106件中 21 - 30件表示
  • 科学技術省 (タイ)

    科学技術省 (タイ)から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    科学技術省は、ターニン政権の時に設置された科学技術計画審議小委員会によって科学技術エネルギー省として設置を提言されたが、政権が変わり、実施されなかった。クリエンサック政権になり、1979年3月24日、科学技術エネルギー省として設置。さらにその後、1982年4月4日、科学技術環境省と改称する。2002年にタクシン政権により省庁再編が行われ、現在の科学技術省に改称された。科学技術省 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • 臣民党

    臣民党から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    タイ愛国党の反タクシン派だったサノ・ティエントンが、愛国党を離党し、2006年1月に結成した。その経緯から愛国党離脱者の軸となるとも目されたが、ほかに有力な新党が次々と結成されたこともあり、2007年12月の総選挙では5議席にとどまった。選挙後は人民の力党主導のサマック連立政権に参加した。同政権の崩壊後はアピシット・ウェーチャチーワ首相率いる民主党主導の連立政権には参加せず、人民の力党の後継政党であるタイ貢献党とともに野党となった。臣民党 フレッシュアイペディアより)

  • サマック・スントラウェート

    サマック・スントラウェートから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2007年12月の総選挙では人民の力党が第1党に躍進し、人民の力党、国民党、国家貢献党、タイ団結国家開発党、中道主義党、臣民党の6党からなるサマック政権が発足した。旧愛国党の多数の勢力に首相として担がれたことや、「タクシンの代理人」と公言していたことなどからサマックはタクシン元首相の傀儡にすぎないという声もあれば、アクの強いサマックは簡単にタクシンの思い通りにはならないだろうと予想する向きもあった。サマック・スントラウェート フレッシュアイペディアより)

  • 反独裁民主戦線

    反独裁民主戦線から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2006年(平成18年)のタイ軍事クーデターによって失脚したタクシン・チナワット元首相の支持者が中心となっていることからタクシン派とも呼ばれている。また、タイの国旗の中にある国民の団結心と国家を表す赤をシンボルカラーにしており、赤色の衣類を身につけてデモ活動に参加する構成員が殆どであることから、通称として赤シャツ隊や赤服軍団と呼ばれることもある。反独裁民主戦線 フレッシュアイペディアより)

  • アジア債券市場

    アジア債券市場から見たタクシン・シナワットタクシン・チナワット

    また2000年5月には、当時まだ構想段階であったアジア債権ファンドを基に、タイのタクシン・シナワット首相がASEAN+3財相会議においてアジア債券市場構想を打ち出し、2003年8月のASEAN+3財相会議では、アジアにおいて様々な通貨・期間での債権を発効して市場に厚みを持たせる事で、流動性を備えた債権市場の育成を目的に「アジア債券市場育成イニシアティブ」の推進が取り決められた。インフラ面での諸問題を踏まえたものとなっており、1.新たな債務担保証券の開発、2.信用保証メカニズム、3.外国為替取引と決済メカニズム、4.現地通貨建て債券の発行、5.地域の格付機関、6.技術支援、という6つのワーキンググループによって、その具体化が進められている。これは前年(2002年)12月の非公式会合で日本から提示された包括的なイニシアティブであるが、日本政府はまた政府系金融機関国際協力銀行(JBIC)と一体的に発展途上国の法整備の指導や先行事例の確立に努めるなどした。アジア債券市場 フレッシュアイペディアより)

  • 深南部 (タイ)

    深南部 (タイ)から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    タクシン・チナワットが首相になるやいなや、タクシンの強権的な政治体制が深南部三県の住民を刺激し事態は一気に悪化した。2004年4月28日には、大規模な武力衝突がクルーセ・モスクで起こっている。深南部 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • スカムポン・スワナタット

    スカムポン・スワナタットから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    タイ士官候補生学校に学び、タクシン・チナワット(後の首相)と同期生となった後、タイ空軍士官学校を卒業して空軍軍人となる。その後、空軍司令官補まで昇進したが、2006年のタイ軍事クーデターでタクシン政権が倒れると、閑職に追われた。スカムポン・スワナタット フレッシュアイペディアより)

  • セントラルワールド

    セントラルワールドから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2010年4月、元首相タクシン・チナワットの支持者が治安部隊と衝突。その際に建物を放火し、大部分が焼失した。セントラルワールド フレッシュアイペディアより)

  • 実力行使

    実力行使から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    問題が発端した初期段階では話し合いなどで解決させるという事を試みていたものの、それでは不可能だと判断された場合に解決手段を実力行使に切り替えるという場合が度々存在する。最近行われた実力行使の例としては、2010年5月にタイ、バンコクでのタクシン元首相派による都心部占拠の排除が挙げられる。実力行使 フレッシュアイペディアより)

  • タイの違法産業

    タイの違法産業から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    さらに2003年、首相・タクシン・チナワットは麻薬一掃作戦(麻薬に対する戦争)を行い、麻薬、新型薬物の蔓延に対抗した。しかし、苛烈な取り締まりで多くの死傷を出すことになる。冤罪問題を含めて、大きな人権問題となった。また、逮捕されたうち中核的人物と見られている人物などは即座に釈放となり大した成果を上げることが出来なかったという見方もある。この麻薬撲滅の政府方針は、タクシン後の政権でも一貫して引き継がれている。タイの違法産業 フレッシュアイペディアより)

106件中 21 - 30件表示

「タクシン・シナワット」のニューストピックワード