106件中 61 - 70件表示
  • 一村一品運動

    一村一品運動から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    この運動は、日本国内の他の地域や、国際協力機構の青年海外協力隊などを通じて、中華人民共和国・タイ王国・ベトナム・カンボジアのような海外にも広がりを見せている。日本国政府も途上国協力の方策として、途上国における一村一品運動を支援している。特にタイでは、タクシン・チナワットが首相のときに一村一製品運動として政策を行なった。その他、大分県に近い熊本県の小国町・南小国町などでも、独自にこれに近い運動を行って成果をあげている。一村一品運動 フレッシュアイペディアより)

  • サパーンタークシン駅

    サパーンタークシン駅から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    タクシン元首相とは無関係。トンブリー王朝を創始したタークシン王から。タークシン(??????)と、タクシン(??????)とはタイ語の綴りが違い、別の名前である。サパーンタークシン駅 フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (タイ)

    民主党 (タイ)から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    与党・野党を繰り返し、1992年?1995年、1997年?2001年にチュワン・リークパイが2度首相になるなど、数多くの首相を輩出した。厚い支持基盤を特権階級や軍部、バンコクの中産階級に持つ。タクシン政権下では野党だったが、軍事クーデター後は、党勢の回復が伝えられている。しかし、総選挙では一度もタクシン元首相派に勝利したことがない。民主党 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • タイ軍事クーデター (2014年)

    タイ軍事クーデター (2014年)から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2011年7月3日の総選挙でタイ貢献党が勝利し、第31代首相のタクシン・チナワットの妹であるインラック・シナワトラが第36代首相に就任した。2013年10月、2010年に発生したタクシン支持派・反独裁民主戦線(UDD)による反政府デモに対して当時の首相のアピシット・ウェーチャチーワと副首相のステープ・トゥアクスパンが弾圧を命じたとして殺人罪で起訴する方針が固められたことをきっかけに、11月にステープは議員を辞職し、11月25日にインラック政権に対する反政府デモを開始した(2013年タイ反政府デモ)。12月9日にはインラックが議会の解散と総選挙実施を表明し、2011年総選挙の再現を狙ったが2014年2月2日に行われた総選挙は反政府派による妨害で一部選挙区では投票が行えず、3月21日に憲法裁判所は総選挙無効の判決を下したことで事態収拾は遠のいた。5月7日、2011年にインラックが国家安全保障会議(NSC)事務局長を異動させ、親類を後継ポストに就かせたのは職権乱用であると問われた裁判で憲法裁判所はインラックの行為は憲法違反に当たると判断、憲法規定により首相を失職した。暫定首相に副首相兼商業大臣のニワットタムロン・ブンソンパイサンが就き、反政府派の最大の要求であるインラック政権退陣は果たされたが混乱が収まることはなかった。長引く混乱のために政治は行き詰まり、成長も鈍化することとなった。タイ軍事クーデター (2014年) フレッシュアイペディアより)

  • プレーム・ティンスーラーノン

    プレーム・ティンスーラーノンから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    スチンダー・クラープラユーンやタクシン・チナワットを必要以上の権力を求める者であり王室への脅威として排撃しており、タクシンからは「2006年クーデターの黒幕」、「憲法を超えたカリスマ」と批判されている。プレーム・ティンスーラーノン フレッシュアイペディアより)

  • チャイナエアライン120便炎上事故

    チャイナエアライン120便炎上事故から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2001年5月3日に、タイ・バンコクのドンムアン国際空港に駐機していたタイ国際航空のボーイング737-400型機が出発前に突如炎上し、出発の準備をしていた客室乗務員ら8人が死傷した。当時のタクシン・チナワット首相がこの機に搭乗予定であったため、機材の故障とテロの両方の可能性が疑われたが、最終的に原因は特定されていない。チャイナエアライン120便炎上事故 フレッシュアイペディアより)

  • 亡命

    亡命から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2006年、タクシン・チナワット、外遊先からタイ王国に帰国せず、以来、事実上の亡命状態となる。亡命 フレッシュアイペディアより)

  • インラック・シナワトラ

    インラック・シナワトラから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    9人兄妹の末っ子であり、兄はタイ第31代首相たるタクシン・チナワットで、義兄たるソムチャーイ・ウォンサワットが第34代首相という政治一家に育つ。インラック・シナワトラ フレッシュアイペディアより)

  • アドバンスト・インフォ・サービス

    アドバンスト・インフォ・サービスから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    タイ首相、タクシン・チナワットのシン・コーポレーション・グループの子会社。1986年4月24日(タイ仏歴2529年)、タイ電話公社から携帯電話の事業権を取得し、携帯電話を事業に参入した。その後、タイでの電話の普及とともに大会社に成長。タイ国内最大のシェアを誇る。アドバンスト・インフォ・サービス フレッシュアイペディアより)

  • シン・サテライト

    シン・サテライトから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    シン・サテライト(、)は、タイ国元首相タクシン・チナワットが創設したタイ最大の通信会社シン・コーポレーション・グループの子会社で、通信衛星関連事業を行う。通称タイコム(Thaicom)。タイコム1、タイコム2、タイコム5と世界最大のブロードバンド専用衛星アイピースター(iPSTAR)(タイコム4)を用いて、アジア・太平洋地域、欧州・アフリカ等で事業を展開。その他、ラオス、カンボジアで固定携帯電話・通信・映像事業を行うほか、国内で子会社のCSロックスインフォ、DTVサービス社を通じてインターネットや映像関連事業も行う。2008年4月10日にThaicom Public Company Limitedに社名を変更。シン・サテライト フレッシュアイペディアより)

106件中 61 - 70件表示