106件中 71 - 80件表示
  • タイ国イスラーム銀行

    タイ国イスラーム銀行から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    翌2002年(仏暦2545年)、タクシン政権は議会で仏暦2545年タイ王国イスラム銀行法を可決した。これにより、政府が独自の銀行を設立した。これがタイ国イスラム銀行である。タイ国イスラーム銀行 フレッシュアイペディアより)

  • ソンティ・ブンヤラットカリン

    ソンティ・ブンヤラットカリンから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    タイにおいては2005年始めから、タクシン・チナワット首相の支持者と反対者との間で政争が激しさを増しつつあった。1991年に軍と市民との衝突によって多数の死傷者が出たことから、軍においては政治への介入に反対する意見が強く、ソンティも就任後に軍が政争に関わることはないと明言していた。ただし、タイ警察士官学校における同級生を軍幹部として昇進させようと試みたタクシン首相の人事に対しては強く反対をしていた。2006年に予定されていた定例人事異動はこれらの対立によって中止された。ソンティ・ブンヤラットカリン フレッシュアイペディアより)

  • スリー・スカ

    スリー・スカから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2007年、チョンブリーFCで初のリーグ優勝を果たすと、同年11月16日、スリー・スカ含む3名がマンチェスター・シティFCに入団。タイ人初のプレミアリーガーが誕生した。しかしこれは当時会長だったタクシン・チナワットの力が大きかったものと思われるが、監督のスヴェン・ゴラン・エリクソン氏はこれを否定している。スリー・スカ フレッシュアイペディアより)

  • iTV (タイ)

    iTV (タイ)から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    特に、組織のエピソードについて、元々はタイ大手銀行のサイアム商業銀行等で大株主理由され設立時はサイアム・インフォテインメント社名となった。及び、反政府系で知られたネーション・マルチメディア・グループとニュース放送提供等で経営提携だったが、アジア通貨危機以後は財務問題で第31代タイ国首相タクシン・チナワットが選挙前に買収し、ITVで改名しタイ証券取引所に上場した。(現在上場廃止)並びに、報道陣を解散した。現在はインタッチ・ホールディングスの子会社。iTV (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ダン

    リチャード・ダンから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    主将となった2006-07シーズンは、チームが得点力不足に喘ぎ、特にホームでの得点数がイングランドのトップリーグ史上最低となる10得点を記録する一方で自身を中心とする鉄壁の守備網で降格圏転落を回避する。続く2007-08シーズンは、センターバックの相棒がポーツマスFCに移籍したディスタンからリチャーズとなったが、リチャーズの抜群の身体能力を持って相手をチェックし、ダンのカバーリングでボールを奪うというシーンが多々見られたように抜群の連携を見せて、前半戦の快進撃の原動力となる。後半戦は負けこそ少なかったが、勝ちを落とすことが多く、さらにシーズン終盤にリチャーズが故障で戦列を離れた影響から失点数が増加していき、順位を下げる結果となり、最終節のミドルズブラFC戦では、自身が15分にレッドカードでの一発処分となったこともあって8失点での大敗となった。それにもかかわらず、クラブ史上プレミアリーグで最多勝ち点を獲得したシーズンとなり、また、自身は4季連続でチームのサポーターによる最優秀選手に輝くと共に、フットボール・アソシエーション・オブ・アイルランドによる年間最優秀選手賞も受賞する等の一定の成功を収め、その活躍にスヴェン・ゴラン・エリクソン監督から「我々にとって特別な、本当に特別な選手」と形容された。しかし、同シーズン終了後にタクシン・チナワット会長がエリクソン監督を解任すると囁かれ、クラブの先行きは不透明なものとなると、これに不信感を抱いたダンはクラブの契約延長交渉を渋り、暗礁に乗り上げることとなった。これに対し、ポーツマスとトッテナム・ホットスパーFCがダン獲得の意思を公にし、退団は確実かと思われたが、最終的にブラックバーン・ローヴァーズFCから引き抜かれたマーク・ヒューズ新監督との会談の末、2008年7月4日にマンチェスター・シティと契約を4年間延長することで決着した。2008-09シーズンは、3度もレッドカードを提示されながらも公式戦で47試合に出場する中、自身29歳の誕生日となる2008年9月21日のポーツマス戦 (6-0) において得点し、2009年1月のウィガン・アスレティックFC戦でパトリック・ヴィエラ、と並びプレミアリーグ史上最多記録となる8度目のレッドカードを提示された。リチャード・ダン フレッシュアイペディアより)

  • タイの仏教

    タイの仏教から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    サンティアソークとは「静寂のアショーカ」と言う意味である。プラ・ポーティラックという僧によって創設された。タマユットニカーイで出家するも、飽きたらずマハーニカーイで再出家するが、ここでも飽きたらず、自らサンティアソークと呼ばれる禁欲的なコミュニティーを作った。その仏教実践は禁欲を特色とするが、政界への進出など政治色も強い。サンティアソークの作った政党にパランタム党があるが、タイを本格的な民主化に導いたチャムロン・シームアン旧バンコク都知事がこの党に所属し、プラ・ポーティラックの支持者であったことから話題を呼んだ。ちなみに元首相のタクシン・チナワット警察中佐も元はパランタム党の出身である。プラ・ポーティラックはあまりにも言動が過激であったためサンガから強制還俗処分に遭っている。タイの仏教 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の政治

    2007年の政治から見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    23日 - (タイ)民政移管に伴う総選挙でタクシン前首相派の人民の力党が第1党になる。2007年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • リー・シェンロン

    リー・シェンロンから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    ホー・チン夫人は、政府系投資会社テマセク・ホールディングス(Temasek Holdings)元社長(タイのタクシン・チナワット首相の証券スキャンダル、退任の間接的な要因となったタクシン首相の子息とテマセク・ホールディングの取引が、社長退任の原因との見方がある)。リー・シェンロン フレッシュアイペディアより)

  • タークシン

    タークシンから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    同じ中国系タイ人であるタクシン・チナワットら「タクシン」名の人物と混同されるが、タークシン(??????)とタクシン(??????; Thaksin)はタイ語の綴りが異なり、別の名前である。タークシン フレッシュアイペディアより)

  • ボアオ・アジア・フォーラム

    ボアオ・アジア・フォーラムから見たタクシン・チナワットタクシン・チナワット

    2007年12月には中国の政府機関中国科学院は「2008中国現代化報告」でタクシン・チナワットの提唱したアジア協力対話とボアオ・アジア・フォーラムを統合したアジア連合の設立を構想した。ボアオ・アジア・フォーラム フレッシュアイペディアより)

106件中 71 - 80件表示

「タクシン・シナワット」のニューストピックワード