88件中 51 - 60件表示
  • 実力行使

    実力行使から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    問題が発端した初期段階では話し合いなどで解決させるという事を試みていたものの、それでは不可能だと判断された場合に解決手段を実力行使に切り替えるという場合が度々存在する。最近行われた実力行使の例としては、2010年5月にタイ、バンコクでのタクシン元首相派による都心部占拠の排除が挙げられる。実力行使 フレッシュアイペディアより)

  • プレーム・ティンスーラーノン

    プレーム・ティンスーラーノンから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    スチンダー・クラープラユーンやタクシン・チナワットを必要以上の権力を求める者であり王室への脅威として排撃しており、タクシンからは「2006年タイクーデターの黒幕」、「憲法を超えたカリスマ」と批判されている。プレーム・ティンスーラーノン フレッシュアイペディアより)

  • ドンムアン空港

    ドンムアン空港から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2001年3月3日、駐機していたタイ国際航空のボーイング737-400型機が出発前に突如炎上し、出発の準備をしていた客室乗務員ら8人が死傷した。当時のタクシン・チナワット首相がこの機に搭乗予定であったため、機材の故障とテロの両方の可能性が疑われたが、最終的な原因は特定されていない。ドンムアン空港 フレッシュアイペディアより)

  • スリー・スカ

    スリー・スカから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2007年、チョンブリーFCで初のリーグ優勝を果たすと、同年11月16日、スリー・スカ含む3名がマンチェスター・シティFCに入団。タイ人初のプレミアリーガーが誕生した。しかしこれは当時会長だったタクシン・チナワットの力が大きかったものと思われるが、監督のスヴェン・ゴラン・エリクソン氏はこれを否定している。スリー・スカ フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国陸軍

    タイ王国陸軍から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    1991年のスチンダー政権と、元バンコク都知事のチャムロン・シームアンの衝突では陸軍派のスチンダーが実質的に敗北し、陸軍勢力の政治的影響力の衰退が顕著になり、タクシン・チナワットやアピラック・コーサヨーティンに代表されるような企業政治家が台頭するようになった。しかしながら、現在でも政治家にとって陸軍は政権安定の「鬼門」であり、タクシンが陸軍司令官にいとこを配置したのも、陸軍勢力の牽制が目的であったと言われる。タイ王国陸軍 フレッシュアイペディアより)

  • タイ・エアアジア

    タイ・エアアジアから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    タイ・エアアジアは、2003年、エアアジアと元タイ王国首相のタクシン・チナワットの関連企業シン・コーポレーションとの合弁で設立された。シン・コーポレーションが50%、エアアジアが49%の株式を保有している。2004年からタイ国内線の運航を開始した。就航当初はドンムアン空港、2006年9月からはスワンナプーム国際空港、2012年10月からは再びドンムアン空港を本拠地(ハブ空港)としている。タイ・エアアジア フレッシュアイペディアより)

  • 冤罪事件及び冤罪と疑われている主な事件

    冤罪事件及び冤罪と疑われている主な事件から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2008年 - タイのタクシン元首相の元妻、ポチャマンが親族会社の株式譲渡で5億4600万バーツを脱税したとした事件で禁錮三年の有罪判決を一審で受けるも、二審のタイの高等裁判所は実刑判決を破棄して無罪を言い渡した。冤罪事件及び冤罪と疑われている主な事件 フレッシュアイペディアより)

  • 大麻

    大麻から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    タイの法律では麻薬生成、販売に関わった場合は死罪、単純所持でも懲役刑が言い渡される可能性があり、麻薬組織に対しては証拠不十分でも法的手続きを経ず超法規的殺害が行われる場合がある。。2003年のタクシン首相政権時には3か月で麻薬事犯とみられる2500名が殺害されているが、タクシン失脚後の調査では、その内1400名が麻薬事犯とは無関係であるとされている。。大麻 フレッシュアイペディアより)

  • 1949年

    1949年から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    7月26日 - タクシン・チナワット、実業家・政治家、タイ王国第31代首相1949年 フレッシュアイペディアより)

  • 華僑

    華僑から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    華僑はマイノリティながら、同郷者で形成されるコミュニティーと、これをもとにした同業者の集団ができあがり、現地の経済・政治に大きな影響力を持つことが多い。同業者の集団ができあがるのは、先行して商売を始めた経営者が、同郷の人を雇い、やがては独立して同業を行うことが繰り返されやすいことによる。経済的に実力をつけると政治面でも力をもつようになり、政治面での例としてタイの王室・タクシン元首相及びその妹であるインラック現首相(2012年12月現在)、コラソン・アキノ元フィリピン大統領、ミャンマーのネ・ウィン元首相、テイン・セイン大統領(2012年6月現在)は華僑の血を引いている。華僑 フレッシュアイペディアより)

88件中 51 - 60件表示

「タクシン・シナワット」のニューストピックワード