100件中 31 - 40件表示
  • タカラトミー

    タカラトミーから見たタムソフト

    合併当初はゲーム事業に力を入れる事を公言し、旧・タカラモバイルエンタテインメントを改組してインデックスとの合弁会社・タカラトミーエンタメディア(後のタカラトミーフィールドテック)を設立した。しかし、エンタメディア社はゲームソフト開発会社ではなくパブリッシャー(発売専門)会社であり、実際の開発は、ドリームファクトリーなど、設立以前と同様外部ソフトメーカーに完全に依存している。合併前は、タムソフトやE-GAMEやバーンハウスエフェクトなどが主に実制作を担当していた。タカラトミー フレッシュアイペディアより)

  • タカラトミー

    タカラトミーから見た工画堂スタジオ

    工画堂スタジオ - 資本関係は存在しない。旧タカラ時代にデザイン制作部が女児玩具のパッケージデザイン等を手がけて以来取引が続いており(同社サイトの「会社概要→沿革」によると、1968年に取引開始とある)、ソフトウェア開発部ではPHOENIXというブランドによるパソコン用ゲームソフトの開発支援を行っていた。タカラトミー フレッシュアイペディアより)

  • タカラトミー

    タカラトミーから見たバンダイ

    21世紀初頭、日本の玩具業界は1990年代後半から続く少子化の流れを受けて縮小傾向にあり、業界大手のバンダイが大手ゲームメーカーのナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)と経営統合するなど、業界再編が進んでいた。タカラトミー フレッシュアイペディアより)

  • タカラトミー

    タカラトミーから見たタカラトミーアイビス

    11月1日 - 当社の連結子会社である株式会社タカラトミービジネスサービス、株式会社タカラトミーエンジニアリング、トミー興産株式会社の国内機能子会社3社は、株式会社タカラトミービジネスサービスを存続会社として合併され、株式会社タカラトミーアイビスとなった。タカラトミー フレッシュアイペディアより)

  • タカラトミー

    タカラトミーから見たトミー (企業)

    株式会社タカラトミーは、東京都葛飾区に本社を置く日本の玩具メーカー。2006年(平成18年)3月1日に大手玩具メーカーであるタカラとトミーが合併することによって誕生した。タカラトミー フレッシュアイペディアより)

  • タカラトミー

    タカラトミーから見たiXIT

    この様な経緯により、共に葛飾区に本社を持つ両社は水面下で企業提携などを含めた交渉を図り、最終的には合併という形に落ち着いた。もっともこの合併は決して平坦ではなく、一時は物別れになりそうなところをインデックスグループ(当時)のCEOだった落合正美が間に入って合併にこぎつけている。なお、タカラトミーはインデックスの民事再生法申請前の2013年6月12日に、インデックスが「金融商品取引法違反容疑による証券取引等監視委員会の調査について」を公表したことを受けて、保有していたインデックス株全株を売却し、インデックスとの関係も、インデックスが保有していたタカラトミー全株式の売却、インデックスが行っていた事業が2013年11月1日にセガ(後のセガゲームス)の子会社であるインデックス(新社、後にアトラス〈新社〉とインデックス〈2代目、後のiXIT〉へ会社分割)へ譲渡されたことにより、2013年10月までに関係を解消している。タカラトミー フレッシュアイペディアより)

  • タカラトミー

    タカラトミーから見たセガゲームス

    この様な経緯により、共に葛飾区に本社を持つ両社は水面下で企業提携などを含めた交渉を図り、最終的には合併という形に落ち着いた。もっともこの合併は決して平坦ではなく、一時は物別れになりそうなところをインデックスグループ(当時)のCEOだった落合正美が間に入って合併にこぎつけている。なお、タカラトミーはインデックスの民事再生法申請前の2013年6月12日に、インデックスが「金融商品取引法違反容疑による証券取引等監視委員会の調査について」を公表したことを受けて、保有していたインデックス株全株を売却し、インデックスとの関係も、インデックスが保有していたタカラトミー全株式の売却、インデックスが行っていた事業が2013年11月1日にセガ(後のセガゲームス)の子会社であるインデックス(新社、後にアトラス〈新社〉とインデックス〈2代目、後のiXIT〉へ会社分割)へ譲渡されたことにより、2013年10月までに関係を解消している。タカラトミー フレッシュアイペディアより)

  • タカラトミー

    タカラトミーから見たドリームファクトリー (企業)

    合併当初はゲーム事業に力を入れる事を公言し、旧・タカラモバイルエンタテインメントを改組してインデックスとの合弁会社・タカラトミーエンタメディア(後のタカラトミーフィールドテック)を設立した。しかし、エンタメディア社はゲームソフト開発会社ではなくパブリッシャー(発売専門)会社であり、実際の開発は、ドリームファクトリーなど、設立以前と同様外部ソフトメーカーに完全に依存している。合併前は、タムソフトやE-GAMEやバーンハウスエフェクトなどが主に実制作を担当していた。タカラトミー フレッシュアイペディアより)

  • タカラトミー

    タカラトミーから見た壽屋 (玩具店)

    ※(2009年にて一時商品展開終了。2018年6月から新シリーズ『ゾイドワイルド』の商品展開予定。コトブキヤとのコラボレート企画商品であるHMMシリーズが展開中)タカラトミー フレッシュアイペディアより)

  • タカラトミー

    タカラトミーから見たタカラトミーマーケティング

    2010年(平成22年)4月1日 - ユーエース、ユニオントイマーケティングの2社が合併。(存続会社はユーエース)タカラトミー フレッシュアイペディアより)

100件中 31 - 40件表示

「タカラトミー」のニューストピックワード