88件中 61 - 70件表示
  • ミャンマー

    ミャンマーから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    歴代のタイ政府は、タイ・ビルマ国境に展開する反軍政民族武装勢力の存在を基本的に黙認し、ビルマ国軍とのバッファーゾーンとして利用してきた。また90年代のタイ民主党政権(チュワン、アナン両政権)はビルマ軍政の政策に批判的な立場を取り、軍政との関係も決して良好ではなかった。しかし90年代後半には保守政治家チャワリットらが提唱する「建設的関与」論が力を持った。政府はビルマとの距離を縮める方向に傾き、97年のビルマのASEAN加盟にも賛成した。これは軍事政権の長期化を踏まえた上で、政治改革に向けた努力を後景に退かせ、国境地域の天然資源確保や国境貿易の拡大による経済効果を優先した結果である。ASEAN加盟後のチュワン政権やマレーシア政府の取り組みの積極性は、少なくとも主観的には、ビルマを地域政治の枠組みに入れた上で、民主化を促す点にある。ビルマへの「建設的関与」策が成功すればASEANの国際的地位を飛躍的に高めるはずだったが、ビルマ軍政は自らの支配を危うくするあらゆる改革に反対する姿勢を貫き、この舞台に乗ることは決してなかった。アウンサンスーチー襲撃事件と同氏の自宅軟禁の継続、キンニュン元首相の更迭劇、首都移転、ASEAN側が派遣した特使への丁重とはいえない処遇といった一連の政治的動きは、ASEANの「建設的関与」策が完全に破綻したことを示している。チャワリットに代表される経済優先路線を拡大したのがタクシン政権である。同政権は国境の反政府武装勢力への圧力を強め、タイ国内の反政府活動家や難民への取締を強化している。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • 客家

    客家から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    また伝統的な中国人の発想として卑しめられることの多かった軍人となった者や、反乱や革命に参加する者も近代以前から多い。そのため、太平天国の指導者である洪秀全や、中国国民党の孫文、中国共産党の小平やシンガポールのリー・クアンユー(李光耀)などを輩出した。台湾総統の李登輝や映画監督の侯孝賢も出自は台湾に移住した客家であり、タイの首相を務めたタクシン・チナワット・インラック・シナワトラ兄妹も出自はタイに移住した客家である。客家 フレッシュアイペディアより)

  • マンチェスター・シティFC

    マンチェスター・シティFCから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2007年7月6日に、クラブの公式サイトで前イングランド代表監督のスヴェン・ゴラン・エリクソンの監督就任とタイ前首相のタクシン・チナワットの会長就任を発表。8月には月間最優秀監督賞を受賞するなど上々のスタートを切ったが、後半失速し9位でシーズンを終えると、2008年6月2日成績不振によりエリクソンを解任。マーク・ヒューズを新監督に迎え、同年夏の移籍市場ではジョー、ヴァンサン・コンパニ、ショーン・ライト・フィリップスらを獲得した。マンチェスター・シティFC フレッシュアイペディアより)

  • ロナウジーニョ

    ロナウジーニョから見たタクシン・シナワットタクシン・チナワット

    2008年2月3日のCAオサスナ戦に出場し、FCバルセロナでの公式戦通算200試合出場を達成した。しかし、2007-08シーズンは全体的に負傷に苦しめられ、4月3日には右足の筋肉断裂により一足早くシーズンを終えた。5月19日、ラポルタ会長は「ロナウジーニョは新たなチャレンジを必要としている」と発言し、トップ選手としてやっていくためには移籍が必要であると主張した。6月6日、マンチェスター・シティFCのタクシン・シナワットオーナーはロナウジーニョの獲得に興味を示した。6月28日、ロナウジーニョとリオネル・メッシはベネズエラで開催された人種差別撲滅のための親善試合でそれぞれのチームのキャプテンを務め、試合は7-7の引き分けに終わった。彼は2得点2アシストを記録したが、この試合がFCバルセロナの選手としての最後の試合となった。2010年のジョアン・ガンペール杯前日、FCバルセロナのファンと選手たちに対して「FCバルセロナでの5年間が最高の時期であった」とする手紙を公開した。ロナウジーニョ フレッシュアイペディアより)

  • タイの歴史

    タイの歴史から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    タクシン・チナワット首相の不正蓄財疑惑が発端となり、2006年9月19日にタイ軍事クーデターが起こり、2006年から2008年まで軍政が敷かれた。タイの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • タイの政党

    タイの政党から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    ここ最近の傾向としてタクシンが圧倒的に優勢であると見なされてきたため、タクシン率いるタイ愛国党が周辺勢力を吸収しながらその勢力を広げてきたが、2006年の下院総選挙が無効とされ、さらに2007年5月30日に同党への解党判決が憲法裁判所によって出されたことにより、再び多数の政党が乱立し分極的多党制に近い状況が出現する可能性が高まっている。しかし2007年12月の選挙の結果は予想に反して中小政党が伸びず、国民の力党と民主党による2大政党制の傾向が強まった。タイの政党 フレッシュアイペディアより)

  • タイ愛国党

    タイ愛国党から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    1998年(タイ仏歴2542年)にタイの財閥シン・コーポレーション・グループ会長のタクシン・チナワットによって設立された。タイ愛国党 フレッシュアイペディアより)

  • シン・コーポレーション・グループ

    シン・コーポレーション・グループから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    シン・コーポレーション(、)は、タクシン・チナワットがタイ王国首相就任前に創設した電気通信事業者。シン・コーポレーション・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アドバンスト・インフォ・サービス

    アドバンスト・インフォ・サービスから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    タイ首相、タクシン・チナワットのシン・コーポレーション・グループの子会社。1986年4月24日(タイ仏歴2529年)、タイ電話公社から携帯電話の事業権を取得し、携帯電話を事業に参入した。その後、タイでの電話の普及とともに大会社に成長。タイ国内最大のシェアを誇る。アドバンスト・インフォ・サービス フレッシュアイペディアより)

  • シン・サテライト

    シン・サテライトから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    シン・サテライト(、)は、タイ国元首相タクシン・チナワットが創設したタイ最大の通信会社シン・コーポレーション・グループの子会社で、通信衛星関連事業を行う。通称タイコム(Thaicom)。タイコム1、タイコム2、タイコム5と世界最大のブロードバンド専用衛星アイピースター(iPSTAR)(タイコム4)を用いて、アジア・太平洋地域、欧州・アフリカ等で事業を展開。その他、ラオス、カンボジアで固定携帯電話・通信・映像事業を行うほか、国内で子会社のCSロックスインフォ、DTVサービス社を通じてインターネットや映像関連事業も行う。2008年4月10日にThaicom Public Company Limitedに社名を変更。シン・サテライト フレッシュアイペディアより)

88件中 61 - 70件表示

「タクシン・シナワット」のニューストピックワード