6640件中 41 - 50件表示
  • 大野忍

    大野忍から見たタイ王国タイ王国

    2003年、サッカー日本女子代表(なでしこジャパン)に招集され、1月12日の国際親善試合アメリカ戦(アメリカ合衆国サンディエゴ)でデビュー。3月19日にタイバンコクで行われたタイ王国女子代表との親善試合で2得点をあげた。大野忍 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋禹三郎

    石橋禹三郎から見たタイ王国タイ王国

    石橋 禹三郎(いしばし うさぶろう、明治2年7月3日(1869年8月19日) - 1898年(明治31年)3月22日または23日)は明治時代のシャム王国入植者。長崎県平戸島に生まれ、福岡、東京で英語を学んだ後、アメリカ合衆国オークランドに留学した。帰国後シャム王国への植民事業を企てたが、暹羅殖民会社、石橋商会の事業はいずれも失敗し、東京で病没した。石橋禹三郎 フレッシュアイペディアより)

  • タガヤサン

    タガヤサンから見たタイ王国タイ王国

    タガヤサン(鉄刀木、学名:Senna siamea、シノニム:Cassia siamea)は、マメ科ジャケツイバラ亜科の広葉樹。タイ、インド、ミャンマー、インドネシアなどの東南アジア原産。タガヤサン フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見たタイ王国タイ王国

    2013年(平成25年)にタイ、マレーシアからの観光客に対してビザを免除し、2014年(平成26年)にはインドネシアからの観光客のうちICチップ入りパスポートを所持する人についてもビザを免除するなど、訪日外国人旅行客の誘致も積極的に推進され、2013年(平成25年)は1036万人と初の訪日外国人旅行者数の1000万人超えを達成、2014年(平成26年)は1341万人を記録し、前年の過去最高記録を更新した。また、2014年(平成26年)の訪日旅行客が使った金額も過去最高となる2兆305億円を記録した。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手蛍

    岩手蛍から見たタイ王国タイ王国

    2014年1月から女装活動を開始し、イベント司会や飲食店のキャラクターを務め2015年5月からタイと岩手県の交流の為、タイのリゾート地パタヤで試験的に活動を開始し、日本での活動を中心にしながら、女装というジャンルが一般的には存在していないタイでも女装というジャンルを認めてもらうために動いて行く方針。岩手蛍 フレッシュアイペディアより)

  • ゾウの糞のリサイクル

    ゾウの糞のリサイクルから見たタイ王国タイ王国

    タイ・チェンマイのでは、ゾウの糞(の繊維)から紙を作る。ゾウ一頭当たり、一日に 115 枚の紙を生産できる。この紙は塩素を用いておらず、また、無菌であり、かつ匂いはしないとされる。ゾウの糞のリサイクル フレッシュアイペディアより)

  • パパイア

    パパイアから見たタイ王国タイ王国

    果実は食用にされ、生果や乾燥させた果実は一般に流通している。タイやフィリピンなどから日本に輸入される場合も多い。日本国内では、前述の通り沖縄に自生しているが、沖縄ではパパイア生産が産業として成り立ちにくいといわれる。理由としては、繁殖力が強く、軒先に自生しており、雑草的に捉えられていることや、台風に弱く生産量が不安定なことがあげられる。また、沖縄など国内で栽培されているパパイアは生産効率を確保するためソロ(両性花)種が多く用いられている。日本国内に輸入されている約90%がソロ種である。パパイア フレッシュアイペディアより)

  • 堀江徹

    堀江徹から見たタイ王国タイ王国

    住友商事、マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティング、ヘイ・グループ、エーオンヒューイット、EY(アーンスト・アンド・ヤング)を経て現職。住友商事では財務担当としてロンドン、上海などに駐在し、外国為替、調達運用、プロジェクトファイナンス、政府金融などの商社金融業務に従事。その後、人事担当としてグローバル人事プロジェクトをリード。2000年同社を離職し経営コンサルタントに転身。マーサーでは在中国日本企業部ヘッド、タイのカントリーヘッド、リーダーシップ開発、組織風土改革、人材育成、人事制度構築等、幅広いコンサルティングに従事する。コンピテンシーを用いた選抜・育成、職務評価手法「ヘイ・システム」、フォーチュン1000社の選考などで知られる世界最大級のコンサルティング会社ヘイ・コンサルティンググループでは世界各国に日本人コンサルタントを置き日本デスクのグローバルダイレクター務め、早稲田大学などのMBAコースにて、社会人、外国人向けに教鞭をとる。堀江徹 フレッシュアイペディアより)

  • AFCチャンピオンズリーグ2006

    AFCチャンピオンズリーグ2006から見たタイ王国タイ王国

    AFCチャンピオンズリーグ2006(AFC Champions League 2006)は、2002-2003年に第1回大会が行われて以来、4回目のAFCチャンピオンズリーグである。アラブ首長国連邦、イラク、イラン、ウズベキスタン、カタール、クウェート、サウジアラビア、シリア、韓国、中国、日本、ベトナムの12の国と地域から各2チームと、前回優勝チームのアル・イテハド(サウジアラビア)を加えた25チームが参加。(サウジアラビアは前回優勝チームを加え3チーム出場となる。また、インドネシア、タイの2ヶ国4チームも参加予定だったが事情により失格となり不参加)。2006年3月8日に予選が開幕した。AFCチャンピオンズリーグ2006 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国陸軍

    タイ王国陸軍から見たタイ王国タイ王国

    タイ王国陸軍(タイおうこくりくぐん、Royal Thai Army, กองทัพบก)とは、タイにおける陸軍である。タイ王国陸軍 フレッシュアイペディアより)

6640件中 41 - 50件表示