム (FRR) で母材のゴムは合成ゴムのスチレン・ブタジエンゴム (SBR) を使用している。また構造についてはバイアスによる生産技術がある程度確立されていたことや、離着陸とタキシングを繰り返す過酷な状況での安全性が求められたこともあり、自動車やオートバイでラジアルが広まった後もバイアスが使われ続けていたが、2000年以降は航空機用途でも十分な耐久性と安全性を持ったラジアルが生産・採用されるようになっている。航空機で初めてラジアルを採用したのは、軍用機はF-15E戦闘爆撃機で、民間機ではエアバスA320(ブリヂストン製)である。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たレーシングカー

    レーシングカーの場合、冷間時と温間時の温度差が激しく、使用前と使用中、使用後の内部気圧の変化をデータ化し、走行時(とくにペースアップが求められる時)に適度な接地を得られるように管理する必要がある(表面温度変化管理もグリップ力への影響も大きく重要であるが、ここでは無視する)。温度に合わせて内部圧力が変化し、それに伴なう接地面積の変化により、グリップ力が変化するとされるのであるが、そのために膨張変化率の安定した気体が求められた。問題は気体に含まれる水分であり、通常の空気は気象条件による湿度変化が顕著であり、充填気体の膨張変化率が安定しないため、内圧管理が出来ない。それを避けるために単一気体として窒素を充填するのである。タイヤ フレッシュアイペディアより)

194件中 61 - 70件表示

「タイヤ」のニューストピックワード