88件中 11 - 20件表示
  • タクシン

    タクシンから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    タクシン・チナワット - タイ王国の政治家、実業家。同国第31代首相。タクシン フレッシュアイペディアより)

  • CSロックス・インフォ

    CSロックス・インフォから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    CSロックス・インフォは、タイ業界最大のインターネット接続会社。2003年(タイ仏歴2546年)、タクシン首相率いるシン・コーポレーション・グループの子会社サテルのCSインターネット社とカシコーン銀行(旧称、タイ農民銀行、泰華農民銀行)系列のインターネット接続業者ロックス・インフォ社が合併してできた。CSロックス・インフォ フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国警察士官学校

    タイ王国警察士官学校から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    タクシン・チナワット - 第31代タイ首相タイ王国警察士官学校 フレッシュアイペディアより)

  • タイ団結

    タイ団結から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2006年のクーデターでタクシン・チナワット首相のタイ愛国党政権が倒れたのち、財務相・商務相を兼ねタクシン政権の経済政策を担う副首相だったソムキット・チャトゥスリピタックらが愛国党を離れ、2007年に結成した。大衆党の党首だったアネーク・ラオタンマラットもこの党の結成に加わった。その後、相前後して再結成された国家開発党と合同し、タイ団結国家開発党となった。タイ団結 フレッシュアイペディアより)

  • 国家貢献党

    国家貢献党から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2007年9月に旧タクシン派にも野党勢力にも組しない第三勢力を結集するとして結成された。前後に結成された新党の中では最も後発の政党であったが、有力な勢力を保ち、そのため軍部が政界に影響力を残すために結成した政党と見られたこともある。国家貢献党 フレッシュアイペディアより)

  • 臣民党

    臣民党から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    タイ愛国党の反タクシン派だったサノ・ティエントンが、愛国党を離党し、2006年1月に結成した。その経緯から愛国党離脱者の軸となるとも目されたが、ほかに有力な新党が次々と結成されたこともあり、2007年12月の総選挙では5議席にとどまった。選挙後は人民の力党主導のサマック連立政権に参加した。同政権の崩壊後はアピシット・ウェーチャチーワ首相率いる民主党主導の連立政権には参加せず、人民の力党の後継政党であるタイ貢献党とともに野党となった。臣民党 フレッシュアイペディアより)

  • コム・チャット・ルック

    コム・チャット・ルックから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    コム・チャット・ルック紙は、2006年3月24日に反タクシン政権運動を指導していたソンティ・リムトーングン(???? ??????????:経済紙「プーヂャッガーン」の創始者、民主市民連合の指導者)の発言の一部を紙上に掲載したが、その引用内容に国王ラーマ9世に退位を勧めたように取られる誤引用があった。そのため同新聞社に対して抗議運動が行われた。コム・チャット・ルック フレッシュアイペディアより)

  • サマック・スントラウェート

    サマック・スントラウェートから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2007年12月の総選挙では人民の力党が第1党に躍進し、人民の力党、国民党、国家貢献党、タイ団結国家開発党、中道主義党、臣民党の6党からなるサマック政権が発足した。旧愛国党の多数の勢力に首相として担がれたことや、「タクシンの代理人」と公言していたことなどからサマックはタクシン元首相の傀儡にすぎないという声もあれば、アクの強いサマックは簡単にタクシンの思い通りにはならないだろうと予想する向きもあった。サマック・スントラウェート フレッシュアイペディアより)

  • ソムチャーイ・ウォンサワット

    ソムチャーイ・ウォンサワットから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    妻はタクシン・チナワットの妹、長女も下院議員に当選している。ソムチャーイ・ウォンサワット フレッシュアイペディアより)

  • ヤーバー

    ヤーバーから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    ヤーバーはタイで眠気覚ましに使うトラック運転手のためガソリンスタンドで売られていたが、1970年代にタイ政府によって違法薬物に指定された。多数の長距離バスの事故や、2003年以前からのタクシン元首相による薬物密売排除キャンペーンの後、薬物を使うバスの運転手は以前よりも減った。取り締まりの結果、小売価格は一錠100?150バーツから250?450バーツに上がっているが、いまだポピュラーなパーティードラッグである。ヤーバー フレッシュアイペディアより)

88件中 11 - 20件表示

「タクシン・シナワット」のニューストピックワード