74件中 21 - 30件表示
  • タカラトミー

    タカラトミーから見たハローキティ

    ハローキティ ハッピースウィーツクッキングタカラトミー フレッシュアイペディアより)

  • タカラトミー

    タカラトミーから見たベイブレード

    この頃、タカラはヒット商品を相応に出してはいたが、ベイブレードブーム終了の反動で過剰な在庫を抱えることが多発した事や、別途展開していたチョロQ実車化によるミニカー事業や家電品事業がそれぞれ失敗したことで経営危機に陥り、廃業倒産の危機にあった。タカラトミー フレッシュアイペディアより)

  • タカラトミー

    タカラトミーから見た少子化

    21世紀初頭、日本の玩具業界は1990年代後半から続く少子化の流れを受けて縮小傾向にあり、業界大手のバンダイが大手ゲームメーカーのナムコと経営統合するなど、業界再編が進んでいた。タカラトミー フレッシュアイペディアより)

  • タカラトミー

    タカラトミーから見た2009年

    2009年(平成21年)1月1日 - ユージン、ハートランド、すばる堂、ユーメイトの4社が合併。同年1月5日より社名をタカラトミーアーツへ変更。タカラトミー フレッシュアイペディアより)

  • タカラトミー

    タカラトミーから見たタムソフト

    タカラトミーはゲーム事業に力を入れる事を公言し、インデックスと合弁会社・タカラトミーエンタメディア(旧・タカラモバイルエンタテインメント)を設立した。しかし、タカラトミーエンタメディア社はゲームソフト開発会社ではなくパブリッシャー(発売専門)会社であり、実際の開発は、ドリームファクトリーなど、設立以前と同様外部ソフトメーカーに完全に依存している。合併前は、タムソフトやE-GAMEやバーンハウスエフェクトなどが主に実制作を担当していた。タカラトミー フレッシュアイペディアより)

  • タカラトミー

    タカラトミーから見た壽屋 (玩具店)

    ※(2009年3月にてゾイドリバースセンチュリーシリーズの商品展開終了に伴い展開終了。コトブキヤとのコラボレート企画商品であるHMMシリーズが展開中)タカラトミー フレッシュアイペディアより)

  • タカラトミー

    タカラトミーから見たタカラトミーエンタメディア

    タカラトミーはゲーム事業に力を入れる事を公言し、インデックスと合弁会社・タカラトミーエンタメディア(旧・タカラモバイルエンタテインメント)を設立した。しかし、タカラトミーエンタメディア社はゲームソフト開発会社ではなくパブリッシャー(発売専門)会社であり、実際の開発は、ドリームファクトリーなど、設立以前と同様外部ソフトメーカーに完全に依存している。合併前は、タムソフトやE-GAMEやバーンハウスエフェクトなどが主に実制作を担当していた。タカラトミー フレッシュアイペディアより)

  • タカラトミー

    タカラトミーから見たクローバー (玩具メーカー)

    倒産したクローバーの後を引き継いだ。タカラトミー フレッシュアイペディアより)

  • タカラトミー

    タカラトミーから見たトイボックス

    合併以前には、スター・ウォーズ・シリーズのキャラクターがビークルに変形するスター・ウォーズ・トランスフォーマーシリーズは国内での正規輸入販売が行えなかった。これはハズブロで製作されたその玩具シリーズは、スター・ウォーズとトランスフォーマーに関する版権を米国では共にハスブロが持っているが国内ではトミーとタカラで分かれていたためである。合併により国内での版権問題が解消され、同商品は基本的にスター・ウォーズのラインナップとして国内販売されている。同様にトランスフォーマーシリーズの一部トイはトイボックスの商品をハズブロが海外ラインナップに組み込んだために国内販売が出来なかったが、開発を行ったトミーが金型を持っていたことが判明したためにトイボックスの協力を得て復刻・初の国内販売が実現した。タカラトミー フレッシュアイペディアより)

  • タカラトミー

    タカラトミーから見たイトーヨーカ堂

    2007年(平成19年)4月17日 - 赤ちゃん本舗との資本提携の合意内容を見直すと発表。その後、赤ちゃん本舗はセブン&アイ・ホールディングス(イトーヨーカ堂)の傘下に入った。タカラトミー フレッシュアイペディアより)

74件中 21 - 30件表示

「タカラトミー」のニューストピックワード