423件中 51 - 60件表示
  • タイ王国

    タイ王国から見たマンゴー

    熱帯気候に属するタイは果物の種類も豊富であり、また美味である。特にタイで最も暑い時期とされる4月は、ドリアン、マンゴーなどが市場に出揃う。この季節をタイ人は「ドリアンの季節」や「マンゴーの季節」とさえ呼んでいる。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見た太平洋戦争

    1940年11月23日に南部仏印に侵攻し、タイ・フランス領インドシナ紛争を引き起こし、1941年5月8日に日本の仲介によって東京条約をヴィシー政権と締結して領土を拡大した。太平洋戦争が勃発すると、日本軍はタイへ進駐し(タイ王国進駐)、タイは表面上日本と日泰攻守同盟を結び枢軸国として戦った。タイは東南アジア戦線では日本に積極的に協力しており、現地軍の速やかな進軍を助け、兵站、補給など重要な役割を担当している。一方で駐米大使セーニー・プラーモート、摂政プリーディー・パノムヨンらが「自由タイ運動」などの連合国と協力する勢力も存在し、連合国と連絡を取っていた。こうした二重外交により、1945年、タイは1940年以降に獲得した領地を返還することでイギリスとアメリカとの間で講和することが出来、降伏や占領を免れた。こうした経緯もあって国際連合にも1946年12月16日という早い段階で加盟しており、いわゆる敵国条項の対象ともされていない。大戦終結後、1946年6月9日に 国王ラーマ8世は王宮内で他殺体となって発見されたが、真相は究明されず、弟のラーマ9世が即位した。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見た夜間外出禁止令

    現在、反政府運動を封じる手段として報道の自由を全面制限し、タイ国内放送局の掌握、BBCワールドニュース・NHKワールドTV、NHKワールド・プレミアム、CNN等、海外衛星放送ニュースチャンネルやケーブルテレビサービスを切断、配信させない報道管制を敷き、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの検閲なども強化している。さらに、無期限の夜間外出禁止令を首都バンコクなどタイ全土で発動し(パタヤ、プーケットなど一部の観光地は現在解除)、許可なく外出すれば拘束や射殺もありうるとした。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見た第一次世界大戦

    この時期に第一次世界大戦が発生しており、連合国として参戦している。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見たブルートレイン (日本)

    日本で使用されなくなった客車が輸出され使用されている。ブルートレインは現地でも「JRクラス」と呼ばれ、割増料金が必要であるにも関わらず高い快適性から人気があったが、2016年11月11日に引退。車両は保留されている。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見たプミポン国王

    なお、この頃より日本や欧米諸国の大企業の進出を背景にした本格的な工業化へのシフトを進めるとともに、それらを背景にした高度経済成長が始まり、バンコクなどの大都市を中心にインフラストラクチャーの整備も急速に進むこととなる。1992年には5月流血革命(?????????)が発生したものの、プミポン国王の仲裁により収まった。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見た外務省

    日本外務省は、バンコクには注意喚起情報を、前述当該地域(ナラティワート県・ヤラー県・パッタニー県・ソンクラー県(以上 タイ南部)・シーサケート県(北東部))において、「渡航の是非を検討して下さい」という旨の、危険情報を出し続けている。在タイ日本国大使館は、反独裁民主戦線・民主市民連合の一員と誤解され、トラブルに巻き込まれるのを防ぐため、双方のイメージカラーである「赤色・黄色の衣服を身に着けない様」注意喚起を行っている。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見たラーマ1世

    その後、アユタヤー王朝(1350年 - 1767年)、トンブリー王朝(1767年 - 1782年)を経て、現在の王朝であるチャクリー王朝(1782年 - )へと変遷した。現王朝の初代王ラーマ1世(チュラーローク将軍)は、1782年に首都をトンブリーからバンコクに移したため、「バンコク王朝」とも呼ばれ、また、バンコクの非常に長い正式名称にも含まれているタイの守護仏の名から、ラッタナーコーシン王朝とも呼ばれる。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見た国際連合教育科学文化機関

    タイ王国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が3件、自然遺産が2件存在する。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見た世界銀行

    2015年のタイのGDPは約3952億ドルであり、東南アジアではインドネシアに次ぐ経済規模である。また、日本の九州とほぼ同じ経済規模でもある。同年の一人当たりのGDPは5,742ドルであり、隣国のカンボジア、ラオス、ミャンマーより遥かに高い反面、中進国とされる資源大国マレーシアに比べると大幅に低い水準である。世界銀行によって発展途上国に分類されている。タイ統計局によると、2009年の世帯当たりの平均所得は月2万903バーツ。一人当たりの平均所得は月6319バーツ。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

423件中 51 - 60件表示