289件中 31 - 40件表示
  • タイ王国

    タイ王国から見たインラック・シナワトラ

    2006年のクーデター以降は、国民の間でタクシン派の反独裁民主戦線(UDD)と反タクシン派の民主市民連合(PAD)が鋭く対立しており、双方が過去に何度も反政府運動を行って時の政権を混乱に追い込むなど、タイの政治は極めて不安定な情勢にある。UDDとPADは反政府デモを繰り返したが、2011年の総選挙でタクシン派のタイ貢献党(新党プアタイ)政権が誕生し、同党のインラック・シナワトラが首相になると、これを機に両者の活動は一時沈静化した。しかし、2012年以降は不敬罪の廃止やタクシンの処遇を巡って予断を許さない状況が続いている。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見たアピシット・ウェートチャーチーワ

    2006年に軍事クーデターが発生し、1997年タイ王国憲法による民政が停止された。クーデターは国王の介入により収拾され、軍事政権が発足した。同年暫定憲法が公布され、スラユット・チュラーノンが暫定首相に着任した。2007年には2007年タイ王国憲法が公布され、民政復帰が開始された。2007年12月に下院選挙、2008年3月に上院選挙が行われている。2008年1月には選挙の結果を受け、クーデターで政権を追われたタクシン系の文民のサマック・スントラウェートが首相に就任した。サマック首相はテレビ出演を巡るスキャンダルで辞任、10月にタクシン元首相の義弟であるソムチャーイ・ウォンサワットが首相に就任したが、憲法裁判所から選挙違反のため解党命令が出され失職。12月には民主党のアピシット・ウェートチャーチーワが首相となる。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見たソンティ・ブンヤラガリン

    第二次世界大戦後、2006年までに発覚した未遂を含めて16回ものクーデターを計画、実行するほど、軍上層部の政治志向は強い。なお、2006年9月に起きたタイ王国陸軍のソンティ・ブンヤラガリン大将率いる陸軍と警察による無血クーデター以降、2007年に民政復帰するまで、陸軍が中心となった「民主改革評議会」が指名した元陸軍司令官で枢密顧問官を務めたこともあるスラユット・チュラーノン暫定首相率いる、事実上の軍事政権によって国家運営が行われた。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見たマンゴー

    熱帯気候に属するタイは果物の種類も豊富であり、また美味である。特にタイで最も暑い時期とされる4月は、ドリアン、マンゴーなどが市場に出そろう。この季節をタイ人は、「ドリアンの季節」、「マンゴーの季節」とさえ呼んでいる。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見た太平洋戦争

    1940年11月23日に南部仏印に侵攻し、タイ・フランス領インドシナ紛争を引き起こし、1941年5月8日に日本の仲介によって東京条約をフランスと締結して領土を拡大した。太平洋戦争が勃発するとタイは表面上日本と日・タイ攻守同盟を結び枢軸国として戦った。一方でイギリスを中心とした連合国と協力する勢力を黙認していた。こうした二重外交により、戦後の敗戦国処理を逃れた上、連合国を中心に設立された国際連合の敵国条項に名を連ねることもなかった。大戦終結後、国王ラーマ8世は王宮内で他殺体となって発見されたが、真相は究明されず、現国王ラーマ9世が即位した。なお、第二次世界大戦の戦禍に巻き込まれたアジア諸国の多くが日本やヨーロッパ、アメリカの植民地であったが、タイは国土の一部を割譲することにより、これら列強による植民地化を免れた。タイは太平洋戦争中、東南アジア戦線では日本に積極的に協力しており、現地軍の速やかな進軍を助け、兵站、補給など重要な役割を担当している。戦後も日本に対して友好的な交流を続けており、戦争中に設けた日本への借財を割り引くなどしている。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見たGDP

    2011年のタイのGDPは約3456億ドルであり、神奈川県よりやや小さい経済規模である。2011年の一人当たりGDPは5394ドルであり、世界平均の半分程度の水準である。世界銀行によって発展途上国に分類されている。タイ統計局によると、2009年の世帯当たりの平均所得は月2万903バーツ。一人当たりの平均所得は月6319バーツ。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見たブルートレイン (日本)

    日本で使用されなくなった客車が輸出され使用されている。ブルートレインは現地でも「JRクラス」と呼ばれ、割増料金が必要であるにも関わらず、高い快適性から人気がある。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見たブランド

    デパートには必ずと言っていいほどフードコート(食券式のセルフサービス食堂)が併設されている。高級ブランドのブティックばかりが入居する非常にしゃれたデパートにもフードコートはある。屋台よりは若干割高だがそれでも30バーツ程度から食事をすることができ、衛生的にも屋台よりは安心できる印象を与える店も多い。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見たプミポン国王

    なお、この頃より日本や欧米諸国の大企業の進出を背景にした本格的な工業化へのシフトを進めるとともに、それらを背景にした高度経済成長が始まり、バンコクなどの大都市を中心にインフラストラクチャーの整備も急速に進むこととなる。1992年には5月流血革命が発生したものの、プミポン国王の仲裁により収まった。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見たワサビ

    ブームの背景には、「日本の食材=身体に良い」という日本料理への良いイメージが関係しているという。食材としてはワサビが人気。これについては、辛いものが好きなタイ人にとって、日本料理を自分たち好みの味にしてくれるから、という指摘がある。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

289件中 31 - 40件表示

「タイ」のニューストピックワード