4814件中 51 - 60件表示
  • 開発独裁

    開発独裁から見たタイ王国タイ王国

    フィリピンのマルコス政権やインドネシアのスハルト政権、タイのサリット政権といった「開発独裁」国家では、開発政策を推進する上で、軍部出身者や国家官僚などの少数のエリートが権力を独占して国家運営を行なった。これは利権を私物化することになるため、国家中枢の実態は国民に対して隠蔽された。開発独裁 フレッシュアイペディアより)

  • 三輪タクシー

    三輪タクシーから見たタイ王国タイ王国

    かつて存在したサムロー、シクロ、ベチャなどの人力車を駆逐して1960年代以降に普及した。インドではオート・リクシャー、パキスタンでは単にリクシャー、バングラデシュではベイビータクシー、ネパールではテンプー、インドネシアではバジャイと呼ばれている。タイやラオスにはサムロー(トゥクトゥク)がある。なお、リクシャーの語源は人力車である。三輪タクシー フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ランボー

    ジョン・ランボーから見たタイ王国タイ王国

    兵士たちから逃れたランボーだったが、ソビエトの 武装ヘリコプターに見つかって爆弾を落とされる。川に飛び込んで難を逃れた彼は高度を下げたヘリに飛び移り、屈強なソ連兵と渡り合う。ヘリの敵兵を一掃したランボーはそれを操縦して捕虜収容所まで戻り、衛兵を制圧して捕虜たちをヘリに乗せるとタイまで飛んだが、別のソビエトの攻撃ヘリコプターが現れ、ランボーのヘリは被弾して川の浅瀬に不時着させられる。ポドフスキー自らが操縦する攻撃ヘリはランボーの死を確認するために低空飛行になった。しかしランボーは死んでおらず、グレネードランチャーで攻撃ヘリを破壊した。ジョン・ランボー フレッシュアイペディアより)

  • 藤原敏男

    藤原敏男から見たタイ王国タイ王国

    1972年4月でのタイ遠征を皮切りに、ムエタイの殿堂ラジャダムナン、ルンピニー両スタジアムで本場ムエタイ戦士と対戦。藤原敏男 フレッシュアイペディアより)

  • チャッチャイ・サーサクン

    チャッチャイ・サーサクンから見たタイ王国タイ王国

    チャッチャイ・サーサクン(、、男性、1970年2月5日 - )は、タイ・バンコク出身のプロボクサー。元WBC世界フライ級王者。チャッチャイ・ダッチボーイジム、チャッチャイ・イーリックジムとも。チャッチャイ・サーサクン フレッシュアイペディアより)

  • 日新電機

    日新電機から見たタイ王国タイ王国

    1987年10月 - タイに日新電機タイを設立。日新電機 フレッシュアイペディアより)

  • オーレイドン・シスサマーチャイ

    オーレイドン・シスサマーチャイから見たタイ王国タイ王国

    オーレイドン・シスサマーチャイ(、、男性、1985年7月17日 - )は、タイ王国のプロボクサー。元WBC世界ミニマム級王者。オーレイドン・シスサマーチャイ フレッシュアイペディアより)

  • 後藤仁

    後藤仁から見たタイ王国タイ王国

    2005年 タイ王国・カンボジア写生旅行。「名士寄贈書画工芸作品展」(毎日新聞主催。心斎橋大丸、のち毎日新聞ビル)以後2011年まで毎年出品。後藤仁 フレッシュアイペディアより)

  • 大野忍

    大野忍から見たタイ王国タイ王国

    2003年、サッカー日本女子代表(なでしこジャパン)に招集され、1月12日の国際親善試合アメリカ戦(アメリカ合衆国サンディエゴ)でデビュー。3月19日にタイバンコクで行われたタイ王国女子代表との親善試合で2得点をあげた。大野忍 フレッシュアイペディアより)

  • ジェロム・レ・バンナ

    ジェロム・レ・バンナから見たタイ王国タイ王国

    1995年3月3日、「K-1 GRAND PRIX '95 開幕戦」に出場。タイのノックウィー・デービーを判定で下し、決勝トーナメント進出を決める。ジェロム・レ・バンナ フレッシュアイペディアより)

4814件中 51 - 60件表示