1056件中 21 - 30件表示
  • Omnibot 17μ i-SOBOT

    Omnibot 17μ i-SOBOTから見たタカラトミータカラトミー

    Omnibot 17μ i-SOBOT(オムニボットワンセブンミュー アイソボット)はかつてタカラトミーが開発、生産した二足歩行ロボット。Omnibot 17μ i-SOBOT フレッシュアイペディアより)

  • たちばな真未

    たちばな真未から見たタカラトミータカラトミー

    プリティーリズム・オーロラドリーム(原作:タカラトミー・シンソフィア、ぷっちぐみ2011年5月号 - 2012年4月号)たちばな真未 フレッシュアイペディアより)

  • チョコバナナ (雑誌)

    チョコバナナ (雑誌)から見たタカラトミータカラトミー

    くぬぎふみたか - タカラトミーの名物社員。TVチャンピオン「オモチャ王選手権」準優勝・優勝経験あり。オリジナルロボのデザインを多数投稿。実はさくまとは古い付き合いで、「さくま式人生ゲーム」の企画を成立させた立役者の1人。チョコバナナ (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • ワールドタンクミュージアム

    ワールドタンクミュージアムから見たタカラトミータカラトミー

    ワールドタンクミュージアム (World Tank Museum) は、株式会社タカラトミーが発売しているミニチュア戦車シリーズの食玩である。造形の企画制作は株式会社海洋堂。ワールドタンクミュージアム フレッシュアイペディアより)

  • オメガ・スプリーム

    オメガ・スプリームから見たタカラトミータカラトミー

    オメガ・スプリーム (Omega Supreme) は、タカラトミーとハズブロ製作のトランスフォーマーシリーズに登場するキャラクター。『スーパーリンク』『アニメイテッド』などでは「・」(中黒)を付けずにオメガスプリームとも表記される。ここではその派生キャラについても記載。オメガ・スプリーム フレッシュアイペディアより)

  • Mr.ポテトヘッド

    Mr.ポテトヘッドから見たタカラトミータカラトミー

    Mr.ポテトヘッドとは、アメリカの玩具メーカーハズブロ社(日本ではタカラトミー)より発売されている玩具。Mr.ポテトヘッド フレッシュアイペディアより)

  • エア・ギター

    エア・ギターから見たタカラトミータカラトミー

    2009年にはエアギター玩具を発売したタカラトミー在勤(当時)のMAYがチャンピオンとなっていて史上初の女性チャンピオンが誕生した。2014年はアイドルの名倉七海が優勝し、2人目の女性チャンピオンにして最年少日本チャンピオン(当時)が誕生した。2016年は女性レゲエダンサーのTAMが優勝し、同年の第67回NHK紅白歌合戦でRADIO FISHのバックダンサーの一人として紅白のステージに立っている。エア・ギター フレッシュアイペディアより)

  • タクティカルロア

    タクティカルロアから見たタカラトミータカラトミー

    2006年7月発売。発売元:タカラトミー、製作元:ピットロード。レジンキャスト製フルハル(喫水線下を含む全船体を再現)モデルで、着色済み完成モデルと組み立てキットがそれぞれ限定販売された。スケールは多くの艦船モデルと同じ1/700だが、本艦は架空の艦船であることから「F(フィクション)/700」と表記されている。なお、このモデルのパッケージはハルニコ社が同艦の就航50周年を記念して頒布したとの設定でデザインされている。格納庫シャッター開/閉選択可能、同スケールのカモメ付き。タクティカルロア フレッシュアイペディアより)

  • 光線銃

    光線銃から見たタカラトミータカラトミー

    1980年代に入ると、赤外線を発射する事でセンサーを動作させ、音や光・振動などで赤外線が当たった事を知らせる玩具が米国で発売、本来はサバイバルゲームに用いるエアソフトガンはまだ危なくて持たせられない児童らに手軽にサバイバルゲームを楽しんでもらう製品だったはずが、高校生や大学生の間でも(エアガンの弾が散乱しないで済む)玩具として爆発的な流行を見せ、日本でも1987年に前後してセガ(後のセガゲームス)よりジリオンシリーズ(同玩具のヒットを狙って同名アニメーション作品が放映された)が、トミー(後のタカラトミー)からはサバイバーショットシリーズが発売され、一部筋では後片付けを考えなくていい簡易サバイバルゲーム用玩具として人気を博した。光線銃 フレッシュアイペディアより)

  • 子供向けアニメ

    子供向けアニメから見たタカラトミータカラトミー

    『月刊コロコロコミック』や『ちゃお』(共に小学館発行)等の児童向け漫画雑誌で連載された漫画や『ポケットモンスター』(任天堂)のような低年齢層に人気のキャラクターやコンピュータゲームなどを原作とし、複雑な伏線等の仕込みや入り組んだ人間関係等と無縁のシンプルな作品で、基本的に情操教育的面もあり、子供の精神的発育に資するような友情や思いやり、他人への配慮といった感情や感性を涵養するような作品テーマではあるが、一方で、玩具を販売するバンダイ、タカラトミー、セガトイズなどの思惑が反映され、主人公が使用するマシンや道具、変身グッズが強調される販促番組となることで存続している。玩具メーカーの他、小学館・集英社・講談社など大手出版社、ショウワノート・サンスター文具のセイカブランドなどの文具メーカーや、食品メーカーが主要スポンサーとして参加している。子供向けアニメ フレッシュアイペディアより)

1056件中 21 - 30件表示

「タカラトミー」のニューストピックワード