104件中 61 - 70件表示
  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見た在タイ日本国大使館

    2011年8月15日、日本の枝野幸男官房長官(当時)は、記者会見でタクシンに対して入国査証(ビザ)を発給したことを明らかにした。日本の出入国管理法では、前科のある人間の入国を認めておらず、タクシンもその対象とされていたが、タイ政府と良好な関係を築きたい日本国政府の配慮から、特例措置として入国が認められることになった。この訪日に対して、タイ国内の反タクシン派市民団体が、バンコクの在タイ日本国大使館に対して抗議活動を行った。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見た

    副業としてまずシルク販売を行った。この他、移動映画などの事業を行い、巨額の富を稼ぎ出した。しかし、この次は不動産会社を設立し、コンドミニアム販売に失敗。彼の企業は一挙に5000万バーツ(日本円で約1億5000万円)の負債を抱え込んだ。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見たインフラストラクチャー

    地方における建設やインフラストラクチャー(携帯電話などの情報通信を含む)を中心とした公共事業タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見たタイとカンボジアの国境紛争

    2011年9月16日、カンボジアに入国した。カンボジアでは旧知の仲であるフン・セン首相(当時)と親交を深めた。同月には妹のインラックやタイ貢献党の下院議員、反独裁民主戦線(UDD)のメンバーも相次いでカンボジアを訪れている。両国間ではカンボジアの世界遺産に登録されたプレアヴィヒア寺院をめぐって、タイとカンボジアの国境紛争が続いていたが、これらの動きによって紛争が解決する可能性が出てきた。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見た開発独裁

    タクシンは政治の基盤固めも着実で、反対勢力となりうる軍や警察の最高ポストに親族を配置し、強引にマスコミを統制している。このような手法はタクシンがシンガポールの華人リー・クワンユーのような親族を周辺に配置した開発独裁政治をまねしたからだと言われている。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見たタイの首相

    タクシン・チナワット(, , , 1949年7月26日 - )は、タイ王国華裔客家人、タイ王国出身の実業家、政治家。拓殖大学客員教授。イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティFC元会長である。本名:丘 達新。首相(第31代)、下院議員を務めた。元警察官僚である。タイ北部のチエンマイの出身、チナワット家の出である。第36代首相のインラック・シナワトラは妹。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見た外交

    外交では「全方位外交」を装いつつ、自身が華僑であることから中華人民共和国を重視していた。愛国党は北京に支部が開設できた。また、タクシン政権の閣僚や愛国党幹部には副首相やエネルギー大臣などを務めたプロミン・ルートスリデート、情報通信技術省大臣を務めたスラポン・スープウォンディー、側近で運輸省副大臣も務めたプームタム・ウェーチャヤチャイ、農業省副大臣を務めたプラパット・パンヤーチャートラック(通称、アイ・カーンヤーオ)などといった元タイ国共産党員が多く、このことは反共的な反タクシン勢力からフィンランド計画と呼ばれる陰謀論が主張されるようになった。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見たイングランド

    タクシン・チナワット(, , , 1949年7月26日 - )は、タイ王国華裔客家人、タイ王国出身の実業家、政治家。拓殖大学客員教授。イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティFC元会長である。本名:丘 達新。首相(第31代)、下院議員を務めた。元警察官僚である。タイ北部のチエンマイの出身、チナワット家の出である。第36代首相のインラック・シナワトラは妹。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見たパスポート

    その後、同月28日まで日本に滞在し、東日本大震災からの復興支援のため、東北地方の被災地訪問や村井嘉浩宮城県知事との対談などを行った。なお、この日本訪問に際してモンテネグロのパスポートを使用したことをNHKのインタビューで明かしている。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見た中佐

    警察官僚としての彼の最終的な階級は警察中佐(?.?.?.)で、軍人や警察官は退役・退官しても終生その階級を名前に冠するタイの慣習に基づき、首相在任時から2015年9月5日までタイでの呼び名は「タクシン・チナワット警察中佐」(?????????? ?????? ???????)であった。タイの公務員、とくに警察官は非常に給料が低く、そのため彼は以前から副業を持っていたが、こういった例はそれほど珍しいものではない。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

104件中 61 - 70件表示

「タクシン・シナワット」のニューストピックワード

  • 過去12年間に2度クーデターがあり、タイの政治史上最も人気がある首相だった兄と妹が失脚した

  • 政治活動禁止措置

  • インラック前首相