前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
106件中 1 - 10件表示
  • タイ軍事クーデター (2006年)

    タイ軍事クーデター (2006年)から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    タイ軍事クーデター(タイぐんじクーデター)は、2006年9月19日、タイ王国軍の反タクシン派将校が下士官・兵士を率いて、タクシン政権を倒した軍事クーデター事件。タイ軍事クーデター (2006年) フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2006年に軍事クーデターが発生し、1997年タイ王国憲法による民政が停止され、タクシン・チナワット政権が崩壊した。クーデターは国王の介入により収拾され、直ちに陸軍大将のソンティ・ブーンヤラッガリンを首班とする軍事政権が発足した。同年、暫定憲法が公布され、スラユット・チュラーノンが首相に着任した。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • タイの歴史 (1973年 - )

    タイの歴史 (1973年 - )から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    1980年代の大部分の期間は、議会政治を回復した民主的傾向のある独裁者であったプレーム・ティンスーラーノン首相が政権を握った。その後、1991年から1992年までの短期間の軍政を別として、タイは民主主義を維持し続けた。2001年から2006年までタクシン・チナワット首相が率いるタイ愛国党が政権の座に就いたが、2006年9月にタイ愛国党に対する汚職疑惑への大きな不満を背景に軍がクーデターを起こし、翌2007年12月の総選挙によって文民政治が回復した。タイの歴史 (1973年 - ) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の政治

    2006年の政治から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    4月4日 - タイでタクシン・チナワット首相が退陣。2006年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • アピシット・ウェーチャチーワ

    アピシット・ウェーチャチーワから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2011年2月24日に行われたタイ貢献党所属議員の質問で、自身がイギリスとタイの多重国籍者であることを正式に認め、「必要なら放棄も可能で、その場合複数の国のパスポートを所持している方にも同じ様に放棄してもらいたい」と発言している。アピシット・ウェーチャチーワ フレッシュアイペディアより)

  • 恩赦

    恩赦から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    また、近年の例としては、タイのインラック政権が政治犯への恩赦を宣言し注目を集めたものの、実兄で汚職への関与が疑われ有罪判決も受けているタクシン元首相の政界復帰や資産凍結の解除が目的ではないかとの批判を受け、国内の名門大学をはじめとする多数の民間機関が抗議し、大規模なデモに発展した。インラック政権は結局、恩赦法の制定を断念した。恩赦 フレッシュアイペディアより)

  • 開発独裁

    開発独裁から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    例えば、中華民国の蒋経国、韓国の朴正煕は過去に共産党員だった経験から、政治将校や計画経済などの共産主義のノウハウを取り入れた。タイのタクシン・チナワット政権、シンガポールの人民行動党のように共産主義勢力と関係を結んだ例もある。インドネシアでもフィリピンでもマレーシアでも五カ年計画が行われた。つまり、開発独裁と共産主義は親和性がないとは限らない。開発独裁 フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・シナワット

    タクシン・シナワットから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    タクシン・シナワット フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・シナワトラ

    タクシン・シナワトラから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    タクシン・シナワトラ フレッシュアイペディアより)

  • タクシン

    タクシンから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    タクシン・チナワット - タイ王国の政治家、実業家。同国第31代首相。タクシン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
106件中 1 - 10件表示

「タクシン・シナワット」のニューストピックワード