139件中 71 - 80件表示
  • タイヤ

    タイヤから見たレーシングカー

    レーシングカーのタイヤにも窒素を充填することが多い。レーシングカーの場合、冷間時と温間時の温度差が激しく、使用前と使用中、使用後の気圧変化をデータ化し、走行時(特にペースアップが求められる時)に適度な接地を得られるように管理する必要があり、その為に膨張変化率の安定した気体が求められる。つまり空気のように気象条件により湿度変化がある場合、充填気体の膨張変化率が安定しない為、内圧管理が出来なくなる。それを避けるために単一気体として窒素を充填する。但しF1に於いては窒素では無くドライエアー(強制的に乾燥された空気)が充填されることが多い。これは水分が除去されれば気体の膨張率はほぼ変わらないためである。窒素充填で必ずしもグリップ変化が少なくなるとは限らない。これはタイヤ温度に合わせて圧力が変化し、それに伴って接地面積、つまりグリップが変化するためである。ただし、湿度分による変化は抑えられる。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たトラクター

    かつてはタイヤの内部に空気を閉じ込めるチューブを入れるチューブタイヤが主流であったが、現在はホイールとタイヤのみで空気を保持するチューブレスタイヤが主流となっている。ただし現代でもチューブタイヤは自転車や、オフロード・トラッカー系、旧車風のバイク、トラクターなどの一部の農業機械や建設機械で使われ続けている。これはホイールリムをスポークが貫通していることや、空気圧を低くセッティングするなどの理由により、ホイールとタイヤのみでは気密を保てないためである。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た航空機

    ゴムタイヤとは衝撃の緩和や、安定性の向上などを目的に、車輪(ホイール)の外周にはめ込むゴム製の部品。自動車、自転車、オートバイ、モノレールや新交通システム、地下鉄などの一部の鉄道車両、航空機(飛行機)、建設機械など地上を移動する多方面の輸送機器に使用される。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たフリーホイールハブ

    前輪に大口径のフリーホイールハブが装着されている場合や、後輪にダブルタイヤで装着されている場合、或いは特殊なPCDを採用しているなど、何らかの理由で交換用ホイールの入手が不可能な場合には、その車両の運用に支障をきたす場合もある。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た73式小型トラック

    かつて不整地走行車両(特にジープ)のマッドテレーンタイヤの定番であったゲタ山タイヤで、2000年代末ごろには各メーカー廃盤となった。現在の陸上自衛隊に多数残存する73式小型トラック(三菱ジープ)においては、廃車抹消された車体のタイヤのうち程度の良いものを予備部品として残しておき、使いまわしている例が見られる。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たSタイヤ

    Sタイヤ(セミスリックタイヤ)タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見たコングロマリット

    ダンロップ・ラバー (Dunlop) - オーストラリアのゴム製品メーカー。かつては住友ゴムも米英ダンロップもインドのダンロップ等も同社の実質傘下にあった。現在はダンロップ・ラバーをイギリスのコングロマリット・BTR社が、タイヤ部門を継承したダンロップ・タイヤを米グッドイヤーと住友ゴムが、それぞれ株主として継承している。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た戦闘爆撃機

    航空機用タイヤについては、材質はナイロン6・ポリエステル・ガラス・鋼のどれかを補強繊維とした繊維強化ゴム(FRR)で母材のゴムは合成ゴムのブタジエン・スチレン・ゴム(SBR)を使用している。また構造についてはバイアスによる生産技術がある程度確立されていたことや、離着陸を繰り返す過酷な状況での安全性が求められたこともあり、自動車やバイクでラジアルが広まった後もバイアスが使われ続けていたが、2000年以降は航空機用途でも十分な耐久性と安全性を持ったラジアルが生産・採用されるようになっている。航空機で初めてラジアルタイヤを採用したのは、軍用機はF-15E戦闘爆撃機で、民間機ではエアバスA320(ブリヂストン製)である。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た輪ゴム

    (株)共和 - 輪ゴムの製造で著名であるが、ミリオンタイヤブランドで自転車タイヤも手掛ける。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た高炉

    最もリサイクル用途が高いのは燃料としてのサーマルリサイクルである。日本国内では、廃タイヤの半数程度がセメントや製鉄工場の高炉に投入され、タイヤに含まれているスチールコード類も鉄原料としてセメントの成分や鉄材に残らずリサイクルされている。燃料用途以外には、緩衝材や防音材として利用される他、マテリアルリサイクルの原材料として再生タイヤの需要が高い国への輸出も行われている。タイヤ フレッシュアイペディアより)

139件中 71 - 80件表示

「タイヤ」のニューストピックワード