4814件中 31 - 40件表示
  • ナカオ金属工業

    ナカオ金属工業から見たタイ王国タイ王国

    ナカオ金属工業は、1927年(昭和2年)の創業以来、スチール、アルミを素材とする金属加工で、数多くのノウハウを蓄積してきたという。1960年(昭和35年)には現在の株式会社となり、創業から今日に至るまでの過程で製缶・鈑金・溶接から表面処理、塗装、組立までの一貫体制を築き上げ、品質や価格で多くの取引先からの信頼を得ている。また、海外事業にも力を入れ始めており、現在、中国とタイに事業所を置き、新たな顧客獲得を目指している。今後も更なる製品の改良に努め、将来的には、株式の上場も目指していくという。ナカオ金属工業 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡アジア文化賞

    福岡アジア文化賞から見たタイ王国タイ王国

    チャーンウィット・カセートシリ(タイ、政治学・歴史学) 学術研究賞福岡アジア文化賞 フレッシュアイペディアより)

  • 秋篠宮文仁親王

    秋篠宮文仁親王から見たタイ王国タイ王国

    成婚以来、同妃紀子とともに地道に公務を果たす。特にインドネシア・タイなどの東南アジア諸国を公私ともによく訪問し、タイ王室とも交流が深い。秋篠宮文仁親王 フレッシュアイペディアより)

  • プーンサワット・クラティンデーンジム

    プーンサワット・クラティンデーンジムから見たタイ王国タイ王国

    プーンサワット・クラティンデーンジム(、、男性、1980年11月20日 - )は、タイのプロボクサー。元WBA世界バンタム級暫定王者。第29代WBA世界スーパーバンタム級王者。プーンサワット・クラティンデーンジム フレッシュアイペディアより)

  • 太平洋戦争

    太平洋戦争から見たタイ王国タイ王国

    大日本帝国、タイ王国(1942-45)、満州国、中華民国南京国民政府、蒙古自治邦政府、自由インド仮政府、ビルマ独立義勇軍(1941-42のビルマ進攻作戦のみ)太平洋戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 19世紀

    19世紀から見たタイ王国タイ王国

    アジア、アフリカにとっては苦渋の時代であり、トルコ、タイ王国などの国では西欧文化を取り入れ近代化が試みられた。清帝国はアヘン戦争の敗北により、植民地化がはじまる。1853年、アメリカのペリーが浦賀に来航、江戸幕府に開国を認めさせ、日本も欧米を中心とした世界経済に組み込まれた。1868年には長らく続いた幕藩体制は崩壊し(明治維新)、新たに発足した明治政府は欧米文化を摂取して急速な近代化を目指した。19世紀末には、近代化に成功した日本やタイ王国などの一部の国以外は、西欧列強の植民地にされるか、強い影響下におかれた。19世紀 フレッシュアイペディアより)

  • ケダ州

    ケダ州から見たタイ王国タイ王国

    半島部マレーシアの北部西岸に位置しており、州の北側にはプルリス州があり、北東にタイ南端(ヤラー県、ソンクラー県)と国境を接し、南側にはペナン州とペラ州と接している。州都はアロー・スター。ケダ州 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年

    2006年から見たタイ王国タイ王国

    6月9日 - 今上天皇と皇后美智子が、東南アジア3カ国を歴訪。シンガポール、マレーシア、タイをまわり15日に帰国。2006年 フレッシュアイペディアより)

  • 豊饒の海

    豊饒の海から見たタイ王国タイ王国

    シャムの王子。ラーマ5世の息子。日本に留学し、学習院に遊学する。いとこのクリッサダ殿下(クリ)の妹・月光姫が恋人。姫の餞別のエメラルドの指輪を学習院寮で無くしてしまう。豊饒の海 フレッシュアイペディアより)

  • 米

    から見たタイ王国タイ王国

    米の貿易量は、増加傾向で推移している。最大の輸出国はタイで、アメリカ合衆国、インド、パキスタンが続く。上位四か国で、世界の輸出総量の7割を占める。一方、輸入国はフィリピン、ナイジェリア、イラン、イラク、サウジアラビア、マレーシア等で各国100万?200万トンを輸入している。 フレッシュアイペディアより)

4814件中 31 - 40件表示

「タイ」のニューストピックワード