423件中 91 - 100件表示
  • タイ王国

    タイ王国から見た自由貿易協定

    タクシン首相時代は、東南アジアの近隣国との関係強化、主要各国との自由貿易協定(FTA)締結を進める経済中心外交を行い、「アジア協力対話(Asia Cooperation Dialogue:ACD)」を提唱するなど、地域の核となる立場を目指し、2008年7月から2009年12月までASEANの議長国を務めることが決まった。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見たラーマ5世

    ラーマ5世(チュラーロンコーン)は、1873年国政改革に着手し、1892年4月1日12省からなる近代的統治組織を創設した。国王が立法、行政、司法の三権を掌握する絶対王政システムを確立し、教育制度や官僚機関の整備、奴隷解放(1874年)など、タイの近代化をすすめるチャクリー改革を行った。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見たムエタイ

    国技のムエタイはスポーツとしての勝敗だけではなくに賭けとしての関心も高い。総合格闘技の興行はムエタイのイメージを損ない、1999年ボクシング法に触れるものとして、2012年3月27日以降は開催を禁止されている(同法施行に則ってWPMF世界プロムエタイ連盟及びPATタイ王国プロボクシング協会創立された、両組織は同一運営)。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見たラーマ10世

    同年12月1日にワチラーロンコーンが国王に即位した。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見た女性

    寺院に入る際、肌の露出が高い服は拝観を拒否される。女性が僧侶の身体に触るのは禁忌である。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見た無線LAN

    バンコクにはインターネットカフェが多数あり、その多くでは日本語に対応している。また都市部のホテルや空港では無線LANが充実している。そのうえ、近年ではブロードバンド整備が進められており、都市部ではADSLサービスが普及しつつあるが、回線が混雑することが多く速度は遅い。また地方でのインターネット接続環境の整備は遅れており、都市部、特に首都バンコクとの格差は大きい。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見た九州

    2015年のタイのGDPは約3952億ドルであり、東南アジアではインドネシアに次ぐ経済規模である。また、日本の九州とほぼ同じ経済規模でもある。同年の一人当たりのGDPは5,742ドルであり、隣国のカンボジア、ラオス、ミャンマーより遥かに高い反面、中進国とされる資源大国マレーシアに比べると大幅に低い水準である。世界銀行によって発展途上国に分類されている。タイ統計局によると、2009年の世帯当たりの平均所得は月2万903バーツ。一人当たりの平均所得は月6319バーツ。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見た世界遺産

    タイ王国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が3件、自然遺産が2件存在する。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見た日本料理

    タイでは、日本料理がブームとなり、国内に600店以上の日本料理店があるという。市場規模は50億バーツ強。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見たラーマ4世

    ラーマ4世(モンクット)は、自由貿易の推進、仏教の改革などを行った。映画『王様と私』にも登場する。1855年、イギリスと通商条約を結んでからは、コメの輸出が急増し、全国土に稲作地帯ができあがった。それまでは多様な生産であったが、商品としてのコメ、錫、チーク、ゴムなどが輸出されるようになり、モノカルチャー経済に移っていった。当時周辺地域の大半は欧米の植民地・保護領であったが、タイは国土の一部を割譲したに留まっている。英仏両勢力圏の緩衝地帯として独立を維持、植民地化を免れた。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

423件中 91 - 100件表示

「タイ」のニューストピックワード