4814件中 71 - 80件表示
  • 少女時代 (音楽グループ)

    少女時代 (音楽グループ)から見たタイ王国タイ王国

    少女時代は、SMエンターテインメントの練習生の中から選抜された9人により結成された。2007年にデビューして以来、ワンダーガールズ やKARAらと共に韓国の女性アイドルグループブームを牽引してきた。韓国だけでなく 中国、台湾、日本、タイ、シンガポールなどアジア各国で活動し、2011年には欧米デビューを果たした。少女時代 (音楽グループ) フレッシュアイペディアより)

  • 仏舎利

    仏舎利から見たタイ王国タイ王国

    仏教が後年に伝来する中国では、多くの僧が仏舎利の奉納されたインドやタイに赴き、仏舎利の収められたストゥーパ(仏舎利を納骨する円すい形の仏塔。日本の卒塔婆のモデルであり語源である)の前で供養した宝石類を「仏舎利の代替品」として持ち帰り、それを自寺の仏塔に納めた。この宝石を仏舎利の代用として奉納する手法は古くから日本でも行われてきた。仏舎利 フレッシュアイペディアより)

  • マラッカ海峡

    マラッカ海峡から見たタイ王国タイ王国

    沿岸国は、インドネシア共和国、マレーシアおよびシンガポール共和国であり、タイ王国を沿岸国に含める場合もある。海運業界では、この海峡付近を「海峡地」と一括して呼称することがあり、主な貿易港にマレー半島側のペナン(ジョージタウン、ペナン州)、ムラカ(英名マラッカ、ムラカ州)、(旧名ポートスウェッテナム、セランゴール州)、シンガポール、スマトラ島側に(リアウ州)などがあり、現代における最大の港湾都市はシンガポールである。マラッカ海峡 フレッシュアイペディアより)

  • プロパガンダ

    プロパガンダから見たタイ王国タイ王国

    王制国の国営放送では、定時ニュースのトップは国王の動静に関する事項であることが多い(絶対制の国に多いが、イギリスやタイなど立憲制の国にも見られる)。プロパガンダ フレッシュアイペディアより)

  • カンボジアの歴史

    カンボジアの歴史から見たタイ王国タイ王国

    1113年、スールヤヴァルマン2世が即位し、国内各地の敵対勢力と戦い国内を統一、国外においても西方のチャオプラヤー川デルタのシャム人やモン人と戦い、南隣のチャンパ王国や東隣の李朝へ攻め入った。王国の範囲は、タイ中部、マレー半島、ベトナム南部に及び、また、彼は寺院建築にも熱心で、クメール美術の最高傑作であり、自身の墓でもあるアンコール・ワットを始め、トマノン、バンテアイ・サムレ()などのヒンドゥー教寺院を建築した。この王の治世も平穏安泰ではなかった。1150年頃死去した。カンボジアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 大和工業

    大和工業から見たタイ王国タイ王国

    1944年に川西航空機の協力工場として設立され、第二次世界大戦の終戦を機に鉄道向け軌道用品の製作・修理に事業転換。そして、1956年に電気炉を完成させ操業を開始。以後は独立系の電気炉メーカーとして鉄鋼製品の製造・販売を行っていた。2003年には鉄鋼事業と重工加工品事業をヤマトスチールとして分社化し、単体としては大和工業グループ(大和グループ)をまとめる持株会社となった。日本国内だけでなく米国に持分法適用会社を、タイと韓国に子会社を持つ。近年、バーレーンとサウジアラビアにも合弁会社を設立した。大和工業 フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見たタイ王国タイ王国

    現時点における海外の販売圏は、オーストラリア・ニュージーランドのほか、アジア(中国・韓国・台湾)および東南アジア(タイ・インドネシア・シンガポール・フィリピン・ベトナム・マレーシア)各国に拡大している。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • ウィルコム

    ウィルコムから見たタイ王国タイ王国

    なおAirH" PHONEの開始に併せて最初は台湾、次いでタイ、ベトナムとPHSの国際ローミングサービスも提供を開始した。ウィルコム フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見たタイ王国タイ王国

    1939年8月の独ソ不可侵条約締結は日本に衝撃を与え、当時の平沼騏一郎内閣は総辞職し、対独同盟派の勢いは停滞した。しかし1940年1月に日米通商航海条約が失効して以降、日米関係は開国以来の無条約時代に突入しており、情勢の打開が求められた。同年6月にフランス降伏、枢軸国の勢力が拡大するに及び、近衛文麿内閣の松岡洋右外相ら枢軸国との提携を主張する声が高まった。7月22日には「世界情勢推移ニ伴フ時局処理要綱」が策定され、基本国策要綱が閣議決定された。ヴィシー政権成立後の9月22日には、フランス領インドシナ総督政府と西原・マルタン協定を締結し、日本軍は北部仏印に進駐した(仏印進駐)。9月27日には日独伊三国同盟が締結された。ルーズベルト大統領は「脅迫や威嚇には屈しない」や「民主主義の兵器廠」などの演説を行い、三国同盟側に対する警戒を国民に呼びかけており、10月16日には日本に対する屑鉄輸出を禁止した。一方、水面下ではアメリカ側から密使が送られ「日米諒解案」の策定が行われるなど日米諒解に向けての動きも存在した。11月23日にはタイとフランス領インドシナ政府との間でタイ・フランス領インドシナ紛争が勃発し、日本の仲介による1941年5月8日の東京条約締結まで続いた。また他方でオランダ領東インド(インドネシア)政府との石油等物品の買い付け交渉が行われていたが、6月17日に交渉は打ち切られた。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 満州国

    満州国から見たタイ王国タイ王国

    しかしその後、ドイツやイタリア、タイ王国など多くの日本の同盟国や友好国、そしてスペイン国などのその後の第二次世界大戦における枢軸寄り中立国も満洲国を承認し、国境紛争をしばしば引き起こしていたソビエト連邦も領土不可侵を約束して公館を設置するに至り、当時の独立国の3分の1以上と国交を結んで独立国として安定した状態に置かれた。アメリカやイギリス、フランスなど国交を結んでいなかった国も国営企業や大企業の支店を構えるなど、人的交流や交易をおこなっていた。満州国 フレッシュアイペディアより)

4814件中 71 - 80件表示