106件中 51 - 60件表示
  • カラワン楽団

    カラワン楽団から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    バンドは、民主市民連合(PAD、通称「黄シャツ隊」)を支持しており、2006年のタクシン・チナワット首相に対する抗議活動()や、2008年の反政府抗議活動()の場で、しばしば演奏を行なった。カラワン楽団 フレッシュアイペディアより)

  • エネルギー省 (タイ)

    エネルギー省 (タイ)から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    そのため、2001年11月2日にタクシン政権により関連行政部署を取りまとめてエネルギー庁に格上げされた。また2002年1月9日に閣議によりさらに省への格上げすることが決定。2002年10月3日に2002年省庁改組法に基づきエネルギー省が設置された。この際にエネルギー政策企画事務局はエネルギー省の一部局として統合されたが、国家エネルギー政策委員会、エネルギー行政委員会、エネルギー保全振興基金の3機関の事務局としての機能は維持された。エネルギー省 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • タイ貢献党

    タイ貢献党から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    タクシン・チナワットが結成したタイ愛国党の流れをくむ国民の力党を前身とするタクシン派の政党である。民主党と共に二大政党制を構成する。タイ貢献党 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の政治

    2008年の政治から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2月28日 - タクシン・チナワット元タイ首相が1年5か月ぶりに帰国。同日、汚職防止法違反容疑で警察当局により逮捕されるが、900万バーツの保釈金を払い釈放される。2008年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • コム・チャット・ルック

    コム・チャット・ルックから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    コム・チャット・ルック紙は、2006年3月24日に反タクシン政権運動を指導していたソンティ・リムトーングン(???? ??????????:経済紙「プーヂャッガーン」の創始者、民主市民連合の指導者)の発言の一部を紙上に掲載したが、その引用内容に国王ラーマ9世に退位を勧めたように取られる誤引用があった。そのため同新聞社に対して抗議運動が行われた。コム・チャット・ルック フレッシュアイペディアより)

  • 愛知万博の歴史

    愛知万博の歴史から見たタクシン・シナワットタクシン・チナワット

    2005年8月31日 タイ王国のシナワット首相が視察。愛知万博の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • エーラーワンの祠

    エーラーワンの祠から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2006年3月21日、タナーコーン・パックディーポンという精神に問題を抱えていたムスリム男性が祠を破壊するという事件が起こった。男性はその場で暴徒に殴り殺されたため、完全に動機は不明であるが、この後、政界が急速に混乱をし始め、ムスリムの多い深南部で「テロとの戦い」を行っていたタクシン政権の崩壊につながったことから、後に象徴的な事件として扱われることになった。なお、ブラフマー像は二ヶ月後の5月21日午前11:39の吉祥時に修復された。エーラーワンの祠 フレッシュアイペディアより)

  • ソイ・カウボーイ

    ソイ・カウボーイから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2001年にタクシン・チナワットが首相に選ばれたときに、「社会秩序」キャンペーンを起こした。このキャンペーンの一環として、全てのバーとナイトクラブは午前2時までに閉店しなければならなくなった。そして公式に「エンターテインメント地域」に指定された全ての地域は午前1時までに閉店することになった。2010年現在、ソイ・カウボーイは午前1時になると全てのネオンが消されるが、営業は午前2時まで行われている。ソイ・カウボーイ フレッシュアイペディアより)

  • インタッチ・ホールディングス

    インタッチ・ホールディングスから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    インタッチ・ホールディングス () または旧 シン・コーポレーション(、)は、タクシン・チナワットがタイ王国首相就任前に創設した電気通信事業者。インタッチ・ホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • ネーション・マルチメディア・グループ

    ネーション・マルチメディア・グループから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    元々、反政府系メディアで知られ、英字新聞ネーション紙、タイ経済誌クルンテープ・トゥラギット紙や大衆紙コム・チャット・ルック紙などの新聞、反政府系民放、iTVを抱えていた。しかし現タイ首相のタクシン・チナワットによってiTVはタクシンの財閥、シン・コーポレーション・グループに買収され、グループ自体もタクシンの主催するタイ愛国党の幹事一族が筆頭になったことから、反政府系ではなくなった。ネーション・マルチメディア・グループ フレッシュアイペディアより)

106件中 51 - 60件表示

「タクシン・シナワット」のニューストピックワード