88件中 41 - 50件表示
  • バンハーン・シラパアーチャー

    バンハーン・シラパアーチャーから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    首相辞任後も国民党党首を引き続き務め、国民党はタクシン内閣の2001年から2004年にかけては与党、2005年の下院選挙でタクシン派のタイ愛国党が議席の大半を占めた後は野党となった。2006年の軍事クーデターでタクシンが失脚した後はタクシンと距離を置くような発言をしていたが、出直し選挙後にタクシン派の人民の力党が第一党となるや、タクシン派のサマック内閣、ソムチャイ内閣で国民党は与党となった。バンハーン・シラパアーチャー フレッシュアイペディアより)

  • チャワリット・ヨンチャイユット

    チャワリット・ヨンチャイユットから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2001年のタクシン内閣誕生で副首相兼国防相に就任。2002年に新希望党はタイ愛国党と合併している。2008年ソムチャーイ内閣の副首相を務めた。チャワリット・ヨンチャイユット フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の政治

    2006年の政治から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    4月4日 - タイでタクシン・チナワット首相が退陣。2006年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の政治

    2007年の政治から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    23日 - (タイ)民政移管に伴う総選挙でタクシン前首相派の人民の力党が第1党になる。2007年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生内閣

    麻生内閣から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    4月11日 - 麻生首相はASEAN+3出席のためタイ王国のパタヤを訪問したが、タイのアピシット・ウェーチャチーワ現政権に反対するグループ(タクシン・チナワット元首相派)がデモンストレーション活動を行い、国際会議場を取り囲んだため、ヘリコプターで現地を脱出し、日本国政府専用機で緊急帰国した。麻生内閣 フレッシュアイペディアより)

  • ソンティ・ブンヤラットカリン

    ソンティ・ブンヤラットカリンから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    タイにおいては2005年始めから、タクシン・チナワット首相の支持者と反対者との間で政争が激しさを増しつつあった。1991年に軍と市民との衝突によって多数の死傷者が出たことから、軍においては政治への介入に反対する意見が強く、ソンティも就任後に軍が政争に関わることはないと明言していた。ただし、タイ警察士官学校における同級生を軍幹部として昇進させようと試みたタクシン首相の人事に対しては強く反対をしていた。2006年に予定されていた定例人事異動はこれらの対立によって中止された。ソンティ・ブンヤラットカリン フレッシュアイペディアより)

  • チャムロン・シームアン

    チャムロン・シームアンから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    陸軍士官学校を卒業し軍人として少将まで昇進したのち、政治家に転じる。パランタム党を創立し党首を務めた。仏教集団サンティアソークの熱烈な支援者としても知られる。反強権政治の指導者として活動し、反タクシン・チナワットの立場を明確にしている。しかしながら実業家であったタクシンが政治家となり、結果として権力の旨みを知ることになったのは、1994年パランタム党への入党がすべての始まりであり、それを実現させたのは他ならぬチャムロン自身であった。2008年11月から12月のスワンナプーム国際空港封鎖デモを起こしたことで知られる民主市民連合(PAD タイ語: ???????????????????????????????)の背後にはチャムロンの影響もあるとされる。チャムロン・シームアン フレッシュアイペディアより)

  • パヤータイ区

    パヤータイ区から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    かつて元首相タクシン・チナワットは、パヤータイ警察署で働いていた。パヤータイ区 フレッシュアイペディアより)

  • ウィキリークス

    ウィキリークスから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    タイ王国情報技術・通信省は、2010年8月18日からWikiLeaksへのアクセス規制を開始した。公式には元首相タクシン・チナワットを支持する反独裁民主同盟による反政府デモ活動を防ぐための非常事態令を根拠としているが、詳細は発表されておらず不明。ウィキリークス フレッシュアイペディアより)

  • テマセク・ホールディングス

    テマセク・ホールディングスから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2006年に発生したタイ軍事クーデターの原因の一つとなった、タクシン首相(当時)の家族が所有するシン・コーポレーションの株式を、テマセクホール・ディングスが購入した。この時、タクシン首相の息子が売却により得た収入に対して、課税されなかったことなどから、タイ国民の間にタクシンに対する不信感が広まった。また、首相個人が所有する株式とは言え、国内企業を外国企業、しかも一部のタイ国民が対立感情を抱く中華系のシンガポールの企業に売却したことが、タイ国民の不信を招いた。テマセク・ホールディングス フレッシュアイペディアより)

88件中 41 - 50件表示

「タクシン・シナワット」のニューストピックワード