106件中 41 - 50件表示
  • 国家貢献党

    国家貢献党から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2007年9月に旧タクシン派にも野党勢力にも組しない第三勢力を結集するとして結成された。前後に結成された新党の中では最も後発の政党であったが、有力な勢力を保ち、そのため軍部が政界に影響力を残すために結成した政党と見られたこともある。国家貢献党 フレッシュアイペディアより)

  • タイ団結

    タイ団結から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2006年のクーデターでタクシン・チナワット首相のタイ愛国党政権が倒れたのち、財務相・商務相を兼ねタクシン政権の経済政策を担う副首相だったソムキット・チャトゥスリピタックらが愛国党を離れ、2007年に結成した。大衆党の党首だったアネーク・ラオタンマラットもこの党の結成に加わった。その後、相前後して再結成された国家開発党と合同し、タイ団結国家開発党となった。タイ団結 フレッシュアイペディアより)

  • タイ誇り党

    タイ誇り党から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2008年に憲法裁判所が中道主義党に党ぐるみの選挙違反で解党を命令する判決を下したため、事実上その後継となった政党である。ここにタクシン派の人民の力党解党ののちタイ貢献党に参加せず、民主党主導のアピシット・ウェーチャチーワ連立政権樹立の立役者となったネウィン・チットチョープ率いるグループが合流した。タイ誇り党 フレッシュアイペディアより)

  • テマセク・ホールディングス

    テマセク・ホールディングスから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2006年に発生したタイ軍事クーデターの原因の一つとなった、タクシン首相(当時)の家族が所有するシン・コーポレーションの株式を、テマセクホール・ディングスが購入した。この時、タクシン首相の息子が売却により得た収入に対して、課税されなかったことなどから、タイ国民の間にタクシンに対する不信感が広まった。また、首相個人が所有する株式とは言え、国内企業を外国企業、しかも一部のタイ国民が対立感情を抱く中華系のシンガポールの企業に売却したことが、タイ国民の不信を招いた。テマセク・ホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • パタニ連合解放組織

    パタニ連合解放組織から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    1968年1月22日、パタニ王国の末裔で、インドやスウェーデンに留学したトン・クウィラー・アブドンロマーン(マレー語的音写は、トゥン・クウィラ・アブドゥッラマン)によってサウジアラビアにて結成。表面的にはタイ政府とくにタクシン・チナワット政権の深南部三県への行政の不行き届きを批判し、前述の5県のタイ政府からの解放とパタニ・ダルッサラーム建国を歌っている。団体自身はマフィアのような暴力組織ではないとする。パタニ連合解放組織 フレッシュアイペディアより)

  • ヤーバー

    ヤーバーから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    ヤーバーはタイで眠気覚ましに使うトラック運転手のためガソリンスタンドで売られていたが、1970年代にタイ政府によって違法薬物に指定された。多数の長距離バスの事故や、2003年以前からのタクシン元首相による薬物密売排除キャンペーンの後、薬物を使うバスの運転手は以前よりも減った。取り締まりの結果、小売価格は一錠100?150バーツから250?450バーツに上がっているが、いまだポピュラーなパーティードラッグである。ヤーバー フレッシュアイペディアより)

  • タイ愛国党

    タイ愛国党から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    1998年(タイ仏歴2542年)にタイの財閥シン・コーポレーション・グループ会長のタクシン・チナワットによって設立された。2001年以降議席の過半数を占める与党となり、2005年総選挙で圧勝をおさめ、タイ初の単独政権を樹立した。タクシン派の糾合政党という色合いが強かったが、タクシン政権下で副首相やエネルギー大臣などを務めたプロミン・ルートスリデート、情報通信技術省大臣を務めたスラポン・スープウォンディー、側近で運輸省副大臣も務めたプームタム・ウェーチャヤチャイ、農業省副大臣を務めたプラパット・パンヤーチャートラックなどといった元タイ国共産党員も多く、歴代政権から無視された補償を示唆し、地方では元共産党員を総動員したりした。タイ愛国党 フレッシュアイペディアより)

  • 人民の力党

    人民の力党から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    1998年に結成された。長い間弱小泡沫政党で、2005年の下院総選挙でも比例代表区で約30万票(約1%)の獲得にとどまり議席獲得はならなかった。しかし、2007年7月29日に、解党を命じられた旧タイ愛国党(タクシン・チナワット政権与党)の元議員が大挙して入党し、事実上タクシン派の政党となった。人民の力党 フレッシュアイペディアより)

  • チャワリット・ヨンチャイユット

    チャワリット・ヨンチャイユットから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2001年のタクシン内閣誕生で副首相兼国防相に就任。2002年に新希望党はタイ愛国党と合併している。2008年ソムチャーイ内閣の副首相を務めた。チャワリット・ヨンチャイユット フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国陸軍

    タイ王国陸軍から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    1991年のスチンダー政権と、元バンコク都知事のチャムロン・シームアンの衝突では陸軍派のスチンダーが実質的に敗北し、陸軍勢力の政治的影響力の衰退が顕著になり、タクシン・チナワットやアピラック・コーサヨーティンに代表されるような企業政治家が台頭するようになった。しかしながら、現在でも政治家にとって陸軍は政権安定の「鬼門」であり、タクシンが陸軍司令官にいとこを配置したのも、陸軍勢力の牽制が目的であったと言われる。タイ王国陸軍 フレッシュアイペディアより)

106件中 41 - 50件表示

「タクシン・シナワット」のニューストピックワード