104件中 31 - 40件表示
  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見たネーション・マルチメディア・グループ

    また、強力なマスコミ統制も内外の批判を浴びた。反政府系新聞ネーション・マルチメディア・グループの社長の自宅が家宅捜索され、タクシンと王室の関係をスキャンダラスに書いた香港の新聞社と記者をタイ国から永久追放した。唯一非政府系のチャンネルと言われていたiTVもタクシンのシン・コーポレーション・グループの子会社とするなどした。これらにより国際的なマスコミ格付け機関から、「報道の自由な国」から「報道の不自由な国」に格を下げられた。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見たテロ

    2001年3月3日に、タイ王国のバンコクのドンムアン空港に駐機していたタイ国際航空のボーイング737-400型機が出発前に突如炎上し、出発の準備をしていた客室乗務員ら8人が死傷した。当初は機材の故障による事故と考えられていたが、タクシン首相が搭乗予定であったこともありテロの可能性も疑われていた。しかし、最終的には原因は特定されていない。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見たアドバンスト・インフォ・サービス

    1986年4月24日(タイ仏歴2529年)、タクシンは携帯電話サービスの営業権を政府から獲得してAISという携帯電話会社を立ち上げた。この企業は成功を収め、タイでの携帯電話の普及に伴って黒字を拡大し、タイを代表するコミュニケーション会社となった。今ではチナワット家はタイ国一の富豪と言われる。この後、1987年(タイ仏歴2530年)、警察を辞職し、シナワトラ・コンピューター・アンド・コミュニケーションズ社(注:英語直訳、現シン・コーポレーション社)を設立し、警察時代のコネクションを生かして警察機関にコンピュータの貸し出しを行った。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見たiTV (タイ)

    また、強力なマスコミ統制も内外の批判を浴びた。反政府系新聞ネーション・マルチメディア・グループの社長の自宅が家宅捜索され、タクシンと王室の関係をスキャンダラスに書いた香港の新聞社と記者をタイ国から永久追放した。唯一非政府系のチャンネルと言われていたiTVもタクシンのシン・コーポレーション・グループの子会社とするなどした。これらにより国際的なマスコミ格付け機関から、「報道の自由な国」から「報道の不自由な国」に格を下げられた。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見たアメリカ合衆国

    タクシンはタイ王国警察士官学校第26期を首席で卒業し、1973年内務省警察局(現在の首相府警察局)に警察少尉として任官する。当初は国境警備隊に所属していたが、半年後局内でアメリカ留学の機会を得て渡米。イースタン・ケンタッキー大学で刑事司法修士をわずか4ヶ月で終え帰国。1976年に警察中将の娘ポチャマーン・ダーマーポン(????? ????????, Potjaman Damapong)と結婚し、同年再び渡米。1978年(タイ仏歴2521年)、サム・ヒューストン州立大学で刑事司法博士(doctor of criminal justice)を取得して首都警察参謀局政策企画副局代理顧問の地位に就いた。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見たタイ仏歴

    タクシンはタイ王国警察士官学校第26期を首席で卒業し、1973年内務省警察局(現在の首相府警察局)に警察少尉として任官する。当初は国境警備隊に所属していたが、半年後局内でアメリカ留学の機会を得て渡米。イースタン・ケンタッキー大学で刑事司法修士をわずか4ヶ月で終え帰国。1976年に警察中将の娘ポチャマーン・ダーマーポン(????? ????????, Potjaman Damapong)と結婚し、同年再び渡米。1978年(タイ仏歴2521年)、サム・ヒューストン州立大学で刑事司法博士(doctor of criminal justice)を取得して首都警察参謀局政策企画副局代理顧問の地位に就いた。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見たニューヨーク

    2006年9月20日、滞在していたニューヨークからロンドンに移動したが、事実上の亡命とみられる。2008年2月28日にはタイに帰国するも8月には北京オリンピックに出席するとして出国してから帰国せず、その後、2008年11月8日に英国政府がビザの停止を発表。NHKが2009年3月にドキュメンタリー「沸騰都市」で行った電話インタビューでは「所在を転々としている」と明かしていた。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見たタイ王国

    タクシン・チナワット(, , , 1949年7月26日 - )は、タイ王国華裔客家人、タイ王国出身の実業家、政治家。拓殖大学客員教授。イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティFC元会長である。本名:丘 達新。首相(第31代)、下院議員を務めた。元警察官僚である。タイ北部のチエンマイの出身、チナワット家の出である。第36代首相のインラック・シナワトラは妹。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見たカンボジア

    2009年11月4日、カンボジアのフン・セン首相の経済顧問に就した。フン・センはもともと親タクシン派で、当時のアピシット民主党政権を挑発していたが、これもその一環と思われた。しかしタクシンが実際にカンボジアに滞在することはなく、「職務を遂行することが難しい」という理由で、翌年8月24日に辞任した。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見たタイ仏暦

    タクシンは2003年(タイ仏暦2546年)に麻薬一掃作戦として、軍隊・警察を導入し、政府が作成したブラックリストを元に、リストアップされた人物を強制逮捕・処刑した。しかし、そのブラックリストには無罪の人物も含まれており、政府もこれを認めている。中には無罪証明をもらっているにもかかわらず狙撃され、一家は事実上社会的に追放されたというケースもあった。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

104件中 31 - 40件表示

「タクシン・シナワット」のニューストピックワード

  • 過去12年間に2度クーデターがあり、タイの政治史上最も人気がある首相だった兄と妹が失脚した

  • 政治活動禁止措置

  • インラック前首相