106件中 11 - 20件表示
  • カンボジア・シナワトラ

    カンボジア・シナワトラから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    カンボジア・シナワトラは、カンボジアの大手電気通信事業者。タイの首相タクシン・チナワット率いるシン・コーポレーション・グループ系列の会社サテルの完全子会社。Bot方式で事業権を獲得し、携帯電話、固定電話、インターネットサービスプロバイダを行う。カンボジア・シナワトラ フレッシュアイペディアより)

  • ラオ・テレコム

    ラオ・テレコムから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    ラオ・テレコムは、ラオスの政府系電話会社。持ち株率は51%がラオス政府、49%が隣国タイの首相タクシン・チナワット率いるシン・コーポレーション・グループの子会社サテル。経営主体はサテル。ラオ・テレコム フレッシュアイペディアより)

  • 一村一製品運動

    一村一製品運動から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    一村一製品運動(いっそんいちせいひんうんどう、One Tambon One Product ConceptあるいはOTOP、หนื่งตำบลหหนื่งผลิตภัณท์)は、タイの首相であるタクシン・チナワットによって提案された地域おこし運動。町ごとに特産品を作ることで経済の活発化を図った。一村一製品運動 フレッシュアイペディアより)

  • 母国党

    母国党から見たタクシン・シナワットタクシン・チナワット

    2008年創設。タクシン・シナワットが創設した旧タイ愛国党のなかのワダ会派(ムスリム政治家の派閥)や国家貢献党からの離脱者が結成した。主な支持基盤はタイ深南部三県に多いムスリム住民。母国党 フレッシュアイペディアより)

  • プラチャー・タット

    プラチャー・タットから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    同紙は、主流ならびにさまざまな政治関連の論説に多くの紙面を割いている。紙の立場は国会制度、民主制度、立憲君主制の強化改善する立場をとる。その一方で国家治安評議会、民主市民連合といった、クーデター及び法に従った政治参加を拒絶するデモに対して反対している。そのために、タクシン・チナワット元首相と国民の力党のスポークスマン、支援者と見なされている。タクシン元首相は雑誌「プラチャータット」を所有するプラチャータット・グループの出資者の一人でもある。プラチャー・タット フレッシュアイペディアより)

  • タイ・ポスト

    タイ・ポストから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2005年から2007年のタイ政治危機の際には、タクシン政権により圧力を受け、会員にのみ販売していたが、現在は通常通り販売を行っている。タイ・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国士官学校予科

    タイ王国士官学校予科から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    タクシン・チナワット - 第31代タイ首相(10期)タイ王国士官学校予科 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国警察士官学校

    タイ王国警察士官学校から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    タクシン・チナワット - 第31代タイ首相タイ王国警察士官学校 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国におけるLGBTの権利

    タイ王国におけるLGBTの権利から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    タイ元首相のタクシン・チナワットは反ポルノグラフィのキャンペーンを起こしたことでも知られ、LGBTに関連する出版物が押収・禁止されることがあったが、2007年から政府の方針が転換し、ゲイに関連する出版は規制が緩やかになった。タイ王国におけるLGBTの権利 フレッシュアイペディアより)

  • 国民党 (タイ)

    国民党 (タイ)から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2001年下院総選挙後にはタクシン・チナワットを首相とするタイ愛国党主導の連立政権に参加したが、その後に愛国党に合流していった新希望党や国家開発党などと異なり一部派閥が移籍しただけで党本体はバンハーンの意向で解党・合流せず、党を存続させた。2005年総選挙後は、愛国党がタイ政治史上初の単独政権を樹立したため下野。無効となった2006年総選挙では、他の野党とならび選挙ボイコットに加わった。2007年12月の総選挙では37議席を獲得し、選挙後は、事実上、愛国党を引き継いだ人民の力党が主導するサマック政権に参加した。国民党 (タイ) フレッシュアイペディアより)

106件中 11 - 20件表示

「タクシン・シナワット」のニューストピックワード