88件中 31 - 40件表示
  • 母国党

    母国党から見たタクシン・シナワットタクシン・チナワット

    2008年創設。タクシン・シナワットが創設した旧タイ愛国党のなかのワダ会派(ムスリム政治家の派閥)や国家貢献党からの離脱者が結成した。主な支持基盤はタイ深南部三県に多いムスリム住民。母国党 フレッシュアイペディアより)

  • タイ誇り党

    タイ誇り党から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2008年に憲法裁判所が中道主義党に党ぐるみの選挙違反で解党を命令する判決を下したため、事実上その後継となった政党である。ここにタクシン派の人民の力党解党ののちタイ貢献党に参加せず、民主党主導のアピシット・ウェーチャチーワ連立政権樹立の立役者となったネウィン・チットチョープ率いるグループが合流した。タイ誇り党 フレッシュアイペディアより)

  • 国民党 (タイ)

    国民党 (タイ)から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2001年下院総選挙後にはタクシン・チナワットを首相とするタイ愛国党主導の連立政権に参加したが、その後に愛国党に合流していった新希望党や国家開発党などと異なり一部派閥が移籍しただけで党本体はバンハーンの意向で解党・合流せず、党を存続させた。2005年総選挙後は、愛国党がタイ政治史上初の単独政権を樹立したため下野。無効となった2006年総選挙では、他の野党とならび選挙ボイコットに加わった。2007年12月の総選挙では37議席を獲得し、選挙後は、事実上、愛国党を引き継いだ人民の力党が主導するサマック政権に参加した。国民党 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • チナワット家

    チナワット家から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    チナワット家(ตระกูลชินวัตร์)はタイの豪族の一つで、客家系の華僑である丘春盛とその妻のサンディの息子であるチエンの子孫。代々チエンマイ周辺のシルク産業を独占しタクシン・チナワットに代表されるように政界にも人材を輩出している。現在、通信産業への進出がめざましく、前述タクシンの会社であるAISの関連企業などの代表もタクシン家のメンバーが独占している。チナワット家 フレッシュアイペディアより)

  • タイ貢献党

    タイ貢献党から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    タクシン・チナワット元首相派の政党である国民の力党に対して、タイ憲法裁判所で解党命令が出されることを見越して、同派の議員の受け皿となるべく2008年に設立された。タイ貢献党 フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国におけるLGBTの権利

    タイ王国におけるLGBTの権利から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    タイ元首相のタクシン・チナワットは反ポルノグラフィのキャンペーンを起こしたことでも知られ、LGBTに関連する出版物が押収・禁止されることがあったが、2007年から政府の方針が転換し、ゲイに関連する出版は規制が緩やかになった。タイ王国におけるLGBTの権利 フレッシュアイペディアより)

  • 反独裁民主戦線

    反独裁民主戦線から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2006年(平成18年)のタイ軍事クーデターによって失脚したタクシン・チナワット元首相の支持者が中心となっていることからタクシン派とも呼ばれている。また、タイの国旗の中にある国民の団結心と国家を表す赤をシンボルカラーにしており、赤色の衣類を身につけてデモ活動に参加する構成員が殆どであることから、通称として赤シャツ隊や赤服軍団と呼ばれることもある。反独裁民主戦線 フレッシュアイペディアより)

  • CPグループ

    CPグループから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    1989年に首都200万回線プロジェクトで落札に参入し、通信産業に参入。ナイネックスの指導の元にCPテレコミュニケーションズを設立(後の、テレコムアジア、TA)。1996年までにバンコクとその近辺に260万回線を施設した。一方で日本のPHSを元にバンコクとその近辺のみを対象とした簡易電話サービス、PCTサービスを開始した。1993年には有料のケーブルテレビ・サービスである。ユニバーサル・ケーブルテレビジョン(UTV)を開設した。しかし、アジア通貨危機を経て加入者に伸び悩み、タクシン率いるシン・コーポレーション・グループ系列のインターナショナル・ブロードキャスティング・コーポレーション(IBC)と合併。最終的に、ユナイテッド・ブロードキャスティング・コーポレーションとして再出発した。CPグループ フレッシュアイペディアより)

  • ラオ・テレコム

    ラオ・テレコムから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    ラオ・テレコムは、ラオスの政府系電話会社。持ち株率は51%がラオス政府、49%が隣国タイの首相タクシン・チナワット率いるシン・コーポレーション・グループの子会社サテル。経営主体はサテル。ラオ・テレコム フレッシュアイペディアより)

  • 民主市民連合

    民主市民連合から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    この団体は2006年2月、タクシン・チナワットの不正蓄財疑惑を発端に首相退陣を求めてソンティ・リムトーングンを中心に結成された。民主市民連合 フレッシュアイペディアより)

88件中 31 - 40件表示

「タクシン・シナワット」のニューストピックワード