前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
88件中 1 - 10件表示
  • アピシット・ウェーチャチーワ

    アピシット・ウェーチャチーワから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2011年2月24日に行われたタイ貢献党所属議員の質問で、自身がイギリスとタイの二重国籍者であることを正式に認め、「必要なら放棄も可能で、その場合複数の国のパスポートを所持している方にも同じ様に放棄してもらいたい」と発言している。アピシット・ウェーチャチーワ フレッシュアイペディアより)

  • 開発独裁

    開発独裁から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    例えば、台湾の蒋経国、韓国の朴正煕は過去に共産党員だった経験から、政治将校や計画経済などの共産主義のノウハウを取り入れた。タイのタクシン・チナワット政権、ブラジルのジェトゥリオ・ドルネレス・ヴァルガス政権、シンガポールの人民行動党のように共産主義勢力と関係を結んだ例もある。インドネシアでもフィリピンでもマレーシアでも五カ年計画が行われた。つまり、開発独裁と共産主義は親和性がないとは限らない。開発独裁 フレッシュアイペディアより)

  • 人民の力党

    人民の力党から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    たが、2007年7月29日に、解党を命じられた旧タイ愛国党(タクシン・チナワット元首相派)の元議員が大挙して入党し、事実上タクシン派の政党となった。人民の力党 フレッシュアイペディアより)

  • タイの歴史 (1973年 - )

    タイの歴史 (1973年 - )から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    1980年代の大部分の期間は、プレーム・ティンスーラーノン首相(議会政治を回復した民主的傾向のある独裁者)が政権を握った。その後、1991年から1992年までの短期間の軍政を別として、タイは民主主義を保持し続けた。タクシン・チナワット首相によって率いられたタイ愛国党は、2001年から2006年まで政権の座に着いた。2006年9月、タイ愛国党に申し立てられた汚職に対する大きな批判に促された軍がクーデターを決起したが、翌2007年12月の総選挙によって文民政治が回復した。タイの歴史 (1973年 - ) フレッシュアイペディアより)

  • タイ軍事クーデター (2006年)

    タイ軍事クーデター (2006年)から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    国連本部において開催される国連総会に出席する為、ニューヨークを訪問中のタクシン・チナワット首相は、この報を聞くと即座に陸軍総司令官のソンティ・ブーンヤラッガリンを解任した。タイ軍事クーデター (2006年) フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・シナワット

    タクシン・シナワットから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    タクシン・シナワット フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国士官学校予科

    タイ王国士官学校予科から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    タクシン・チナワット - 第31代タイ首相(10期)タイ王国士官学校予科 フレッシュアイペディアより)

  • プラチャー・タット

    プラチャー・タットから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    同紙は、主流ならびにさまざまな政治関連の論説に多くの紙面を割いている。紙の立場は国会制度、民主制度、立憲君主制の強化改善する立場をとる。その一方で国家治安評議会、民主市民連合といった、クーデター及び法に従った政治参加を拒絶するデモに対して反対している。そのために、タクシン・チナワット元首相と国民の力党のスポークスマン、支援者と見なされている。タクシン元首相は雑誌「プラチャータット」を所有するプラチャータット・グループの出資者の一人でもある。プラチャー・タット フレッシュアイペディアより)

  • タイ・ポスト

    タイ・ポストから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2005年から2007年のタイ政治危機の際には、タクシン政権により圧力を受け、会員にのみ販売していたが、現在は通常通り販売を行っている。タイ・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・シナワトラ

    タクシン・シナワトラから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    タクシン・シナワトラ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
88件中 1 - 10件表示

「タクシン・シナワット」のニューストピックワード