タクシン・シナワット ニュース&Wiki etc.

タクシン・チナワット(, , , 1949年7月26日 - )は、タイ王国出身の実業家、政治家。拓殖大学客員教授。イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティFC元会長である。以下のような経緯のため、現在の国籍は不明である。 (出典:Wikipedia)

「タクシン・シナワット」Q&A

  • Q&A

    タイのシナワット・インラック首相(♀)が外遊で行く先々を、タイを逃げ出した兄のタクシ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2012年11月29日 00:02

  • Q&A

    タイの首相の名前を、姓ではなく名で呼ぶのはタイの習慣なのでしょうか。 タイの首相の名…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2012年7月2日 19:48

  • Q&A

    タクシン派と反タクシン派の暴徒化について アピシットが敗北宣言し、 タクシン氏の実妹…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2011年7月5日 00:44

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「タクシン・チナワット」のつながり調べ

  • タイの歴史 (1973年 - )

    タイの歴史 (1973年 - )から見たタクシン・チナワット

    1980年代の大部分の期間は、プレーム・ティンスーラーノン首相(議会政治を回復した民主的傾向のある独裁者)が政権を握った。その後、1991年から1992年までの短期間の軍政を別として、タイは民主主義を保持し続けた。タクシン・チナワット首相によって率いられたタイ愛国党は、2001年から2006年まで政権の座に着いた。2006年9月、タイ愛国党に申し立てられた汚職に対する大きな批判に促された軍がクーデターを決起したが、翌2007年12月の総選挙によって文民政治が回復した。(タイの歴史 (1973年 - ) フレッシュアイペディアより)

  • タイの違法産業

    タイの違法産業から見たタクシン・チナワット

    さらに2003年、首相・タクシン・チナワットは麻薬一掃作戦(麻薬に対する戦争)を行い、麻薬、新型薬物の蔓延に対抗した。しかし、苛烈な取り締まりで多くの死傷を出すことになる。冤罪問題を含めて、大きな人権問題となった。また、逮捕されたうち中核的人物と見られている人物などは即座に釈放となり大した成果を上げることが出来なかったという見方もある。この麻薬撲滅の政府方針は、タクシン後の政権でも一貫して引き継がれている。(タイの違法産業 フレッシュアイペディアより)

「タクシン・チナワット」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「タクシン・シナワット」のニューストピックワード