106件中 31 - 40件表示
  • CSロックス・インフォ

    CSロックス・インフォから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    CSロックス・インフォは、タイ業界最大のインターネット接続会社。2003年(タイ仏歴2546年)、タクシン首相率いるシン・コーポレーション・グループの子会社サテルのCSインターネット社とカシコーン銀行(旧称、タイ農民銀行、泰華農民銀行)系列のインターネット接続業者ロックス・インフォ社が合併してできた。CSロックス・インフォ フレッシュアイペディアより)

  • タイ大使館焼き討ち事件

    タイ大使館焼き討ち事件から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    1月30日には大使館周辺の騒動は収まり始めたが、タイ王国のタクシン・チナワット首相の「1時間以内に事態を収束しなければ、自国民救助のため、特殊部隊を派遣する」との発言への反発から、再び暴動が勃発した。タイ系ホテル、商店、企業、工場など市内15か所が投石や放火などで大ダメージを受けた。この一連の暴動で、タイ人1名が死亡、約10名が負傷した。被害総額は約30億円となった。タイ大使館焼き討ち事件 フレッシュアイペディアより)

  • チナワット家

    チナワット家から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    チナワット家(ตระกูลชินวัตร)はタイの豪族の一つで、客家系の華僑である丘春盛とその妻のサンディの息子であるチエンの子孫。代々チエンマイ周辺のシルク産業を独占しタクシン・チナワットに代表されるように政界にも人材を輩出している。現在、通信産業への進出がめざましく、前述タクシンの会社であるAISの関連企業などの代表もタクシン家のメンバーが独占している。チナワット家 フレッシュアイペディアより)

  • ソムチャーイ・ウォンサワット

    ソムチャーイ・ウォンサワットから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    妻はタクシン・チナワットの妹、長女も下院議員に当選している。ソムチャーイ・ウォンサワット フレッシュアイペディアより)

  • アピラック・コーサヨーティン

    アピラック・コーサヨーティンから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2004年に行われたバンコクの総選挙では野党、民主党の後援を受けて立候補した。選挙では与党タイ愛国党の後援を受けたパウィーナー・ホンサクンが有力視されていたが、バンコク市民の与党嫌いの風潮を反映し、同年8月28日の選挙では30万票の差を付け圧勝した。当選当時は民主党推薦であるアピラックと勢力拡大を狙う愛国党のタクシン首相の摩擦が懸念されたが、すぐさま双方が協力をする事を表明した。現在は民主党の副党首も兼ねる。アピラック・コーサヨーティン フレッシュアイペディアより)

  • チュワン・リークパイ

    チュワン・リークパイから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2001年の総選挙ではタクシン率いるタイ愛国党に敗北し退陣した。チュワン・リークパイ フレッシュアイペディアより)

  • チャムロン・シームアン

    チャムロン・シームアンから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    1992年には軍出身のスチンダー首相に反対する民主化運動を指導するなど(暗黒の5月事件参照)、反強権政治の指導者として活動しており、21世紀に入って以降のタクシン・チナワットをめぐる政治情勢の中では、反タクシンの立場を明確にしている。しかしながら実業家であったタクシンが政治家となり、結果として権力の旨みを知ることになったのは、1994年パランタム党への入党がすべての始まりであり、それを実現させたのは他ならぬチャムロン自身であった。2008年11月から12月にかけてスワンナプーム国際空港封鎖デモを起こしたことで知られる民主市民連合(PAD タイ語: ???????????????????????????????)の背後にはチャムロンの影響もあるとされる。チャムロン・シームアン フレッシュアイペディアより)

  • 中央集権

    中央集権から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    タイ王国:立憲君主制。長らく続いた首都バンコク中心の政治に対して、地方を味方につけたタクシン・チナワット派の台頭が政治混乱を巻き起こしている。中央集権 フレッシュアイペディアより)

  • タイの政党

    タイの政党から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    ここ最近の傾向としてタクシンが圧倒的に優勢であると見なされてきたため、タクシン率いるタイ愛国党が周辺勢力を吸収しながらその勢力を広げてきたが、2006年の下院総選挙が無効とされ、さらに2007年5月30日に同党への解党判決が憲法裁判所によって出されたことにより、再び多数の政党が乱立し分極的多党制に近い状況が出現する可能性が高まっている。しかし2007年12月の選挙の結果は予想に反して中小政党が伸びず、国民の力党と民主党による二大政党制の傾向が強まった。タイの政党 フレッシュアイペディアより)

  • 国家開発党 (タイ)

    国家開発党 (タイ)から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    1991年にクーデターで首相の座を追われた元国民党の党首チャートチャイ・チュンハワンが政界復帰を目的として新たに建てたが、2001年にタクシン・チナワットが首相となると連立政権に参加したものの、同じ与党のタイ愛国党から人材を引き抜かれ、党は弱体化。2004年にはいったん愛国党に吸収された。その後、2007年の愛国党結社禁止と前後して復活し、新党タイ団結と統合してタイ団結国家開発党を結成した。国家開発党 (タイ) フレッシュアイペディアより)

106件中 31 - 40件表示

「タクシン・シナワット」のニューストピックワード